2015年1月17日 (土)

新年句会

つばさ・踏青、新年句会

 3句1組、何組投句しても可で、新年句会。

1位 23点 斉藤京子

       玉砂利を踏む音久し竜の玉
       人日や家のまはりの草を踏む
       枕辺は本つむところ雪しずる
  3句平均して点が入りました。

2位 17点 桑原三郎

       大根の切り口の円年新た
       人々のあたま尊し初日の出
       きりもなく晩年長し冬ざくら
  大根の切り口、が高得点

3位 16点 長谷川浩子

       押入れに頭を入れる年の暮
       普段着が性に合ひたる石蕗の花
       丁寧に爪を切らるる冬至かな
  押入れに頭を入れる、の句が高得点

4位 16点 松尾和子

       鉛筆に子どもの匂ひ初日記
       ネクタイの男と霜とゴミ袋
       着ぶくれて重くないかと言はれけり
  3句平均して点が入りました。

5位 14点 ぼんくら蛙

       一人いて風吹くなかの大晦日
       湯豆腐の湯気の向こうのがらんどう
       元朝の高層ビルの壁光る
  湯豆腐の句が高得点でした

6位 13点 前田美智子

       鶏の跨いで通る福寿草
       マスクして余分なことを口走る
       初明かり高麗の郷には高麗烏
  鶏の句と、マスクしての句に点が集まりました。

7位 11点 伊達天

       年惜しむのあらず生命惜しむなり
       俳号は余生の名乗り年迎ふ
       水青く中を貫く初山河
  年惜しむにあらずの句に点が集まりました。

ぼんくら蛙の選句

 10点以上はこれだけです。私も5位に入ったから、カエル跳びでもしますか。選句は7句で、私は次の7句に入れました。

 マフラーを巻けば強気になる女  縣 康子
 冬椿そろそろ鳥の来る時刻    横田周子
 マスクして余分なことを口走る  前田美智子
 抱きとめて地球儀拭う煤払い  小宮和代
 もうひとつ味見と称してちゃんちゃんこ 小野綾子
 ぽつねんと紙漉きの小屋山眠る 佐山 豊
 枕辺は本つむところ雪しずる   斉藤京子
  
       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月18日 (土)

10月 つばさ俳句会報告

001

10月・つばさ俳句会

私の投句
  この空はおらたちの空赤とんぼ   1点
  貧しくも帰る家あり曼珠沙華     0点
  日陰れば水馬の波紋消えにけり  0点
  朝の窓どこかで落葉焚く匂い    1点
  婆乗せて爺漕ぐボート萩の花    0点

 まさに、惨憺たるものですな。
 1句目、赤とんぼの制する空となりにけり、とすれば、俳句っぽくなったかな。昔、赤とんぼが里の降りてくるときは、歩いている人間にぶつかるほど、圧倒的な数で、空を埋めていたものです。今では多くいる時だって、10匹くらいもいるかどうか。記憶で作ってしまいました。
 5句目、石神井公園で見たままを句にしました。昔ここでデートしたね、テナことを言っていたかもしれません。「爺を乗せて婆が漕いだら面白い」という声あり。ハハ。

私の選句
  秋うらら瞼の裏に血の通ひ      三郎
  草雲雀柱時計のおくれがち      令子
  男なら寡黙をよしと吾亦紅      伊達天
  来し方の恥の多さよ鉦叩        幸子
  駐車場全く日向秋の蝶         弘樹
  一合の酒いっぴきのくつわむし    昇山
  青柿やのらくろ伍長のやうな猫    美智子
  彼岸花枯れて終りぬ歯の治療     幸子
  欠けし歯の舌に障りし
虫の闇     浩子
  掛け癖のつきし眼鏡や小鳥来る   三郎

 男なら寡黙がいいなどというのは、平凡といえば平凡ですね。来し方の恥の多さといえば、私も負けちゃいない。鉦叩が良かった。のらくろなんて、こっちも年寄りだから分かるんだ。

高得点句

7点句
  長椅子に斜めに座る夜長かな     浩子
  間引菜の熱持つビニール袋かな   かつ代
  足の爪切るのは難し盆の月      和夫
  欠けし歯の舌に障りし虫の闇     浩子
 

6点句
  抽斗を空っぽにする神の留守     浩子
  行く秋や宗谷岬の方位盤        綾子
  掛け癖のつきし眼鏡や小鳥来る    三郎

5点句
  秋うらら瞼の裏に血の通ひ       三郎
  白雲や二階の奥の秋の暮       京子
  一合の酒いっぴきのくつわむし    昇山

 齢を取ると確かに足の爪が切りにくくなる。神の留守と抽斗を空っぽにするのは、あっているといえばあっているなあ。一合の酒にくつわむし、「酒は静かに飲むべかりける」とはちょっと違うけどね。

 





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月20日 (土)

つばさ俳句会9月例会報告

001
絵は、入間川。豊水橋付近。

つばさ俳句会 九月定例会報告

高得点句

11点句

  横にしてからだはながし秋の風  京子

 私も頂きましたが、ずいぶん入りましたね。なるほど横になった体は長いいや。秋の風で、孤独感あり。

7点句

  水槽に受け口の魚秋彼岸     三郎

 食堂の水槽などにゆったり動く受け口の魚。次は調理されるかもしれない・・・なんてね。私も頂きました。

6点句

  父方と母方がいる夏休み      浩子
  豆腐屋の親子色白新豆腐     美智子

 [父方と」の句、私は両方いて嬉しいな、と取ったけれど、洋子さん曰く[読めとして、両方来ていて世話が大変・・・なるほど、男と女の立場の違いで、受け取り方も変わる。[豆腐屋]の句。最後の最後まで、戴くかどうか迷った句。頂くべきだったかも。

5点句

  秋めくや橋に二つの常夜灯     京子
  涼しさや今あるものを使ひきり   浩子
  きつねのかみそり降らずじまひの湖の色  京子
  目の醒める朝が嬉やすでに秋   和夫

「秋めくや」いい句ですね。これも、迷いました。「目の醒める」死を間近に見るような「すでに秋」では、・・・ちょっとね。

4点句は沢山ある。そのうち3句だけ

  縁側に日焼けの足のありにけり   柳二
  生御魂陰口聞かぬことにする    伊達天
  片側にだけの歩道や草は実に   京子

「生御魂」の感想はあとで書きます。[片側に」は4点句ですが、桑原三郎先生、今坂柳二先生が取っています。

 京子、浩子、美智子、三郎先生、いつもの高得点者です。

私は、まったく振るいません。5句投句

  三日月を残して花火果てにけり   2点
  雪渓を映して朝の池塘かな     0点
  深酒のあいまに夏風邪ひきもする 0点
  敗戦忌墓参の人は杖ついて     1点
  人気無き巡礼古道くもの糸      0点

 「三日月を」の句、どうせ類句があるという気がします。予定調和の句ばかりで、これを越えなければと思っているのだけれど、できませんねえ。自分では「深酒の」句が気に入っています。でも、0点。

選句 10句

  水母浮くどこまでゆけば天の青   康子
  秋刀魚焼く天井に雲侍らせて    三郎
  夏負けの臍も縮みてしまいけり   和夫
  縁側に日焼けの足のありにけり   柳二
  生御魂陰口聞かぬことにする    伊達天
  開くことかなわぬ案山子への一字 伊達天
  水槽に受け口の魚秋彼岸      三郎
  必死とはこういうことよ油虫     美智子
  海へ出て行方定むる帰燕かな   幸子
  横にしてからだはながし秋の風   京子

「水母浮く」の句。康子さん。上手な人だと思っています。海の表面まで浮いても、まだ天ではないんだ。「秋刀魚焼く」と似ているけれど、私は「水母」の方がいいな。「夏負け」の句、頂いたのは私だけ。でも、好きです。「生御魂」の句、私は「天」で取りました。生御魂といわれるほどの歳になれば、陰口を聞いても、ニコニコと接することが出来ます。それくらいのタヌキにはなりますよ。「必死とは」の句も、取ったのは私だけ。台所でゴキブリを発見したら、私は必死で叩き潰そうとします。ゴキブリは、素早く、命がけで逃げます。まさに必死です。 

 
    
 
 


  



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 4日 (金)

ブログ「Chikirinの日記」について

5月4日(金)

Img005
今朝の毎日新聞の写真から。エジプトの女性。

Img006
こちらは清澄庭園。

○今日、みどりの日。

 少しずつ雲退く空やみどりの日

明日は立夏。暦の上では夏。でもねえ、まだ春だよ。

私は毎日ブログを書いているわけだが、書く前に人様のブログを幾つか読む。

最近気に入っているのが「Chikirinの日記」である。書き手は休職しているのか退職しているのか知らないが、今のところ仕事をしていない女性。不定期で更新しているようだけれども、本人自称「おちゃらけ社会派」だそうである。さまざまな社会問題を、私など気づかぬ視点で取り上げる。「おちゃらけ」というのはブログの最後を「そんじゃーね」と書いて閉じるからかな。

最新の記事は「世界を歩いて考えよう」で、そういう題名の本を出版するのだそうだ。その前にも2冊ほど出版しているそうで、何か1冊くらいは読んでみたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 3日 (木)

移植した大木

5月3日(木)

Img003
福島県いわき市で開かれた「放射能を考える」の催しに参加した親子。笠の毎日新聞の写真から。

Img004
智光山公園。

雨に閉じこめられ、近くのスーパーに香辛料などを買いに行っただけ。

         Img_3969

 移植せる大木芽吹く小糠雨

移転した旧入間川小学校(中学校だったかな?)のく校庭にあった榎(?)が切られると知って、近くの幼稚園のオーナーが、個人でその木を、幼稚園の裏に移植した。全身を包帯で巻かれているが、どうやら根付いたようだ。木の上から小さな枝がちょろちょろと出ている。

 春たけなわ探すときには見つからぬ

近ごろ捜し物が多い。ボケの兆候?         

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 2日 (水)

森鴎外の芸術論

5月2日(水)

Img002
話題の人、ダルビッシュ。昨日の夕刊の写真から。

 昼風呂にビール1本子供の日

別に子供の日ではないけれど、ゴールデンウィークでは字余りだものね。

今日は仲間数人と山行の予定でした。雨で中止。昼頃、市中の温泉大和の湯へ。

湯上がりご、ビールを飲みながら、「森鴎外随筆集」など読みました。今日読んだのは「涼休録」。鴎外の芸術論です。

「昔の人は(中略)芸術を完全にしようと心掛けた」「今の人は(中略)何か昔の人の見落とした穴がないかと探している」。「昔の人も自然を写すといって、今の人も自然を写すという、この写すというのは自然そのままでない意をあらわしている。芸術は自然そのままではない」。「形式を模倣して前人のお供をするのは固より卑しいが、形式を破壊しようと(もがき苦しむよりも・・・ぼんくらカエル意訳)どの時代、どの国の古い作をでも充分に研究して(中略)新しい芸術を産み出すこととしたらどうだろう」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 1日 (火)

つつじ山

5月1日(火)

起き抜けスケッチは、今朝の毎日新聞の写真から。

Img001
二見 梓さん。19歳。バレーボールの選手。次代の木村沙織を期待されている一人だそうです。アイドルなみの美形なんだってサ。

リバーサイドで経営する、かすみがわ食堂へ。包丁研ぎのボラ。
こぶし福祉会の評議員会の議事録にサイン。押印。
その行き帰り、稲荷山公園の下を通ると、つつじが山を覆っている。

Img_3963
 遠見には全山つつじ雨の中

今日の雨は、まさにところにより雨でした。おなじ狭山市でも、所に依るのです。リバーサイドへは自転車で行ったのですが、そのリバーサイドのある鵜の木は雨。市役所や狭山市駅のあたりは曇り。道も濡れていないので、降った形跡はありません。そこを過ぎて狭山台あたりに来ると、また雨なのです。私はカッパを着たり脱いだり、いやはや・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月30日 (月)

木の枝工芸展、参考になりました

4月30日(月)

まず朝起き抜けのスケッチから

Img038
上は、今朝の毎日新聞広告写真から。

精障者作業所みちくさへいったら、今日は休みでした。予定表は貰っていたのですが、確認していませんでした。

で、家でごろごろしたあと、智光山公園へ自転車で散歩。

 自転車で下る坂道若葉風

Img039

 葉桜や池のほとりで語らいぬ

池の対岸でアベックが・・・いいなあ。

 番蝶一度別れてそれっきり

草の上を番の蝶が飛んでいましたが 、上になったり、下になったり、蝶っていいなあ・・・テナものでしたが、ふっと右左に別れてあとはどんどん遠くなりました。相手のメールアドレスも聞いてはいないようだし、永遠の別れだね。

Img040

智光山公園で、カワセミの写真を撮ろうとしている人達です。

緑の相談室前で、木の枝で作った工芸品を展示していました。「みちくさ」で教える立場として、大変参考になりました。

Img_3951

Img_3954

Img_3948_2

ブログの書き方を変えてみたけれど、面倒だね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月29日 (日)

話しはいろいろありまして

4月29日(日)

Img035

模写 平山郁夫 蛇使いの男だって。

     Img036_2

新聞の折り込み広告の写真から。

Img037

大宮公園にて。

○2日分の俳句

 白壁に影を落としてハナミズキ
 ハナミズキベンチまで来て泣く選手

Img_3909

大宮公園で女子高生の弓道の試合があったようで、その1コマ。

 草萌える夫婦げんかは熱くなり

前のベンチに座っていた夫婦、言い争いを始めました。何事かを責める夫。抗弁する妻。夫は1ッ発殴ったようです。妻も負けてはいない。見るのが辛くて、わたしはベンチを離れました。

 旧校舎菜の花尽きる丘の上
 田水張る己の姿映しつつ
 行列に並ぶのは嫌昭和の日

○順序として、まず昨日から。

5月の歩く会で大宮を案内しようと思っていました。偶然にも水彩画の会でも、大宮の盆栽美術館を見たいという声が上がりました。おおかた分かってはいるのですが、念のため下調べに行きました。

水彩画の会の人達は足が弱いので、盆栽美術館とその周辺の盆栽園で終わるでしょう。歩く会は市民公園、盆栽村、大宮公園、氷川神社、大宮第2公園、見沼西縁くらいでどうだろうかと思っている。

Img_3902

清香園の盆栽。このほか見事な盆栽ばかり幾つも。私にいわせたら、まわりの盆栽園を見れば、盆栽美術館なんて、という感じ。盆栽村自体にも風情がある。

Img_3914

大宮公園から第2公園にいたる道。ハナミズキが満開です。

Img_3923

見沼西縁。風車と菜の花。写真の女性は乳母車を押しています。男性は外人さんで、きれいな日本語を話します。向こうに見える森が大宮市民公園。足元までリスが出てくる「リスの家」がある。

○夜、Sさん宅で、山の会、夏山の相談。

場所と日にちをきめる。ここで私は飲みすぎ、ブログを書くのが億劫になりました。

○29日

マンション、自主管理組合の総会。

通販で買った、電子レンジ用圧力鍋が届く。さっそく使ってみたが、圧力鍋と言うほどのものなのかなあ。電子レンジで煮物ができるのは便利だけれど・・・。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月28日 (土)

眠くてどうにもならない

4月28日(土)

眠くてどうにもなりません。何やかや問題もありますが、すべて明日以後。もう寝ます。さよなら。お休みなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧