2017年7月26日 (水)

空梅雨があけたら、雨が降る

今日の絵

Img688
  西武秩父線、車内風景

  今日はなぜだか眠くてしょうがない。一人吟行したりして、あちこち動き回って疲れたのかなあ。

気になる俳句

夏の雨はや噴水を降りつつむ 内藤吐天

ぼんくら俳句

   湖の棒杭濡れる夏の雨
   雷鳴やスワンボートはお休み中
   駐車場に2台の車夏の雨
   沢の水泥の色する夏の雨
   夏の雨長いトンネル出たところ
   電線に雫残すや夏の雨   
   坂道を少女ら走る夏の午後


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月25日 (火)

病院巡りのつもりだった

今日の絵

Img686
  河川敷の遊歩道

少し古い絵

Img687
 2012年1月 広告写真から描いたと思います。

病院巡り、し損ない

  予定では、石心会狭山病院で、14週間前に受けた静脈血栓のその後のようすを診てもらい、狭山台胃腸科外科で血圧の検査、田中歯科で歯の検査という具合に、病院巡りをするつもりだったのです。ところが石心会狭山病院の受診が、予約時間を2時間近くも遅れて、終わった時には腹が減っていたよ。
  家に帰る途中で食堂により、昼食。ビールも飲んじゃった。これで血圧検査は無理。狭山台胃腸科外科は予約していたわけではないから、まあ、いいか、後日にしましょ。
  田中歯科には予約がしてありました。歯の検査で手術をするわけではないので、ビールを飲んでいたって、まあ、セーフでしょう。

  昼食をして、何時ものスーパーで日常の買い物をして、外に出ると雷雨だよ。ウワー、怖い。車と違って自転車は雷に狙われるんだよ。スーパーから家までは近いんだけれど、夢中で自転車を漕いでも、全身びしょびしょびしょだ。
  風呂場で体を拭いて、着かえて、田中歯科へ。私は80歳ですがこのくらいのことでは風邪をひかない自信があります。

気になる俳句

雷の下キャベツ抱きて走り出す 石田波郷

ぼんくら俳句

   それ急げ雷雨に自転車打たれつつ

  



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月24日 (月)

蔕が緑のナス

今日の絵

Img684
        稲荷山公園

少し古い絵

Img685
 2012年1月 今は生意気盛りの末の孫

みちくさの畑

  精傷者作業所「ショップみちくさ」の畑へ。今年は日照りで、野菜の出来はみんな悪い。たった一つヘタが緑色のナスだけが元気だ。子のナスは今年初めて植えたのだけれど、何という種類かは忘れた。とにかく、このナスを植えたことで、救われている。

気になる俳句

髭白きまで山を攀じ何を得し 福田蓼汀

ぼんくら俳句

   肩寄せて地図読む二人登山道
   冨士現れて景立ち上がる山の旅

  「現れて」は「あれて」と読みます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月23日 (日)

殿ヶ谷戸・お鷹の道

今日の絵

Img682
       父と子 石神井公園


少し古い絵

Img683
  新聞の広告写真から 2011年12月

猛暑日の中休み

  中休みじゃなくて夏休みかもしれない。とにかく今日は猛暑日ではない。雨が降ったり止んだりしているが、散歩の出る。久しぶりに国分寺の「殿ヶ谷戸」と「お鷹の道」。

Dscn6130
         殿ヶ谷戸

Dscn6133

  お鷹の道の最後にある「武蔵の国、国分寺」。昔の国分寺とは場所が幾分か違うようですが、旧国分寺の境内かもしれない。相当広い敷地だったでしょうから・・・。近くに旧国分寺跡があります。
  前にもブログに書いたことがあると思いますが、先代か先々代の国分寺の住職が、たまたま訪ねた、まだ10代だった若造の私に向かって、「ここに万葉植物園を作ろうと思っている」と話してくれました。今では、その「万葉植物園」を目当てに訪ねてくる人もいるようです。

気になる俳句

太幹にはりつきし蝶や夏の雨 西山泊雲

ぼんくら俳句

   汗拭いて雨の庭園めぐりかな







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月22日 (土)

碁の会・つばさ俳句会

少し古い絵

Img681
  ドナルド・キーンさん 2011年12月絵

碁の会 午前中

つばさ俳句会

高得点句

8点句

スナックの裏戸の開いて青田風 大川原弘樹
夏至過ぎの雨の斜めを見てゐたり 桑原三郎

7点句

田植機の引きあげてゆく舗道かな ぼんくら蛙

6点句

生き死にの身に近くあり青簾 宮井洋子

5点句

薫風や洋服ダンスを開けておく 小野綾子
教会の灯がもれてゐる茂りかな 横山かつ代
雑踏をゆく白桃をこころして  斉藤京子
夏草に沈む石段水の音    横山かつ代

私の投句

田植機の引きあげてゆく舗道かな 7点
実習の狭き田んぼの田植えかな  2点
夏の蝶さざ波のうえ越えてゆく   0点
夏服の少女まぶしく変身す     2点
大手振り大股歩き所9日の風    0点

私の選句

ゲーム機の空台僅か梅雨盛る 田中一進
救急車過ぐ炎天の静けさに  斉藤京子
引き潮に乗り遅れたる海月かな 田中美智子
薫風や洋服ダンスを開けておく 小野綾子
白南風や植物繊維さきに食べ 長谷川浩子
手渡しす封筒に万緑の句を入れて 今坂柳二
日焼子の色白に負け腕相撲  大川原弘樹
夏至過ぎの雨の斜めを見てゐたり 桑原三郎
梧桐に風を通してヒロシマ忌  前田美智子


| | コメント (0) | トラックバック (0)

七夕準備

今日の絵はありません。

社協で七夕準備。今日で完成。終わって飲み会。ついで2次会。帰ってそのままバタンキュウ。気がついたら午前2時でした。今日のブログはこれでお終い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月20日 (木)

梅雨が明けたんですってねえ

今日の絵

Img680
   積水ハウスの広告写真から

  今日、梅雨が明けたんだってね。へえー、そうですか。埼玉県狭山地方では、梅雨なんかなかったですよ。私が面倒を見ている精傷者作業所「みちくさ」の畑では、トマトなど去年と同じ株数を植えているのに、収穫は5分の1ですね。

ケアセンター夏祭り

  ブログを休んでいた15日(土)、老人介護施設、狭山ケアセンターの夏祭りに、ボランティアとして参加してきました。
  私は主に脳こうそくで半身不随になったと言うSさんに付き添いました。話好きな方で、車いすを押す私に、いろいろな話をしてくれました。Sさんは職員の人たちにも人気があるようで、いろいろ声をかけられていました。介護施設の中でも、人気のある人と、そうではない人がいるんですよね。職員が差別して触れ合うということはないのだろうと思いますが、何らかの差は出てくるのかもしれません。
  そんなSさんですが、職員には決して話さないだろう施設に対する不満を、私には話してくれました。私を外部の人間と認識するからですね。ボランティアには職員に言えないことを言う場合があり、ボランティアはそれを聞く役割があります。
  ケアセンターの名誉のために言えば、外部の人間に施設内を見せています。これを嫌うような施設は、危ないですよね。

Dscn6076

Dscn6079

暇人クラブ「ひだまり」

  今日、ひだまりの食事会。終わって、碁、マージャン。

気になる俳句

砂山に泳がぬ妹の日傘見ゆ 日野草城

ブログを休んでいる間のぼんくら俳句

  夏帽子手漕ぎボートは父が漕ぐ
  対岸も此岸も白シャツ夏帽子
  夏草やスワンボートは待機中
  夏痩せは昔の話肥満行く
  自転車に嬰と浮袋また通る
  ローカル駅田舎饅頭冷し酒


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月19日 (水)

お久し振りでございます

4日前の絵

Img679
  絵は不味いけれど、スイカは旨かったよ。

3日前の絵

Img678
    稲荷山公園です

昨日と今日の絵

Img677
  陣馬山、これから下山をはじめます。昨日線描きをして、今日色付けですね。
  風景だけなら、朝飯前に描けます。写真から一人の人物を描くのも朝飯前に描けます。建物があったり複数の人物がいたりすると、なかなか、朝飯前と言う訳にはいかなくなる。この絵の場合は複数の人物がいて建物があって、下りの階段がある。どうしたって2日がかりになるよ。

  パソコントラブルで4日間ブログを書けませんでした。それが今日、やっと解決しました。「みちくさ」の主任Kさんが来てくれて解決しました。ブログが書けない、電話が通じない、ケータイも電信オフになっていたんですね。
  次女は、ケータイで状況は分かっていたのですが、長女は一昨日、東京から我が家まで来たようです。ケータイでメールを送っていたと思うのですが、通じていませんでした。ブログは無断で休む、電話は通じない、ケータイも通じない、心配で長女は我が家に来たのですね。長女が来たとき(18日)私はみちくさの畑にいたわけで、すれ違いです。

  2日間ブログを書かなければ私の身に何かあったと思え、と言うことをブログ上で娘たちに言っていることを、公開しているので、各方面からいろいろ接触があったようですが、電話もメールも通じない状態だったので、そのままになっています。

  ブログを4日も休めば書くことはいろいろあるのですが、この辺で止めておきます。




| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年7月14日 (金)

梅雨なんてあったの?

今日の絵

Dscn6075
     公園の子供たち(石神井公園)

  水彩画の会で描いた絵です。ある人、私の絵を「漫画のよう」と言いました。マンガかどうかはともかくとして、私の絵には子供が多いよね。子どもじゃなくても、大抵の絵に人物がいる。
  孤独癖が多少はあるが、本とうは人間が好きなんだよね、私は。特に子供が…。

気になる俳句

梅雨明けぬ猫が先ず木に駈け登る 相生垣瓜人

  まさか間違って読む人はいないと思うけれど、「明けぬ」は「明けない」の意味ではなく「明けた」ということです。

ぼんくら俳句

   雨降らん何で梅雨なのこの日照り

  関東地方はまだ梅雨は明けないのだそうだ。へえー。だいたい関東地方、いや埼玉県狭山地方では、梅雨なんてあったんですか。「梅雨に入ったと思われる」なんて気象庁が宣言してから、満足な雨が降った日なんて、どのくらいあったんだろう。畑は旱だよ。

  今日、しょっぷ「みちくさ」へ行きました。来週の月曜日は休日で、畑を放って置けなかったのです。トマト、ナス、インゲン豆の収穫期で、草むしりもする必要があったからねえ。
  収穫期とは言っても、雨が少ないから、野菜に勢いがなく、収穫量は少ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月13日 (木)

暇人クラブ

今日の絵

Img676
         陣馬山山頂からの風景          

  午後、狭山台1丁目の集会所へ。暇人クラブ(こう呼ぶのは私だけ)「ひだまり」へ。
  そこで麻雀をしたくらいしか書くことが無いんだよ。

気になる俳句

子生れて凌霄の花盛りなり 河東碧悟桐

ぼんくら俳句

   凌霄花落ち続けつつ咲き続け

  凌霄花、ノウゼンカズラというのが本当の読みですが、俳句では、ノウゼンカと読む場合が多い。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧