2017年6月28日 (水)

何かをしたような、しないような

今日の絵

Img649
  おさかな、いないかなあ。

何かをしたような、しないような

○ 洗濯

  我がマンションのベランダは割と奥行きがある。午前中雨が降っていたので、ベランダの内側に干す。

○ 買い物

  ベルクで食料の買い物。ついでにダンボールの箱を潰したものを3個ばかり貰ってくる。
  引っ越しをしようと言うわけではない。七夕で社協前の矢来の絵を、今年も私が描くことになった。私の趣味ではないが、その絵を立体的にしようということで、絵の下にダンボールを張って持ち上げようというのです。

  ケーヨーD2でボンドを買う。必要に応じて切った模造紙を、ダンボールに貼るためである。

○ 模造紙を貼る

  必要な大きさに切った模造紙とダンボールを張り合わせる。これは、想像するより難しんだよ。小さな紙を貼るんなら楽だけれどね。
  ボンドは器に入れて、水を加え薄くする。そして張り合わせるのだが、間に空気は入らないように真ん中から押さえて周囲に広げていく。それが何とかできても、ダンボールの皺が、そのまま模造紙に現れちゃうんだなあ。新聞紙などで何枚も下貼りをしてから、模造紙を貼ればよかったんだけれどね。そこまで気がつかなかった。

○ 下絵を描く

  私に要求された、矢来に描く絵は、次の3つ。ガイドヘルプ(盲人誘導)、車いす誘導、交通指導員の活動。
  イラスト的に描くか、写実的に描くかは私に任されている。絵が大きいので写実的に描くことにする。これには迷いがある。イラストの方がいいような気もするもんね。
  模造紙に描くのと同じ大きさの絵を別の模造紙に描く。色は付けないが輪郭や主要な線は、実物大に描く。これを見ながら、本番の絵を描くんだよね。

○ 銀行へ

  来月の生活費を卸に銀行へ行く。月末か、月初めに行くのが通例だが、今月はあと2日が持たない。先々月補聴器を買い、今月は自転車を買った。それが赤字になる。ぎりぎりの生活をしているのです。
  昔の山仲間に「赤字の月にはどう処理をしているんですか? 参考のためにお聞きしたい」と言われたことがある。「貯金が減るんですね」とこたえると「あ!」といって口をつぐんだ。
  彼女、看護婦だから、ある程度の収入はあるのです。それでも今は亡くなったご主人との生活で、かなりの苦労をしているようでした。

○ つばさ俳句会への投句

  5句投句。先月の25日くらいから今月25日くらいの間に書いた俳句から5句を選びハガキで投句。

以上が、やったんだか、やらなかったんだかの中身です。

気になる俳句

梅雨のけふ田植ゑてみどり深くする 森澄雄

  「けふ」は「今日」。「ゑ」は「え」

ぼんくら俳句

  梅雨晴れ間洗濯するも忙しく




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月27日 (火)

老々介護

今日の絵

Img648
  資生堂の広告写真、6人の最後の一人。これ、誰ですかねえ。女優だと思うんですけれどね。

石神井公園

Dscn6030

Dscn6042

狭山台胃腸科外科へ

  血圧の検査。上が80、下が50。え? 低血圧じゃないか。なあに、石神井公園でアルコールを飲んでいたからね。

老々介護

  私の周りでも、老々介護をしている人が何人かいます。
  継母は99歳。少しもボケず、多くの時間横になっていますが、家の中は自分の足で歩きます。簡単な調理くらいは自分でもできますが、義妹が世話をしています。老々介護だよね。
  知人のIさんは90歳。認知症の奥さんの介護をしている。頭はしっかりしているが、歩くときは杖をつく。これで介護をするんだから大変だよねえ。「何で、もっと早く死ななかったんだろう」と言ってボヤいている。

気になる俳句

懺悔うけて神父いでゆく日除帽 津田清子

ぼんくら俳句

  夏帽子女の後追う黒揚羽
  残り鴨V字の水脈をひきながら

   「水脈」は「みお」。水鳥やボートなどの後ろに出来る小さな波。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月26日 (月)

俳句で遊ぼう

今日の絵

Img643
  資生堂広告、6人の写真の内5人目。

サツマイモの苗を植える

  精傷者作業「みちくさ」の畑にサツマイモを植える。昨日Kさんが持ってきてくれた苗である。キュウリ2本、ナス2個収穫。来週はジャガイモを収穫するつもり。

午後、智光山公園へ

  ちゃちゃっとスケッチ

Img647

俳句で遊ぼう

Img644

Img645

Img646

気になる俳句

湖のへにのうぜんかづら咲きのぼる 角川源義

※ 「湖」は「うみ」 「のうぜん」は「漢字」ですが出すことができませんでした・

ぼんくら俳句

   はみ出して道にこぼれてのうぜん花
   緑陰や伸びるリールの先に犬




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月25日 (日)

歩く会

少し古い絵

Img642
  特に解説はありません。2011年12月の絵。

歩く会

  山行や歩く会に行く場合、朝が早い。いつものように九時に飯を食ってなどと言うのでは間に合わない。今朝は7時に食事。
  雨が降っていたのでどうかなと思ったのですが、雨が降っても来てくれる人がいるので、私は立場上集合場所には行きます。今回担当のHさん、その他、私を含め6名が来ていました。これだけ集まれば、もう、決行です。行く途中、Oさんが体調を崩し、帰宅。結局6人の歩こう会です。
  今日のリーダーはHさん。とにかく東京の地理に詳しい。私たち田舎者はHさんを頼りについて行くだけ。
  Hさんの用意したコースは、浜松町からモノレールで大井競馬場下車、大井埠頭中央海浜公園を散策し、東京港野鳥公園を経て、再びモノレールで羽田空港国際ビルに到るというもの。
  狭山では雨が上がっていたようですが、私たちの歩いた辺りは、雨がしょぼしょぼと降ったいました。羽田空港は別にして、他は今日始めて歩きました。晴れた日にもう一度来てもいいかなと思います。
  帰路は新橋で途中下車し、歩行者天国の銀座を歩き、旧松坂屋跡に出来たビルに登り屋上庭園を見る。

Dscn5998
 海浜公園の待つ。私などは山の赤松を見慣れているから、海岸の黒松に出会うと「へえー」と思います。

Dscn6004Dscn6005

 少し見にくいですが、東京港野鳥公園のネイチャーセンターにある様々な鳥のぬいぐるみ。大きさと重さを、ほぼ実物通りにしているのがそうです。私が興味を持ったのは、鳥の重さ。右の写真の右端はハシブトカラス。持ってもいいと言うので、持つと、ずっしり重い。体重1キロ。左の写真の左端はカワウ。これがなんと2キロ。こんな思い体で空を飛ぶとは驚き。水にも潜るけどね。

Dscn6006Dscn6007

 羽田空港内の売店。

Dscn6009
  銀座の歩行者天国。やっと雨が上がりました。

Dscn6012
  ビルの屋上庭園の額紫陽花

  家に帰ると入り口のドアに、ビニール袋に入れられたサツマイモの苗が8本ばかり、ぶら下がっていました。ボラ仲間のSさんが「みちくさ」の畑ように、わざわざ持ってきてくれたのです。家に帰って一休みしていると、そのSさんから電話がありました。なんか、細かい説明がめんどうなので、留守だった理由を、伊豆方面に旅行していたなんて言っちゃった。Sさん、ごめんね。

気になる俳句

浴衣着て昔われにも妻ありけり 佐坂鳴渦

ぼんくら俳句

   浴衣着て少女眩しくなりにけり
   ザクロ咲く飛行機の影川渡る







 













| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月24日 (土)

囲碁の会

今日の絵

Img641
  資生堂の広告写真から、6枚の女優写真の4枚目。この人の名前は分かります。樋口加奈子さんですね。ただし、これまで描いた4枚の内で、1番下手ですね。

囲碁の会

  富士見公民館で囲碁の会。9時からです。山とか、歩く会とかを除けば、私はそんなに早く行動することはありません。早めに食事をして、早めに出かけても、9時には皆さんもう碁を打っています。早いんだよなあ。
  今日も9時に公民館に着いたのですが、皆さんもう始めていました。私は1人でしばらく、他人の碁を見ていました。しばらくするとUさんが私を呼びます。で、5目置かせてもらって対局。2連敗。Uさんはこのクラブで2番目に強い人。私などを相手にしても、真剣に考えます。弱い私の方がいい加減。私の場合は読めないからいい加減になるのです。
  会長のHさんと打つ場合は、7目でやります。9目(正目と言います)置いても負けると思いますが、勉強のため7目です。
  碁と言うのは幅が広いよね。Hさんだってプロと打つ場合は、何目か置くのでしょう。私だって正目置かせて打つ相手があるのです。

気になる俳句

さくらんぼ子に食べさせて母若し 星野立子

ぼんくら俳句

   桜桃やワインの赤の麗しき


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月23日 (金)

丁寧に説明する

今日の絵

Img640
  これも資生堂の広告写真。6人の内3人目。女優だと思うんですけれどね、誰かは分かりません。知っている人なら、分かる程度には似ているとは思いますよ。

Dscn5995
  水彩画の会で描いた絵
  何を描くかと言う絵の材料も、鉛筆、消しゴム、ペンも持たずに、水彩画の会に行ってしまいました。
  手近にあった椅子と、自分の被ってきた帽子を描くことにする。鉛筆、消しゴム、ペンは仲間に借りました。椅子と帽子を描いた後で、さて、室内のしようか戸外にしようか、背景に悩む。
  室内と言うことにして、焦っていい加減に描きました。いい加減な仮空の室内です。その結果がこの絵。ヤケのヤンパチと言う感じですよ。他の人が驚くほどの速さで描いていますが、そうだよね、こんな絵だもの。

  いい加減と言えば安倍さんもいい加減ですなあ。「丁寧に説明」というのは彼の常套句ですが、何を丁寧に説明したんでしょうね。
  森友や加計問題では、何の説明もなく、逃げるだけですね。「丁寧に説明」なんて、口先だけです。この点は前にも書いたと思いますけれど、口先の人だと思います。口舌の徒と書いたかな。
  憲法を変えたいという思いはあっても、中身は薄い。

  今日から都議選。都議会と国会は違うと思うけれど、国会の問題が取り上げられたりするようです。
  小池さんについては、私は「?」。都議会のボスを退陣に追い込んだのは評価しますが。

気になる俳句

梅雨雀塒に濡れ身入れて寝る 天野莫秋子

ぼんくら俳句

   紫陽花や山鳩リズム良く鳴いて
   痴呆症近づけながら梅雨深む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月22日 (木)

午前と午後

今日の絵

Img639
  昨日に続き資生堂の広告写真から。髪がちょっとひどかったかな。重いよね。

  山とか歩く会とかでは、1日がかりだけれど、ボランティアや趣味では、半日単位のことが多い。高齢ですからね、半日くらいが疲れないでいいのです。でも、時々は、午前も午後もになる日がある。今日はそんな日。
  午前、ボラグループ定例会。午後、狭山台1丁目老人会の暇人クラブ「ひだまり」。疲れたね。

  疲れたと言えば、酒がいい。あきらかにアルコール依存症だから、酒代が馬鹿にならない。だから安い酒、甲類の焼酎など我が家にはいつでもある。
  この春だったかな、Nさんから、あまり旨くないミカンを大量に貰った。温州ミカンよりやや大きく、赤色はすこし薄い。食べてまずくても、私には奥の手があった。果実酒にすればいいのである。そのミカン酒が熟成した。甲類の焼酎にこのミカン酒をブレンドすると、美味しい酒になるのだなあ。酒の味なんか分からないような飲ん兵衛だけれど、やっぱり美味い方がいいのです。
  それにしても、飲みすぎであります。ハイ。

気になる俳句

梅雨晴の夕茜してすぐ消えし 高浜虚子

ぼんくら俳句

   駆けっこも9秒期待つゆ晴間

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月21日 (水)

退屈だね

今日の絵

Img638
  今日の毎日新聞の、資生堂の広告。女性6人の顔写真が載っていた。多分女優だろうけれど、私は名前がわからない。気が向いたら残り5名も描いてみます。
  絵と写真が同じくらいだと、1番描きやすいのですが小さい写真で大きく描くのは、私の実力ではそれなりに難しい。この絵を描くにあたっては、補助線を何本か引きました。

  いつかも書きました。老人に必要なものは「キョウイクとキョウヨウ」だそうです。「キョウイク」とは、「今日行くところがある」ということ、「キョウヨウ」とは、今日やるべき用事があるということ。
  今日、私は両方とも無かった。しかも雨。散歩にも行けやしない。くさくさするから、無理してバスで出かけて、「餃子の満州」で餃子を食ってビールを飲んで帰ってきた。なんだかばかばかしい。

気になる俳句

心澄めば怒涛のごとき夏至の雨 臼田亜郎

ぼんくら俳句

   親の傘この傘が行きさみだれる
   紫陽花や傘の一団下校する
   冠水の舗装道路や夏至の雨

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月20日 (火)

短い原稿

今日の絵

Img637
  殿ヶ谷戸公園

  V連(狭山市ボランティア団体連絡会)ー長い名前だねーの機関誌の短い原稿を書く。その他では、洗濯くらいが今日やった主な仕事。あとは入間川の散歩。

気になる俳句

あじさゐや箱根の山のざんざ降り 田中幸兵衛

ぼんくら俳句

   この先は藪に突っ込む遊歩道
   花桃と言えど桃の実つきにけり
   頑固にはなれぬ弱さの七変化

     七変化 紫陽花の別名



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月19日 (月)

何もない

今日の絵

Img636
  毎日新聞の報道写真から。インドネシアですがインドネシアのどこかは分かりません。

「みちくさ」の畑

  精傷者作業所「ショップみちくさ」へ。
  畑のジャガイモは何時でも収穫出来る状態。トマト、ナスは雨が少なかったから順調とは言えないけれど、まあ大丈夫そうです。キュウリも育ちは悪いけれども枯れることはなさそう。インゲンは真面目に(?)芽を出して、順調に育っている。不真面目なのはオクラで、蒔いた種の3分の1くらいしか芽を出していない。オクラの場合、初めは育たずに、暑くなってから急に育つのです。今年はどうかな。
  「みちくさ」の所長Kさんが、芽が長く出てしまったジャガイモを植えてみてくれ、と言うので、畑の空いている所に植える。果たしてどうなるか。来週、出ている芽が緑色になっていたら、望みがある。
  畑は、いつものよいうにĀさんとKさんが協力してくれました。

航空公園

  もう齢がからね、何かやって、次の仕事に取り掛かるには、休憩時間が必要です。棒継ぎのように休まずに次の作業に取り掛かるということは出来ない。
  「みちくさ」から帰って、少し休んで、航空公園へ。一人吟行のつもり。

気になる俳句

緑蔭や矢を獲ては鳴る白き的 竹下しずの女

ぼんくら俳句

   噴水やトランペットの音聞こゆ
   夏の蝶さざ波の上越えて行く
   緑陰や手をつなぎ来る二人連れ
   緑陰やとなりベンチは昼寝ちゅう

Dscn5990

    緑陰やトランペットのパパララロ
  山鳩や聞き覚えあるリズムかな
  山鳩のぼうぼうぼうと沼の上

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧