2009年9月30日 (水)

金閣寺の幽霊と契る.3

9月30日(水)

御伽婢子・101

金閣寺の幽霊と契る・3

前回までのあらすじ 中原主水は26歳に色好み。桜がまだ残るころの宵、金閣寺までやってきた。そこで出会った20歳の女は、金閣寺を建てた義満に仕えていた女の幽霊だった。二人は金閣寺の庇の下で酒を酌み交わす。

数杯の盃をかさねた後、女はしなだれかかって、

   明行かば恋いしかるべき名残かな

      花のかげもるあたら夜の月

主水も心引かれて

   いづれをか花は嬉しと思ふらむ

      さそうあらしとおしむこころを

誘う心に誘われる心、女が言う。

「あなたの歌は私の心を掴むのね。死んでから百年以上もたって引き返した私。あなたに抱いて貰えたら死んでも本望よ」

二人はむつまじく語り合い、月は西の山に隠れ、星が北の空に集まるころ、西の庇の方へ移った。女は切なく、やるせない風情で、二人は抱き合った。

春の世の習い、間もなく夜が明けて、鶏が朝を告げ、白い雲が峰にたなびくころ、互いに涙を拭いて別れた。

すっかり夜が明けてから、主水は金閣寺のまわりを見めぐって見ると、院のそばに古い卒塔婆が立っていた。こけむした墓の隣に、小さい墓も並んでいる。これは主が死んだのち、召使いも嘆き悲しんで死んでしまったので、人々が哀れに思い、傍に埋めてやったものらしい。

主水は、悲しくも哀れにも思い、家に帰ることも忘れ、その夕暮れもまた、闇の中に立っていた。すると、女もまた現れた。

                      続く 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 4日 (金)

木の枝時計 3

5月4日

12ミリの板(ベニヤ板)の加工

Mizutani10014 ① 時計の針の大きさに合わせて板(ベニヤ板)の大きさを切ります。1辺25センチくらいが最大だと思います。いずれにしても、時計の針が支障なく回れる大きさを考えて、時計盤の大きさを考えます。

② 板の中心に穴を開けます。穴の大きさは、時計の機械の心棒の太さよりも5ミリ以上は大きく開ける。

Mizutani10010_1 ③ 4方の溝を彫る。溝がずれないようにガイドの木をビスで止める。(左図参照)木の枝に開けた溝は6ミリですから、その6ミリの溝にベニヤ板が楽に差し込める厚さまで削る。後で紙や、布を貼ったりするので、その分も含めてゆるゆるに削る。削る幅は10ミリくらい。

④ 時計の機械を埋める穴を掘る。あらかじめ開けてある穴に時計の心棒を差し込み、機械本体の周囲を鉛筆でなぞり、彫るべき穴の大きさを決める。機械本体より少し大きめに彫る。深さは、機械本体と針(短針)までの厚さによって決まる。100円ショップの時計の場合、厚紙1枚くらいの厚みしかない場合がある。他の時計であれば、2ミリから3ミリの厚さは取れるでしょう。いずれにしても、本体を穴に埋め込んで、針が表面の板にすれないところまで彫る必要があります。心棒のまわりは座金のようなもので少し高くなっている場合があります。その場合はその部分だけ少し深く彫ります。

Mizutani10011_1 ⑤ トリマーの使い方は、案内書をよく読んでください。木に刃先を当ててからスイッチを入れたりするのは危険です。スイッチを先に入れて刃が回転を始めてから作業に入ります。開けるべき穴の位置が定まったら、スイッチを入れ、トリマーの底部の1方を木材に押しつけ、静かに下ろしていきます。かならず1カ所を木材につけてから下ろしてください。いきなり刃先を木材に下ろしたり、木材につけてからスイッチを入れたりしないでください。トリマーを買うときに、付属品として刃のガード(俗に、臍という)が付いてきます。これを使う場合は、5.5ミリのベニヤで彫るべき穴の型を作ります。臍の厚さは2ミリなので、型は、その分大きくします。

木の枝と板を組み合わせる

Mizutani10015 ① これが一番難しいところです。まず上の2本を組み合わせます。ノコギリでてっぺんの部分を切り合わせます。製材された木とは違って、自然な曲がりくねった丸い枝ですから、なかなか正確にはいきません。それがまた、味ということでもあります。

② 次に、下の枝を左右別々に、上の枝と会わせます。

Mizutani10013_1 ③ 最後に下の枝どうしを合わせます。これが難しい。溝が彫ってあり、そこの差し込むのですから、少し長めでもかまいません。少しずつ切り合わせているつもりでも、枝が短くなってしまい、合わせ目がすくというようなことも起こります。そんなときの最後の手段。図の線が濃くなっている部分を鉋などで削ります。そうすれば、少々のことならカバーできます。

時計表の加工

① 好みで、表面に紙や布を貼ります。素朴さがよければ、何も貼らなくてもよい。最初に写真を載せたリバーサイドの時計は、障子紙を貼っています。

② 直径1センチくらいの木の枝を、出来るだけ薄く、4枚輪切りにします。

③ もっと細い枝を8枚、薄く輪切りにします。

④ これらの枝を固形の時刻を現す部分に貼ります。大きい方は12時、3時、6時、9時というわけです。もちろんこれは、木の枝でなくても良いわけです。シールでも何でも、お好み次第です。

仕上げ

① 木の枝と板を、ボンドで接着します。ボンドだけでは心許なければ、木の枝どうしをビスで打ち付けても、そんなに目立ちません。

② 吊り金具をつけます。これは上の枝の裏側につけます。横につけてはいけません。これもこつの一つです。

③ 時計の機械を板に接着します。両面テープやシリコンなどを使います。普通のボンドではつきません。瞬間接着剤は、木材用もありますが、元来木材には向いていません。それになれないうちは、瞬間に付いてしまうものより、余裕を持った動かせるものの方が良いでしょう。

④ 針をつけます。外すときとは違って、1本ずつ丁寧に差し込みます。

⑤最後に、針を廻してみて、板に触ったりすることはないか、針どうしがぶつかるようなことはないか、確かめます。それがなければ、電池を入れて完成です。

注意

木の枝時計の欠点は、表面におおいがないことです。素朴な時計の針が動いていたりすると、人は好奇心に駆られて、つい針に触ってみたりします。針がすれたり重なったりすることが、故障のほとんどです。従って、使用に際しては、人が気楽に触れないような吊り時計にしてください。

バリエーション

Mizutani10014_1 左は、実際に作ったバリエーションの一部です。

下は丸くくりぬいた中に時計があります。文字盤は絣の布を貼りました。

Mizutani10017_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 3日 (木)

木の枝時計

Mizutani10018 5月3日

時計の機械を外す

① 時計の表のガラス、あるいはプラスチックを、ドライバーなどを使って外す。

② 秒針、長針、短針を重ねて、根本をつまみ、上に引いて抜く。3本一緒に抜くこと。針を曲げないように、慎重に。

③ 裏返しにして機械を外す。ビスで止めてあるものもあるが、多くは両面テープや接着剤で付いている。やはり、ドライバーなどを使う。それほど強力な接着剤は使われていないので、何とか剥がすことが出来る。針をつける心棒を痛めないように注意。

Mizutani10009 取り外した針と機械。真ん中は機械の表、右は裏)

木の枝に溝を彫る

Mizutani10010 ① なるべくまっすぐな木の枝を選ぶのだが、製材した木材は違うので、どうしてもいくらか曲がっている。なれてきたら少し癖のある曲がり方をしたものの方がおもしろいということもある。上の枝は、原図では溝を描いたのだが、どうもはっきりしないようだ。下の枝は半分にMizutani10011 削ったもので、トリマーがない場合、溝なしでも作れるので描いておいた。その場合は板の上に木の枝を貼ることになる。そして枝からはみ出した分は、小刀などで削る。仕上がりは、たとえば左図のようになる。但し、この先は、溝を彫って作る木の枝時計の説明だけをする。

② まず、木の枝を削るための型を作る。

Mizutani10012 Mizutani10013

A) 少しわかりにくいと思うが、とにかく木の枝を固定しなければならない。そのための型である。木の枝の直径より厚い板を2枚用意する。 

B) 木の枝を挟んでその板を固定する。その際、溝の広さは、木の枝の1.5倍くらいにする。木の枝は両端からくさびを打ち込み、固定する。かなり強く締めなければ動いてしまう。玄翁(金槌)を両手に持って、左右から同時にくさびの頭を叩くようにすると、強く締まる。

C) トリマーの6ミリビットが木の枝のほぼ中心に来るように、トリマーのガイドをつける(上図参照)。木の枝の太さに応じて、位置をずらせるように、ビスで止める。

C) 溝は浅いところでも5ミリくらいは彫る。1度に彫ろうとするとトリマーに負荷がかかりすぎるので、少しずつ深くして、3回くらいで彫るようにする。

                                                続く

ぼんくら日記

次女夫婦が来る。左側パソコンの調子の悪いところを見てもらった。おかげで木の枝時計を書き出すことが出来た。夫婦ともパソコンで仕事をしているのだから、かなり詳しい。それでも、私のパソコンのトラブルを全部解決できたわけではない。娘たちで冴えそうなのだから、パソコンというのは、頭の固くなった老人には、難しいものですなあ。

その点、若い人はすごいね。福島にいる孫などは、おしめの取れないうちからパソコンでゲームをやっていた。小学校を卒業する頃までには、自家薬籠中のものにするのだろうな。年寄りは、使う言葉も古いね。自家薬籠だなんて、自分で使ってから、つい苦笑した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 1日 (火)

木の枝時計

5月1日

P1010040 写真の時計は、狭山市の精神障害者授産施設、リバーサイドの食堂の壁に掛けられたものである。実はぼんくらカエルが、他の精障者小規模作業所で、メンバーさんと一緒に作ったものだ。その作り方を、何回かに分けて書こうと思う。

材料

① 直径3センチ、長さ35センチくらいの木の枝4本

② 直径1センチ長さ10センチくらいの木の枝1本

③ 直径5ミリ~8ミリ長さ10センチくらいの木の枝1本

④ 時計の機械部分

   時計の機械部分は製造元から買うことが出来るけれども、市販されている  時計を解体して使う方が便利で安い。解体方法は後述。時計は100円ショップでも売っていますが、さすがにそれは使いにくい。機械部分と針の間が広く空いている方が使いやすい。100円ショップのものは、その間が3ミリくらいしかない。それでも使うことは出来るが、どうせ作るなら、もう少しましなものを使いたい。1000円未満で十分です。

⑤ 板、25センチ×25センチくらい、厚さ12ミリくらい(ベニヤ板が便利)

⑥ 時計を吊るための金具と吊り紐

⑦ 好みによってベニヤ板に貼る和紙、または布切れ(無くてもよい)

工具

P1010042 ① ノコギリ

     細かい作業なので、背金のついている方が使いやすい

② 電動ドリル(写真手前)

③ 電池ドリル(写真奥)

④ トリマー (写真左)

⑤ 6ミリビット(今回使うトリマーの刃。トリマーのもっとも標準的な刃です)

作り方の実際は明日から

ぼんくら日記

リバーサイドの食堂で、1時間ほどボランティア。食事の取り次ぎなど。

5月に行われるこぶし福祉会(狭山市の精神障害者施設を運営する福祉法人)の後援会総会に欠席するので委任状を提出。評議委員会には出席する予定。

| | コメント (0) | トラックバック (1)