« 孫のい会う | トップページ | 散歩も飽きた »

2020年6月29日 (月)

ジュンサイ池

花のある風景

9_20200629205501

少し古い絵

Img20200629_19030198
   秩父、小鹿野町で見た風景

箱根ヶ崎

 箱根ヶ崎も9月の歩こう会の候補地の一つです。今や散歩だけが仕事みたいな境遇ですから、八高線、箱根ヶ崎へ行ってみなした。
 狭山市から箱根ヶ崎コースを選ぶ問題点の一つは、私の考えでは電車の乗り換えが多い事、乗っている時間が長いことなどです。でもね、行った先が楽しければ許されるでしょう。
箱根ヶ崎には六道山公園というのがあって、Hさんの案内で一度行ったことがあります。だから、そこは避ける。狭山丘陵沿いの道があって、遊歩道が沢山あるらしい。それを組み合わせて何かコースが出来ないかなと思ったのです。
 とにかく暇なんだから、粗末な地図を持って出かけました。
 箱根ヶ崎駅で降りて、最初の目的地円福寺、これは簡単に見つけられました。

Dscn6663 
    立派な大きなお寺です

 この次の目標が狭山稲荷。これが見つからないんだ。しばらく歩いて、こんなに遠いはずはないと思って、家の前すを掃いている人に道を聞くと、
「ちょっと道が複雑で」と言いながら「円福寺の裏なんですよ」と道を教えてくれました。「傍へ行ったらもう一度道を聞いてください。お気をつけて」なんて言われてね。
 来るときは円福寺のおもてからですが、今度は円福寺の裏に向かって歩き出しました。この辺が円福寺の裏かなあ、と思える辺りで、散歩している人に聞いた見ました。
 「狭山稲荷? 分かりませんねえ。稲荷神社というのはあるんですが・・・」。狭山稲荷と稲荷神社があることは、地図でも分かっている。私が捜しているのは狭山稲荷。
 しょうがないさっき教えてくれた人の道はこれかなと思う道を歩いていたら、円福寺の境内に出ちゃった。おやおやだよ。境内で剪定した枝を軽トラに積んでいる人がいたので、その人に聞いてみた。その人も「さあ?」って言うんですよね。地図を見せると「分かりにくい地図ですねえ」。そりゃそうだ、俺も分からないんだ。でも親切な人でした。ちょっと聞いてきます。と言って地図を持って本堂に入っていきました。
 しばらくして帰ってきて「その先に小さい祠があるんですがそこではないかということです」という返事。
 行ってみたら、何のことはない境内と言ってもいいくらい。お墓の横です。

Dscn6664

 始めからそんな具合なので、地図はあてにならないし、自分でこっちかと思うほうを勝手に歩きました。そしてジュンサイ池に着きました。ここもコースとして考えていた目的地の一つです。

Dscn6665

 ジュンサイの花が咲いているのですが、どうも、写真がダメですねえ。
 私は子供のころジュンサイの生えている池で泳ぎを覚えたのです。ジュンサイをかき分けて泳いだことを思いだしました。背泳ぎだろうとバタフライだろうと、何でも泳げるけれど、なんでも自己流です。習ったことなどありません。
戦中戦後の育ちだものね。
 
自分で泳ぐ人はね、最初は犬かきなんですよ。知ってました? たいがいそうなんですよ。犬かきなんて知らないって言われそうだね。
 犬や猫を水に放り投げると、夢中になって足を前後に動かすでしょう。あれですよ。
 子どものころ猫の子を川に投げて捨てて来いと言われて、安請け合いをして捨てにに行き、捨てられずに持ち帰えって笑われたことがありました。
 脱線しちゃった。
 ジュンサイ池に着いたころは昼もだいぶ過ぎていました。食べるものも飲むものも持っていないし、今日はもうこれでいいやと、帰ることにしました。
 今日の迷走で、遊歩道のありかなど,何となく分かった。次に行けば、もう少しまともな散策が出来るでしょう。

俳句はありません

 

 

 

|

« 孫のい会う | トップページ | 散歩も飽きた »

コメント

下調べ、下見お疲れさまです。
私も、候補がいくつかあり?

小平と拝島乗り換えの二度で行けますが、いかがでしょう。

投稿: isoji | 2020年6月30日 (火) 16時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 孫のい会う | トップページ | 散歩も飽きた »