« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月29日 (土)

七夕の矢来の絵

今日の絵

Img992
  いいですなあ、若い人は。手を繋いで井の頭公園を散歩です。青春を楽しんでね。時はすぐに過ぎて行く。

少し古い絵

Img993
               2014年

スモモ酒

  書き忘れましたが、一昨日スモモ酒を漬けました。知人からスモモをもらったのです。量があったので、食べるより漬ける方がいいだろうと思いました、過去にスモモ酒を作ったことがありますが、美味です。果実酒は何でもできるのですが、私の作ったものの中では、スモモ酒、ビワ酒、カリン酒などは美味です。スモモ酒、ビワ酒などは果実自体が甘さを持っているので砂糖は控えめにします。

七夕の矢来の絵

  構想は決まっているのだけれど、大きさのバランスが難しい。鉛筆で大まかに描いてみたけれど、しっくりしない。もう一度練り直し。

気になる俳句

譲ることのみ多き日々シャガの花 塙義子

  この「シャガ」は漢字なのですが、普通の返還ではその字が出ません。何故か手書き入力が出来なくなっています。「シャガ」の「ガ」の字が出せません。

ぼんくら俳句

   山際にビル建っておりシャガの花
   谷ごとの集落小さし草しげる
   棚田とは言えど三枚田植えかな
   遠山は見えず里山の上は霧

 

 

| | コメント (1)

2019年6月28日 (金)

水彩画の会

今日の絵

Img990
      秩父市さくら橋付近

やっぱり今日の絵

Dscn2859 
     江戸川橋遊歩道    

少し古い絵

Img991
              2014年

気になさる俳句

驟雨下の合掌部落三時打つ 加藤楸邨

ぼんくら俳句

   夕立やヘッドライトが満ちに映え
   音たてて車の走る驟雨かな  

 

| | コメント (0)

2019年6月27日 (木)

登山靴は履き潰す

今日の絵

Img988
 まだ色を載せていません。

少し古い絵

Img989
        
陣馬山      2014年 
  この時の同行は、Sさん(先頭)とKさん(後方)とぼんくら蛙。あの頃は膝も痛くは無かった。今は平らな道なら1万歩、2万歩あるけるけれど、きつい登りや階段があったら辛いね。階段は降りる方が辛い。
  山歩きはもう無理。登山靴は、街歩き用のウオーキングシューズとして履きつぶすことにした。

今日した事

  午前、「たけのこ」(私の属するボラグループ)の会合。午後、暇人クラブ「ひだまり」の食事会とマージャン。

気になる俳句

立葵咲き切り遠のく娘の縁談 橋本月登

ぼんくら俳句

  立葵打つけて痛む向う脛

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年6月26日 (水)

北風と太陽

今日の絵

Img986_20190626192801

  風景は金沢八景(横浜)に手を入れたもの。人物は新宿御苑で見た人。本当は中央の人物を主役にしたかったのに、左の人ばかりが目立ってしまった。衣服の色を考えればいいのだけれど、この色で描きたかったんだなあ。とすれば周りを暗くするか…。

少し古い絵

Img987

  実は今日のブログ、書くのは3回目何です。とにかく書いている途中で前触れなしに消えるんです。保存をしないうちは気が気ではないけれど、1行ごとに保存なんてしていられないものね。

北風と太陽

  そういう寓話がありましたね。トランプ大統領のすることは北風ばかり。イランとの対応を見ても、これじゃあイラン側が対応に応ずるわけがない。対話をしたいというポーズは見せているけれど、相手に「ひれ伏す」ことを求めているのだもの、無理だよ。

気になる俳句

新馬鈴薯や農夫掌よく乾き 中村草田男

ぼんくら俳句

   山あいのあふれる青葉家点々
   新ジャガの収穫をする5,6人
   白詰草爺が曳かれる大型犬 

| | コメント (0)

2019年6月25日 (火)

さて、この絵は?

今日の絵

Img983

少し古い絵

Img984
  寄居 少林寺の5百羅漢から 2014年

さて、この絵は?

Img985
  七夕で狭山市社会福祉協議会会館の前に揚げる矢来の片面は、このラフスケッチをもとにして描きます。文字や音符は変わりますし、急須や湯のみ
も変わります。例えば急須の取っ手に手を添えるかどうか、湯のみの下は茶托か盆かなど、まだ決めていません。

気になる俳句

草刈りの刈り進むうち蓬の香 溝口青男

ぼんくら俳句

   水辺の子裸になって走り出す
   草刈り機石とベンチのあいだ刈る
   緑陰や自転車の子と親が行く
   防空壕出でてケイトウ見た日かな
   詰草やまずはボールを蹴りあげて
   ジョガー行く遠くサルビア見える丘
水紅子

| | コメント (0)

2019年6月24日 (月)

各戸配布書類 回覧書類

今日の絵

Img981
 絵の場所は、昨日行った調布の水生植物園。失敗の絵です。原因の第1は人物の顔。眼鏡の縁を白くしたいと思って、クレパスで描いたんです。その上から顔に絵の具を塗ったのですが、ボケちゃって、慌てて拭いたり、こすったりしたが、もう駄目さ。マスキングインクで白抜きをする方法があるのだが、短時間で描くためには、そのような方法は使えない。朝飯前と云う訳にはいかなくなる。こんな絵でも思うようにはいかない。

少し古い絵

Img982
               2014年

阿修羅と羅漢像

  精傷者作業所「ショップみちくさ」へ。
  6月の29日30日に、市民コミニュティーセンタでこぶし福祉会作品展をやるというので、私も関係者として絵を出品することに。興福寺の阿修羅像と、秩父金昌寺の酒飲み羅漢の絵。その絵を「みちくさ」に持って行きました。あとは「みちくさ」所長Kさんに展示も収納も、お任せ。たった2日間だからね、私は見に行くかどうかも分かりません。
  期限切れ商品調べと、包丁研ぎ。

各戸配布と回覧書類

  1丁目自治会第4ブロックのブロック長でもあるので、午後、配布書類の整理。今日は回覧物がバカに多くて仕分けに時間がかかりました。仕分けが終わって3時。そして配布。
  それから買い物に行って、今日も疲れた。ジジイは毎日疲れるよ。

気になる俳句

梅雨寒の猫に怒りをよみとらる 三沢みよし

ぼんくら俳句

   梅雨深しジジイ疲れて酒を飲む

 

 

| | コメント (0)

2019年6月23日 (日)

深大寺周辺

少し古い絵

Img980 
陣馬山 もうこんな山にも行けない 2014年

歩こう会

  調布駅ー布多天神―水生植物園ー深大寺―神代植物園

花を中心に

Dscn2810

Dscn2811
  昨日に続きタイサンボクの花

Dscn2818

Dscn2821

Dscn2822

  朝から曇り空で、午後には少し雨が降る。真夏日や猛暑日の中を歩くよりはよかったと思う。昼食は深大寺蕎麦。アルコールも飲まず、私としてはご清遊。

気になる俳句

近よりしこなき朴の花終えぬ 加倉井秋を

ぼんくら俳句

   立つとすぐふさがるベンチ朴の花

  タイサンボクの花から朴の花を思い出してしまいました。

 

 

 

| | コメント (0)

2019年6月22日 (土)

雨の新宿御苑 自治会班長会

少し古い絵

Img979
なんと、トルストイとその奥さん。似ているのかなあ。2014年

雨の新宿御苑

しょぼしょぼの雨で、土砂降りではない。静かでいいですね。

Dscn2764
タイサンボクの花です。普通は梢の方にあってめったに身近に見ることは出来ないと思う。

Dscn2786
 いつもは人で一杯なのに。

自治会

  午後7時から班長会。終わって役員会。9時散会。

 

 

| | コメント (0)

2019年6月21日 (金)

一日中、社協に

少し古い絵

Img978
      少し古い絵 
  寄居、少林寺の500羅漢より。少し古い絵というタイトルは絵の上に書いていたのですが、絵を載せようと思うとその字にかぶってしまうのです。何故か私のパソコンは、一度間違うと、何度やりなをしても同じ結果になります。どうしても直そうなどと思っていじっていると、記事自体が消えたりします。
  この絵を描いたのは2014年。

第1回七夕準備会

  社協前の七夕飾りの第1回準備会。矢来飾りのテーマ、標語など検討。デザインの基本みたいなものは私が準備することになり、発泡スチロールなどを使って、立体的な矢来を作ることに。

V連(ボラんテイア団体連絡会)世話人会

  七夕祭りについて、研修旅行の2つのプランついてなど、話し合う。旅行プランの1つには前橋刑務所見学なんて言うのがあって、面白いと思った。24時間囚人体験なんて言うのがあったら、私など本当にやってみたいね。そんなのはあり得ないけれどね。まあ、野次馬ですな。

気になる俳句

雷の音ひと夜遠くを渡りをり 中村草田男

ぼんくら俳句

   一過性の激しき雷雨という予報
   ジャガイモを二度いもという郷里(くに)訛

  救荒食品として、雪国秋田でも、1年に2度収穫できる藷という意味。3度いもという地方もあると,叔父は教えてくれました。私は確認していません。

 

 

 

| | コメント (0)

2019年6月20日 (木)

無為の日 要するに何にもないよ

今日の絵

Img976
        入間川河川敷

少し古い絵

Img977
             2014年

無為の日

  散歩しただけですな。

気になる俳句

噴水や空へ小躍りしては落つ 斎藤石雲

  先日、老人介護施設「あすなろ」で「俳句は季語を説明してはいけない」言ったばかりです。この句、角川の歳時記に載っていますが、説明してますね。

ぼんくら俳句

   一団の爺婆が行く夏帽子
   緑陰のギター練習ポロロロロン
   噴水のいきなり止んで崩れ落つ
   自転車の若き一団草の花

  4句目は秋の季語になっちゃった。  

 

| | コメント (0)

2019年6月19日 (水)

中掃除

今日の絵

Img974
        清澄庭園

少し古い絵

Img975

この羅漢様 悲しいのか寝ているのか 2014年

中掃除

  めったに掃除をしないからね、、やるときは普通の掃除と大掃除の中間くらい。私は勝手に名付けて中掃除。埃では死なないとは言うものの、ごみ屋敷にするわけにもいかないんだよなあ。そして中くらいに疲れる。

気になる俳句

夏帽や職場の友は職場きり  安住 敦

ぼんくら俳句

   夏帽子今日は無くさず帰りけり
   梅雨長しトンネル長し抜けるまで
   紫陽花や親しきは逝き敵も逝き
   緑にも濃淡ありて梅雨晴間
   おはぐろとんぼ駅階段に迷い込み

  1句目。私は帽子と傘をよく失くします。特に帽子を失くすことが多い。半年持ったらいい方ですね。最近も失くして「ショップみちくさで」中古の帽子を買いました。
  2句目。ことに年の梅雨は、長いか短いか分かりませんが、人生のトンネル、抜けてしまえば何でもないのに抜けるまでは長いんだ。
  3句目。82歳まで生きれば、あの人も逝き、この人も逝き、てなことになります。
  5句目。お歯黒蜻蛉、だと思うけれど、羽根が黒いんだからお羽黒蜻蛉かなあ・・・まさかね。水辺にいるトンボなのに、昨日、新狭山の駅の階段に迷い込んでいました。

 

| | コメント (0)

2019年6月18日 (火)

俳句で遊ぼう

今日の絵

Img972
  我がマンションは2棟です。間の芝生で遊ぶ子どもたち。子に芝生を、管理しやすくするためにコンクリートにしようという意見もありましたが、私は反対しました。我がマンションは古いタイプで、高齢者が多く住んでいます。しかし、値段が安いものだから、若い夫婦も少し増えました。子供もいます。そんな子供たちから芝生を取り上げるのは忍びない。

少し古い絵

Img973
  誰だか分かりません   2014年

俳句で遊ぼう

  新狭山ハイツの「あすなろ」というデイサービスをしている老人介護施設で、俳句の指導に来いということで、行ってきました。私の実力では指導なんてできないから、一緒に遊ぶというつもりです。多少の用意をしていって、たかが1時間ですが、皆さんと笑いながら過ごすことが出来ました。
  所長には「慣れてるみたい」と言われましたが、人前でしゃべることなんて、慣れてはいません。ただ齢を取って、人間なんてたいして変わらないと思うようになったものだから、あがらないんですね。初めてのことでも平常心でやれるのです。
みんな俳句の初心者ばかり。

  旨いのは冷えたキュウリの丸かじり
  五月晴れ子雀親に餌をねだり
  トウモロコシ猿に喰われてしまいけり

などの句を得ました。五月晴れと子雀は季重なりだけれど、いいでしょう。3句目、畑でトウモロコシを育てたのに、大方猿に喰われちゃったんだって。




 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年6月17日 (月)

パソコン開けたけれど、記事が消えた

今日の絵

Img970

少し古い絵

Img971

記事が消えあtので、最小限の書きなおし。

  午前は精傷者作業所「ショップみちくさ」へ。午後は川越へ画材を買いに。

気になる俳句

濯ぎ場に紫陽花うつり十二橋 水原秋櫻子

ぼんくら俳句

   紫陽花や道産自慢の男かな

| | コメント (0)

2019年6月16日 (日)

パソコンのご機嫌次第

最近の絵

Dscn2720_1
  地下鉄「江戸川橋」付近の遊歩道。

少し古い絵

Img968
 何処でもいいけれど智光山公園  2014年

Dscn2721

Dscn2724
      智光山公園の菖蒲園

ブログはパソコンのご機嫌次第

  私のブログはパソコンのご機嫌次第です。毎日書くつもりでいるのですが、インターネットを開こうと思うと「このページは表示できません」というメッセージが出てきて、昨日も一昨日もブログを書けませんでした。今日はなぜだか繋がっています。明日はどうだか分かりませんな。
  プリンターとのつながりも、年中異常が起こります。「プリンターの選択が違っている」なんてメッセージが出てくるけれど、プリンターなんて一つしか使っていないんだから、間違いようなんて無いんだよ。

  何だか分からないけれど、私のパソコンは、年中変なトラブルが起きます。金曜、土曜とパソコンを開けませんでした。今日は問題なく開けています。やっていることは同じで、理由は全く分かりません

  木曜日は暇人クラブでマージャン。夜、1丁目の役員と民生委員で敬老会の相談。終わって、1丁目の役員会。夜の10時過ぎまで。疲れたなあ。
  金曜日は水彩画の会。今日のブログに載せた絵を描きました。
  土曜日、つばさ俳句会。報告は略します。
  今日、日曜日。私たちは狭山台1丁目の第4ブロックですが、集めた自治会費を持って、会計係との折衝。私はブロック長もやっているもんだからね。会計は結構時間がかかるんだ。別段トラブルは無いんだけれど。終わってから役員会に合流。午前中で終わりました。

  明後日、新狭山ハイツのデイケア施設で俳句の話をするので、その資料を作り印刷する。明日になったらプリンターが言うことを聞いてくれるかどうかわからないからね。実際、昨日も一昨日も出来なかったんだ。

気になる俳句

はなびらの垂れて静かや花菖蒲 高浜虚子

ぼんくら俳句

   菖蒲園に橋先頭に女の子
   紫陽花や認知症の犬乳母車
   尾を立てて猫が行くなり青葉風
   木のベンチ白詰草を踏んでゆく

 

 

 

| | コメント (0)

2019年6月15日 (土)

なぜなんだ

 

今日の絵

Dscn2720 

 

   

 

| | コメント (0)

2019年6月13日 (木)

寝ている時間

今日の絵

Img967
      西武線車内
  どうしても「今日の絵」の下に、この絵う載せられない。何回やり直しても、この絵は「今日の絵」にかぶってしまう。

少し古い絵

Img966
   昔の宮沢湖入り口です   2014年

もう眠いよ

  午後「ひだまり」で健康マージャン。

  夜、7:30から民生委員と自治会役員の会議。敬老会をどうするかについて。終わって9:00から自治会役員だけの会議。10:00過ぎに終わり、いま11時。普段なら寝ている時間だよ。年寄りは早寝早起きだからね。

俳句無し

 

 

| | コメント (0)

2019年6月12日 (水)

入間川について

今日の絵

Img964_1
        入間川

  風景画を描く場合、入間川だとか智光山公園だとか、全国的に言ったらマイナーな場所が多い。しかし江戸時代までは入間川はビックな名前でした。江戸時代の初め、荒川を入間川に合流させ、隅田川まで入間川系の川だったのに、荒川と名前が変えられてしまいました。入間川は荒川の支流になったのです。
  江戸初期は案外大きな土木工事が行われていて、利根川は鬼怒川と合流されました。そしてこちらも鬼怒川は利根川の支流になりました。入間川も鬼怒川も、下屋を貸して母屋を取られた感じ。
  改修までの利根川は関東平野を流れて、隅田川に合流していました。荒川は利根川の支流でした。大きな河川がいくつも東京湾に注いでいたわけで、八重洲や江戸城のまわりは湿地帯が多かったと思われます。さいたま市あたりには見沼田んぼというのがあり、湿地帯の名残です。東京駅あたりから大宮あたりまで、湿地帯があったと思われ、人が通るには便利な場所では無かったと思われます。
  その証拠が房総半島の上総、下総、という地名です。房総半島の先端は安房ですが、上総があって下総になります。、奈良、京都から見て上総の方が近いと考えられていたのです。東北方面に行く場合、三浦半島から船で房総半島に行くというのが当時の主な道で、現在の都心あたりは避けて通りたかったわけですね。
  内陸で行く場合は、現在の狭山市で入間川を渡ったようです。近くに顔振峠(コウブリトオゲ)というのがあり、静御前が義経を追って東北へ行くときの振り返り振り返り、関東との別れを惜しんだという伝説があります。

少し古い絵

Img965
       稲荷山公園    2014年

気になる俳句

桑の実ややうやくゆるき峠道 五十崎古郷

 「やうやく」は「ようやく」と読んでね

ぼんくら俳句

   花菖蒲日傘と白を競おり
   緑陰に聞き上手いて語る人
   公園のせせらぎに橋桑みのる
   手をつなぎ麦わら帽子が橋渡る
   噴水の突然あがる高さかな
   噴水の突然止まる緑濃し




 

 

| | コメント (0)

2019年6月11日 (火)

もういや

今日もまた突然記事が消えました。力を入れて書いた時に限って、それは起こります。愕然としますね。前触れも何になしに、いきなり記事が消えるんです。もうこれ以上書く気がしません。

| | コメント (0)

2019年6月10日 (月)

広報の仕分け

少し古い絵

Img962
    狭山市内     2014年

広報の仕分け

  朝、集会所で広報の仕分け。9時からなのだが、私は先に行って鍵を開けなければならないので、8時半に家を出る。それでも、集会所の前で、私を待っている人がいた。
  1時間くらいで、仕訳が終わり、一度家に帰って、すぐ「みちくさ」(精傷者小規模作業所)に向かう。軽作業をして、近くの食堂で早めに昼食、急いでマンションに帰る。
  今度はマンションの広報の仕分けである。広報以外にも
いろいろなものが来るのです。例えば消防署のお知らせ、いくつかの公民館からのお知らせ,社協の狭山台支部からのお知らせ、その他いくつかの回覧板でまわすべきもの、等々。
  集会所ではマンションを除いた1丁目自治会の広報を5-6人で仕分ける。我がマンションでは2人である。マンションの場合は、ポストが1か所に集まっているから、配布は楽だけれどね。

  今日は1日中雨で、寒い日ですなあ。集会所への往復、「みちくさ」と食堂へ行き、買い物などだけですが、歩数は11.000歩強。

  田辺聖子が死去。91歳。彼女の随筆が好きだった。

気になる俳句

傘させば五月雨の冷えたまりくる 八木絵馬

    五月雨ーさみだれ

ぼんくら俳句

   老いの身はあちこち痛し梅雨寒し

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年6月 9日 (日)

智光山公園 菖蒲と薔薇

今日の絵

Img961
  我が家の近くの切り通しです。出口も入口も市街地なのに、結構長くて電柱が5本も立っています。途中カーブもあって、登りも下りもあります。大げさに言えば峠があるということ。ハハ、やっぱり大げさすぎるわ。本当はこの絵の間に電柱が2本ばかりあるのですが、この絵では描かない方がいいと思いましたね。人物は昨日上井草で見かけた親子です。この絵で人物がなかったら寂しいものね。

少し古い絵

Img960
               2014年

智光山公園 菖蒲と薔薇

  菖蒲園の菖蒲、今が見頃です。

Dscn2642

Dscn2644

薔薇園の薔薇、年増かな。

Dscn2649

Dscn2648

Dscn2650

  智光山公園への散歩、2年前だったら歩いて行ったのですが、今は片道バスで行き、帰りは歩きです。それでも今日の歩数、約1万3千歩(買い物に行った歩数を含む。2千歩くらいかな)。

気になる俳句

飛騨の子の花いちもんめ梅雨晴間 松崎鉄之介

ぼんくら俳句

   梅雨晴間きょうのおかずを決めかねて

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年6月 8日 (土)

いわさきちひろ美術館

今日の絵

Img958
     智光山公園 雨です

少し古い絵

Img959
  パシュートって言うのかな  2014年

いわさきちひろ美術館

  いわさきちひろ美術館に行ってきました。これで3回目です。長野県の美術館に行ったのも含めれば4回目。
  今回は「ショーン・タンの世界展」をやっているということなので、それを見に。世界のどこにもない不思議な絵を描く絵本作家。どこのもないのにありそうで、ちょっと不思議な気持ち。
  いわさきちひろの絵はいいねえ。私の絵は中途半端だなあ。人物中心か、風景中心か、なんとも言えない。風景の中の人物・・・人物のいる風景画・・・でも、人物だけの絵や風景だけの絵もある。どっちにしろ、技術も感性もいまいちなんだよなあ。
  田舎の従姉が言っていた。「ぼんくら蛙の家系は、やればソコソコ出来るのだけれど、それを突き抜けるものがない」。ハイ、その通りでございます。

Dscn2619

Dscn2621
     いわさきちひろの部屋

武蔵関公園

  帰りは武蔵関公園に寄ってみました。

Dscn2635

気になる俳句

シャボン玉天に祭りのあるごとし 木曽晴之

ぼんくら俳句

   池の面にシャボン玉来て着水す

  何処からかシャボン玉が幾つか飛んできて、その一つが池の面に着水し、ちょっと間があって壊れました。シャボン玉は春の季語なんですが、出来ちゃったものはしょうがないね。
  今夜、NHkのテレビドラマ「雲切仁左衛門」を見ていると、画面の中にシャボン玉が飛んで来ました。きれいな粒のそろったシャボン玉でした。あれは、戦後のシャボン玉ですね。戦前のシャボン玉は、作るのに多少の技術が必要でした。江戸時代はなおさらのはず。そうそう決まった形に出来はしません。

| | コメント (0)

2019年6月 7日 (金)

菖蒲園

今日の絵

Img956
       石神井公園

少し古い絵

Img957
 智光山公園 雪の絵まだあります 2014年

智光山公園の菖蒲園

Dscn2592

Dscn2596

 Dscn2604

Dscn2603

Dscn2610

第2菖蒲園

Dscn2613

  雨が降ってきたけれど山用のレインコートを持っていたので、のんびり見て回りました。

気になる俳句

花菖蒲夕べの川のにごりけり 桂信子

ぼんくら俳句

   花菖蒲見に来た人も傘開く
   菖蒲園ベンチが雨に濡れている
   心字池山鳩の声聞こえくる
   紫陽花や木の間越し見なる傘の列 

 

 

| | コメント (0)

2019年6月 6日 (木)

血染めのズボン

今日の絵

Img954

  歌手のクミコさんです

少し古い絵

Img955
      秩父市内です    20147年

血染めのズボン

  先日、自転車で転んで、その影響で臀部が痛い。実は膝も打っていて、擦り傷が出来た。でも、血液サラサラの薬を飲んでいるものですからね、ほんの擦り傷なのに傷口の血がなかなか固まらない。今日で3日、風呂に入らず、シャワーだけで過ごした。今日あたりは代々いいかなと思う程度に固まったのだけれど、用心してあと1日風呂を我慢することにした。
  それだけじゃないんだ。擦り傷なのに、ズボンが血だらけになっちゃった。昨日1日漂白剤を溶かした水にズボンを漬けていて、今日洗濯。まあまあきれいになりました。

暇人クラブ「ひだまり」

  第1木曜なので「ひだまり」で包丁研ぎのボラ。

気になる俳句

梅雨のけふ田植ゑてみどり深くする 森澄雄

ぼんくら俳句

   梅雨めくや切り通しにも風なくて


 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年6月 5日 (水)

ケツが痛い

少し古い絵

Img953
    名栗湖です       2014年

大腿部が痛い

  1日ケツの痛さと付き合いました。椅子に座るにも、ドーナツ型の座蒲団を置いて痛いところに触らないようにしています。老いた蛙でございます。

気になる俳句

えごの花かかりて蜘蛛の糸見えず 松本たかし

ぼんくら俳句

   林床に細道つづくえごの花

| | コメント (0)

2019年6月 4日 (火)

自転車で3度も転ぶ

今日の絵

Img950

少し古い絵

Img951
                2014年

  絵からは何も分からないのですが、次女と孫なのです。

自転車で3度も転ぶ

  掃除をして、洗濯をして、その合間に作り置きののおかずなど作っていると、それだけで結構疲れてしまう。

  ひと休みして、その後どうしようかと考えたのですが、82歳にもなると活力が湧かないんですね。結局さんざん逡巡した挙句、「入間の湯」に自転車で行く事に決めました。
  「入間の
湯」というのは80歳を超えた爺にとっては、近頃よくある町中温泉ですですが、若い人にとっては町中温泉なんで当たり前だろうね。

  とにかくその「入間の湯」から、入間川河川敷を帰る途中、ちょこちょこと転んでしまいました。別にスピードを出している時に転ぶとかいうことでなくて、止まろうとしてバランスを崩したなんてことが原因です。それでもね、転ぶというのは意に反しているわけですから、心ならずもあちこち打ったりします。今、左臀部が痛みます。どこでどう打ったか知りませんが、3回転んだうちのどこかで、腰を打っているらしい。

  昨日、みやたクリニックの看護婦さんに右足膝下の皮膚の色を見て「転んだのですか?」聞かれましたが、そんな自覚はなくて、あいまいな返事をしました。でも今日、家で風呂に入ろうと思ったら右膝下から血が流れた形跡がありました。看護婦さんが指摘した場所です。なるほど、私は気がつかなかったけれど看護婦さんは気がつくんだ。転んだときぶつかる場所だったんだ。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (1)

2019年6月 3日 (月)

血液サラサラの薬

今日の絵

Img948
       石神井公園

少し古い絵

Img949
        長瀞      2014年

「みちくさ」

  精傷者作業所、「みちくさ」のボラ。軽作業。

宮田クリニック

  調べてみると、石心会狭山クリニックで、下肢に静脈の血栓があると言われたのが、2017年4月20日。血液サラサラの薬を処方された。その後、循環内科があるということで宮田クリニックを紹介され、未だに血液サラサラの薬を飲んでいる。
  次に石心会で血栓の状態を調べてもらうのは12月の12日で、少なくともそれまでは血液サラサラの薬は飲み続けることになる。長いねえ。

気になる俳句

梅雨めくや人に真青き旅路あり 相馬遷子

  青き旅路・・・うーん、分かったような分からないような

ぼんくら俳句

   梅雨近しネアンデタールに薬なし

  ハハ、なんのこっちゃ。人類の歴史なんか読んでるものだからね。

 

 

| | コメント (1)

2019年6月 2日 (日)

地域の清掃日・車椅子と仲間の会

少し古い絵

Img947
   雪の長瀞、岩畳の池塘  2014年

地域の清掃

  マンション回りと1丁目自治会で決められた公共の場所(道路です。まん7ション周りより少し広い)。

車椅子と仲間の会

  「あいサポート運動」の講習会。これは2度目だ。鳥取県から始まってバッチをつけて、障害者から気軽に声をかけてもらえる存在になり、必要なサポートをしましょうというような運動です。
  着る洋服やシャツに合わせて、いちいちバッジを付け替えるなんて面倒だし、障害者が誰に声をかけたら、誰からでも必要なサポートを受けられると言いうのが、本当は1番いいのだけれどね。善意の人
は多いけれど、変な奴もいるからなあ。

気になる俳句

腰おろす山の車前草柔らかし 小出きよみ

ぼんくら俳句

   おおばこは毟るに難し清掃日

  車前草ーーおおばこ。オオバコはなかなか根までむしり取ることは出来ません。  

 

| | コメント (0)

2019年6月 1日 (土)

狭山台胃腸科外科・防犯パトロール

今日の絵

Img946
   入間川河川敷の遊歩道

少し古い絵

Img945
      狭山市内     2014年

  「今日の絵」を書いているスケッチブックは97冊目で、「少し古い絵」のスケッチブックは37冊目です。2014年の2月から3月にかけて描いたものですが、雪の絵が無暗に多い。2014年は大雪の降った年だったのですね。

血圧

  狭山台胃腸科外科へ。2か月ごとの血圧の検査です。薬を飲んでいるからでしょうが、極めて正常。降圧剤を止めてみたくなるほどです。上120台、下50台。低いくらいだ。でも、なぜか家で計ると、上150台か140台、下70台くらい。上下の幅が大きい。何で家で計る方が高いんだろう。いつもそうだ。普通は逆なんだよなあ。

防犯パトロール

  狭山台1丁目を二つに分けて、その一つを、毎月1回パトロールする。1丁目の役員である間、つまり1年間はやらなければならない。

気になる俳句

紫陽花や白よりいでし浅みどり 渡辺水巴

ぼんくら俳句

   紫陽花の白きに防犯パトロール

 

| | コメント (0)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »