« 下相談 | トップページ | 彩の会(水彩画の会) »

2019年4月11日 (木)

「ひだまり」の会

今日の絵

Img861
     我が家の近所です

少し古い絵

Img862
            2013年

「ひだまり」

  集会所で「ひだまり」の会。20名くらいの高齢者が集まって、賑やかに楽しくマージャンをする。この「ひだまり」を30年度狭山台1丁目の会長副会長が、今度の総会で潰そうとしているのだから、恐れ入る。この前までは、「風紀が乱れて、改善の余地がない」などと主張していた。風紀を乱す行為などというものは、人目につかむところでやるものだ。こうこうと電気の灯る中で、20名以上の人のいるところで、風紀を乱すような行為など出来ないのは、常識で考えればわかることだ。
  その他くだらない理由をつけて彼らの2月の定例会に提案した。その書類を入手した私は、30年度の会長と大声で言い合いをした。さすがにそんな理由では通らないと思ったのだろう、今度は論旨を変えて「集会所では商行為を禁止している。空き缶を集めて潰すような行為は、それでお金を得るのだから商行為だ」という。
  我々は「日だまり」を維持するため、缶を集め、潰して、運転資金を得ている。それを商行為だという。これは総会で、徹底的に争わなければならない。自分たちは高齢者のために指1本動かそうといはせず、せっかく立ち上げてうまくいっている会を潰そうというのは、いったいどんな神経から出て来るのだろう。

気になる俳句

あともどりし易き病春寒し 浜井武之助

ぼんくら俳句

  マージャンのパイは崩れぬ春寒し

 

|

« 下相談 | トップページ | 彩の会(水彩画の会) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 下相談 | トップページ | 彩の会(水彩画の会) »