« 今度はプリンターのトラブルだ | トップページ | 1丁目自治会総会 »

2019年4月20日 (土)

つばさ俳句会・他

新旧代表者会議

  社会福祉協議会、ボランティアセンターに属するボランティアグループプの新旧の代表者会議。私は代表者ではないが、ここ数年、代理で出席している。私はだいぶ前に代表でした。9時半から11時まで。
  社協では今年も精神障碍者のボランティア養成講座をやるようだ。私にはある種の懸念がある。精神障碍者に対する知識が増えるのはいいことですが、そのことで頭がいっぱいになって、実際の障害者に接するとき、ピリピリした気持ちで接するようなことは避けてほしい。普通の人に接するように、のんびりした気持ちで接してほしい。こちらがピリピリすれば障碍者の方もピリピリして過剰な反応になったりする。そんなことが無いように、という意見を述べました。
  傾聴ボランティアも話題になりました。狭山では、傾聴ボランティアが増えています。それも大切ですが、傾聴ボランティアと銘打たなくても、ボイランティア活動に傾聴つきものです。傾聴だけをするボランテイアと、ほかの作業を共にしながら話を聞いているというボランティアもあるのです。専門の傾聴ボランティアだけが傾聴をしているわけでは無い、という話もしました。

V連総会

  11時からボランティア団体連絡会総会。来年はV連立ち上げ40周年になるそうで、その話題。
  30周年の時の記念誌を読むと、なんと私の文章がありました。しらなかったなあ。我々のようにに貧しい時代に育った人間は、趣味を持つ余裕もなく、人に優れた特技のないものが多い。そんな我々のボランティアは、たとえば施設に歌や踊りのグループが訪れるとき、利用者さんの車椅子を押して会場に連れて行ったり、施設の花見の際には、利用者さんの手をひいたり、車椅子を押したりするようなことになります。時には草むしりに来てくれなどと言われて行くこともある。何かを教えたりするボランティアも必要ですが、それを支える草の根のようなボランティアも必要だというようなことを書いてありました。

昼食

  社協近くの食堂で昼食をしていると、市議候補のNさんが昼食に入ってきました。私が手を挙げて挨拶すると、Nさんは私の隣に来て食事をしました。今日は午前中に60キロ回ったと言っていました。今日は最終日だものね、大変だわ。

つばさ俳句会

  午後はつばさ俳句会。社協から新しくできる介護施設に俳句を教えに来てほしいという要請があり、さしあたって1回やってみて、その結果でどうするかを決めるということです。その相談をつばさ俳句会でしたのですが、ボランティアはお前の専門だからお前がやれというようなことで、あっさり私が行く事に決まってしまいました。

  今日のブログは少し長くなってしまったので、つばさ俳句会の結果は、あまり書きません、私の句では「廃校の一部屋灯る春おぼろ」に、いくらか点が入りました。

|

« 今度はプリンターのトラブルだ | トップページ | 1丁目自治会総会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今度はプリンターのトラブルだ | トップページ | 1丁目自治会総会 »