« 石心会・日溜まり | トップページ | 本の話 »

2018年11月30日 (金)

長瀞

今日の絵

Img661
  ドングリを持っているの、どっちだ! 新宿御苑で見た親子。

少し古い絵

Img662
  川合玉堂の模写。 2013年。
  摸写でも違うなあ、私の絵とは。「プレバト」というテレビ番組がある。「プレバト」なんてどんな意味なのかさっぱり分からないのだけれど、芸能人の俳句や水彩画、皆巧いなあ、俺なんかとてもかなわないや。

長瀞の紅葉

Dscn0824

Dscn0826

Dscn0830

Dscn0841

  出かけるのが遅かったので、長瀞だけで帰りました。雑木紅葉の山々も魅力的でした。今年の紅葉は、ちょっと落ちるのですが、それでもまあまあというところ。

川越句会報告

  恥ずかしながら、私は5句投句して1句だけ「蝶ふわと仏花に止まる秋日和」に三郎先生の1点が入り、あとは零点。

高得点句

銀杏散る空はジュラ紀のままにあり 成田淑美
ブルーインパルス干し柿が匂ひ   桑原三郎
老人の大きな耳に小鳥来る    前田美智子
みどり児の爪の薄さよ今朝の冬  北上正枝
綿虫やてのひらは皺寄せ合ひて  桑原三郎
絞め頃のにはとり冬の柄杓星    岡田一夫

気になる俳句

山紅葉盛装の帯かたく負い 中島斌雄

ぼんくら俳句

   本閉じよ車窓の紅葉が触るるほど







|

« 石心会・日溜まり | トップページ | 本の話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/74693795

この記事へのトラックバック一覧です: 長瀞:

« 石心会・日溜まり | トップページ | 本の話 »