« 殺すのは誰でもよかった | トップページ | 都内を歩く »

2018年6月23日 (土)

百合園

今日の絵

Img338
  入間川と成木川の合流点

少し古い絵

Img339
     狭山市内 2013年1月
 
  下手な絵ですね。細い道ですが、右は下り左は登りの分かれ道で、私のお気に入りの場所。今日の絵は川の合流点だけれど、これも道の合流点だね。

所沢の百合園

  ここに来たのは3回目。確かに見事なんだけれど、1.100円の入園料は高いや。500円くらいなら毎年来るよ。

Dscn9293

Dscn9299

狭山湖、山口観音など

  百合園まで来たので、ついでに、近くの狭山湖、狭山不動、山口観音など見て回りました。

Dscn9314

観天望気

  こんな言葉ご存知ですか? 広辞苑にも出ていないんですけれどね、言葉としてはあるんですよ。空模様を見て、天気の予想をするようなことで、誰でもやっていることです。
  百合園を出て狭山湖へ行ったのですが、ぼつぼつと雨が降り出しました。しかし空模様を見ると、まだ大丈夫そうなので、湖畔の東屋で酒を呑み、昼食ですね。アル中ですから、酒が無くてはダメなんです。
  観天望気では雲が厚くなってきたし、傘を持っていないのだから帰りを急ぎましょう。山口観音などに寄りながら、帰ることにしました。ぼつぼつと雨が降っています。この程度の雨に濡れたくらいでは、風邪をひかない自信があります。81歳にしては丈夫なほう。健康に生んでくれた親に感謝しなくてはね。

地降り

  しとしとと降り続く雨を「じぶり」と言うんだってね。これも広辞苑には無いんだよ。たぶん「地降り」と書くのだと思う。地降りになる前に帰りましたけれどね。「親の意見と地降りの雨は、すぐに効かずに後で効く」なんて言うんだってさ。

  金子みすゞ風に言うなら、そう言う言葉は「辞書になくてもあるんだよ」てなことになる。

きになる俳句

旅終へて先ず冷蔵庫にもの充す 吉田美恵子

ぼんくら俳句

   冷房車半数ほどはスマホ見て
   降り出して湖畔に揺れるヒメジオン
   あなたとはほどほどの距離夏の朝







  










|

« 殺すのは誰でもよかった | トップページ | 都内を歩く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 百合園:

« 殺すのは誰でもよかった | トップページ | 都内を歩く »