« 何はともあれ1万歩 | トップページ | 老いを知る »

2018年5月 9日 (水)

刈り込みばさみを研ぐ

今日の絵はありません

少し古い絵

Img242
   新聞の写真から描いたと思います。人物は誰か分かりません。  2012年。

刈り込みばさみを研ぐ

  「みちくさ」の大家さんが、刈り込みばさみを研いでほしいというので、精傷者作業所「みちくさ」へ。大家さんは植木屋のセミプロです。しかしはさみを研ぐのは上手ではない。だいぶ傷んでいて、研ぐのに時間もかかり、苦労しました。刃の裏は平でなければならないのに丸くなっているし、これは完全には治らない。それでも前よりは切れるようになっていると思う。
  私のことの親方が言っていたなあ。素人のカンナは、「ちょいと研いでくれ」と言われたって、「ちょいとじゃ、ありゃあしない」。普段手入れをしていないか、手入れの仕方を間違っていたりするからね。

気になる俳句

十薬や石五つ積み湯女の墓 池内友次郎

      十薬ーどくだみ

ぼんくら俳句

   十薬や廃校だとは知らぬ気に

|

« 何はともあれ1万歩 | トップページ | 老いを知る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/73455042

この記事へのトラックバック一覧です: 刈り込みばさみを研ぐ:

« 何はともあれ1万歩 | トップページ | 老いを知る »