« 忖度 | トップページ | 扇風機 »

2018年5月25日 (金)

中学のクラス会

今日の絵

Img275
  昭和記念公園 絵を変えようとして、これも試行錯誤のうち。蛙の進む道はこの線かなあ。

少し古い絵

Img276
     狭山湖 2012年12月

クラス会

  新宿で中学時代のクラス会。12名参加。全員81歳だ。
  我々の中学時代は、戦後でまだ貧しく、1クラスのメンバーも多かった。50数名いたと思う。疎開先の田舎の中学校なんか、1クラス70名以上いたと思う。私は中学3年の途中で、疎開から帰ってこのクラスに入った。1年間いなかったんだよね。でも、大きな顔をして参加している。
  あれが死んだ、これが死んだこ、なんて話も出て、この先もクラス会を続けるのかというような話題も出た。まだ12名集まるのだし、一つのテーブルで間に合うくらいまでやろうよ、なんて声もあった。言った奴はどうやら蛙らしい。まあ、続くことにはなりましたね。私が一つのテーブルになるまで生きているかどうかは分かりませんがね。だんだん欠けていくわけです。
  今日来た中には、足腰が相当傷んでいる人もいました。私のその一人だけれど、もっと程度がひどい人達ですね。
  一人酔ってしまって、靴も履けなくなったのがいる。しょうがないから私が面倒を見て靴を履かせましたがね、その間にみんな帰っちゃった。会場は10階で靴を履けなかった彼、エレベーターに9回から乗り込んだ人と意気投合して、カラオケに行くという。そこまでは付き合いきれないから、私は帰りました。
  2-3年前までは、クラス会の終わった後で、喫茶店などに入って、名残を惜しんだものです。今はそれもなくなりました。

気になる俳句

あじさゐや箱根の山のざんざ降り 田中幸兵衛

ぼんくら俳句

   紫陽花や年々欠けるクラス会


|

« 忖度 | トップページ | 扇風機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中学のクラス会:

« 忖度 | トップページ | 扇風機 »