« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月31日 (木)

世の中分からないことだらけ

今日の絵

Img295
        野川

少し古い絵

Img296

日だまり

  午後、狭山台1丁目老人会の、私に言わせれば「暇人クラブ」の「日だまり(これが正式名称)」へ。日だまりは午後から始まるのだが、私は午前中、集会所の裏で空缶つぶし。日だまりの食事会などの資金にするためである。

世の中、分からない事が多いねえ

  14年前だったかな、小学校の生徒が通り魔的な人間に殺されて、最近その犯人が逮捕された。犯人は、かわいい少女だと思ったという。その子が苦しむ姿を見たかったという。
  なんだろう、これ。
  私は他人が苦しむ姿を見たら、私も苦しくなる。他人の喜ぶ姿を見ると、私もも嬉しくなる。
  私は「自分のために生きている」と公言しています。でも、自分だけの喜びを求めているのかと言えば、そうでもないんです。他人と一緒に喜びたいと思っているのです。それが普通じゃないのか。他人の苦しむ姿を見たいなんて、何処でそんな歪んだ感情が生まれるんだろう。分かりません。

  国会中継なんて、私はほとんど見ないのだけれど、昨日の党首討論はテレビで見ました。安倍さん、質問にはまともに答えないんですね。はぐらかすだけ。
  こんな安倍さんに引導を渡す人がいないなんて、分かりません。
自民党、公明党、何を考えているの? 安倍さんをそんなに信用しているんですか? 選挙の都合ですかね。

  政治的なこと、宗教的なこと、あまり書かないようにしようと思っているのですけれど・・・。

気になる俳句

梅雨めくや人に真青き旅路あり 相馬遷子

ぼんくら俳句

   雀卓の滑りが悪く梅雨きざす


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月30日 (水)

芭蕉パロディー

今日の絵

Img293
         長瀞

少し古い絵

Img294
新聞の折り込み広告かなあ 2012年12月

芭蕉パロディー

名月や池をめぐりて夜もすがら 芭蕉
名月の次の日昼寝の芭蕉かな かえる   Img287
枯れ枝に烏とまりたるや秋の暮 芭蕉
枯れ枝に芭蕉しがみつく秋の暮 かえる

      Img288
この道や来る人なしに秋の暮  芭蕉
来る人はみんな芭蕉や秋の暮 かえる

Img289
閑かさや岩にしみいる蝉の声 芭蕉
閑かさや岩にしみいる立小便 かえる

Img290
夏草やつわものどもが夢のあと 芭蕉
夏草やつわものどもが今もなお かえる

      Img291
さまざまなこと思い出す桜かな 芭蕉
まだらぼけ始まっている桜かな かえる

Img292






















     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月29日 (火)

スケッチ

今日の絵

Img283
   冬の彩の森公園

少し古い絵

Img284
    村上選手 2012年12月

石神井公園

  洗濯などの家事を済ませ、石神井公園に出かけました。公園についたのが12時ちょっと過ぎ。ベンチで、アルコールを飲んで弁当を食べて、何時もなら写真を撮るのだが、デジカメがないので、ちょいとスケッチ。10分くらいで描いたものと、5分で描いたもの。

Img285

Img286

  これから出かけたときは、なるべくスケッチをしようかな。

デジカメ

  家に帰って何の気なしに抽斗を開けると、あった!デジカメ。だけど、ここは何回も探したよ???。上の空で見ているから、肝心なものは「見れども見えず」か。

気になる俳句

動くもの皆緑なり風わたる 五百木瓢亭

ぼんくら俳句

   緑濃し要所要所に釣りの人
   釣り人は親父ばかりで緑濃し








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月28日 (月)

キュウリの初果

今日の絵

Img281
    中の良い親子・・・みたいでしょ。本当は赤の他人。2枚の写真(私が撮った)を組み合わせたもの。人物の場合は時々そんなことをします。

少し古い絵

Img282
    小石川植物園 2012年12月

キュウリの初果

  精傷者作業所みちくさ」の畑で、キュウリの初果を摘む。
  トマトは2週間以上前から実を付けているのに。青いまま大きくなってきた。ミニトマトの苗だけを買ったつもりだったが、普通のトマトの苗が混ざっていたようだ。

ケータイの写真

  私のケータイは写真のためのカードは使えない。パソコンに写真を送るには、メールの添付書類とするしかない。
  それが面倒なので、これまではデジカメだけを使っていた。しかしデジカメが行方不明なので、昨日、仕方なくケータイで写真を撮った。そして、何とか苦労して、自分のパソコンにメールを送ったんです。けれども、写真が送れないんです。メールも添付書類も送れるのに、写真だけダメなんです。
  ケータイの問題ではなく、私のパソコンが、ケータイからの写真を受け付けないようだ。
  さて、どうするか?

気になる俳句

水桶にうなづきあふや瓜茄子 蕪村

ぼんくら俳句

   青臭き瓜の初果摘む皺の指


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月27日 (日)

歩く会 浅草散策

少し古い絵(今日の絵はありません)

Img280
    小石川植物園 2012年12月

歩こう会 隅田川周辺

  東向島駅ー向島百花園ー浅草寺ー隅田川遊歩道ー蔵前橋ー横網町公園(震災記念堂)-旧安田庭園ー回向院ー両国駅

  本当ならここで写真をいろいろ載せるところですが、できません。デジカメが行方不明で、ケータイで写真を撮ったのです。私のケータイはカードを使えないタイプで、添付書類にしてパソコンに画像を送るしかないのです。それでいろいろ試してみて写真をパソコンに送ったつもりなのに、画像が送られてないのです。ケータイの中に写真はあるのですが、ここに再現できません。

向島百花園

  古いたたずまいと、自然の草花を生かす感じの良い庭園です。

浅草寺

  混みすぎる。

   外人も浴衣で参拝浅草寺

旧安田庭園

  初めて見ました。美しい庭園です。

回向院

  境内に天女のような彫像があり、それを絵にしたことがある。その絵をYさんが気に入って、何かのマークに使っているらしい。かまいませんね。
  回向院を出ると、後ろから気持ちの良い風がありました。

   街角に回向院より青葉風

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月26日 (土)

扇風機

今日の絵

Img277
      昭和記念公園

少し古い絵

Img279
     棒の峰 2012年12月

扇風機

  昨日、扇風機を出しました。この夏、これまで1度も冷房器具を使っていません。昨日の扇風機が初めての冷房器具です。
  今の冷房の主役はエアコンだけでど、その前は扇風機でした。扇風機の前は、団扇や扇子ですね。
  私の持論なので、ブログにも書いたと思うのですが、今の人は、気温で丁度いいという温度幅が狭くなっていると思う。私が涼しいと思う程度で、多くの人は寒いと言います。ポカポカ陽気と思う程度で、多くの人は暑いと言います。体がエアコンに慣れているのだね。
  こんなものを読んだあなた、「何言ってやがる、呆けやがって。ぼんくら蛙が鈍いだけじゃないか」なんて思うかな? ハハ、そうかもしれない。

気になる俳句

青蛙おのれもペンキ塗りたてか 芥川龍之介

ぼんくら俳句

   原因は加齢ですよと雨蛙
   釘打って老いの自覚の薄暑かな

  2句目は以前の句を推敲して変えたもの。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月25日 (金)

中学のクラス会

今日の絵

Img275
  昭和記念公園 絵を変えようとして、これも試行錯誤のうち。蛙の進む道はこの線かなあ。

少し古い絵

Img276
     狭山湖 2012年12月

クラス会

  新宿で中学時代のクラス会。12名参加。全員81歳だ。
  我々の中学時代は、戦後でまだ貧しく、1クラスのメンバーも多かった。50数名いたと思う。疎開先の田舎の中学校なんか、1クラス70名以上いたと思う。私は中学3年の途中で、疎開から帰ってこのクラスに入った。1年間いなかったんだよね。でも、大きな顔をして参加している。
  あれが死んだ、これが死んだこ、なんて話も出て、この先もクラス会を続けるのかというような話題も出た。まだ12名集まるのだし、一つのテーブルで間に合うくらいまでやろうよ、なんて声もあった。言った奴はどうやら蛙らしい。まあ、続くことにはなりましたね。私が一つのテーブルになるまで生きているかどうかは分かりませんがね。だんだん欠けていくわけです。
  今日来た中には、足腰が相当傷んでいる人もいました。私のその一人だけれど、もっと程度がひどい人達ですね。
  一人酔ってしまって、靴も履けなくなったのがいる。しょうがないから私が面倒を見て靴を履かせましたがね、その間にみんな帰っちゃった。会場は10階で靴を履けなかった彼、エレベーターに9回から乗り込んだ人と意気投合して、カラオケに行くという。そこまでは付き合いきれないから、私は帰りました。
  2-3年前までは、クラス会の終わった後で、喫茶店などに入って、名残を惜しんだものです。今はそれもなくなりました。

気になる俳句

あじさゐや箱根の山のざんざ降り 田中幸兵衛

ぼんくら俳句

   紫陽花や年々欠けるクラス会


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月24日 (木)

忖度

今日の絵

Img273
       昭和記念公園
     絵は試行錯誤中です

少し古い絵

Img274
     狭山湖 2012年12月

似てるなあ

  日大アメリカンフットボールの前監督と、安倍総理、嘘で固めている所が似ている。ともに1強なんだよね。周りは忖度する人だけがいるわけだ。忖度自体は、必要な場合もあるし、良いも悪いも言えない。しかし忖度する人に囲まれたリーダーは、自分を見失う。
  安倍総理は口舌の徒だと思っている。巧言令色少なし仁。

気になる俳句

桑の実や擦り傷絶えぬ膝小僧

ぼんくら俳句

   桑の実を一粒口に風はるか
   山道の茂り恐ろし雨もよい
   山際のここも廃屋草いきれ
   白壁にバラ色の薔薇そよぎおり
   夏列車ひたすら雨の降る方へ
   トンネルを抜けて青葉や又トンネル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月23日 (水)

病院の梯子

今日の絵

Img271
     江戸川橋遊歩道

少し古い絵

Img272
      日之出山 2012年

病院の梯子

宮田内科クリニックへ

  この病院、結構混むんだ。思わぬことに我々ボイラグループの現代表Kaさんに会う。肺炎で入院していたんだって。奥さんも一緒でした。
  1ヶ月のボラ活動をと、今後の予定を話し合う定例会が明日あるのですが、つまらない用事のため私は出席できないという意味の留守電をKaさんの電話に入れていたのだが、kaさんも明日は出席できないという。
  夕方Kuさんに電話。私は元会長、kaさんは現会長、kuさんは前会長。現も元もだらしなくてね、本当は前会長も万全ではないんだ。ボラグループにも消長をはある。我々は消えてゆく運命かな。

  宮田クリニックで意外なことを言われました。血液検査の結果、私はタンパク質が足りていないんだって。気を付けて摂っていたつもりです。でも足りなかったんだね。肉も魚も好きなんですよ。もっと食べてもいいんだ。

  これは本当にたまたまなんだけれど、NHkの「ためしてガッテン」で、物忘れ、認知症の問題を取り上げていた。血糖値が高いと、物忘れが進むんだって。
  私は宮田クリニックでもらった血液の検査票を持ってその番組を見た。血糖値は私は大丈夫だ。でも、物忘れはするよ。今だって、デジカメが出てこないんだ。昨日の夜ブログを書くときはあったのに、何処へも持ち出していないのに、何処を探してもデジカメが無いんだなあ。このところ、こんなことが多いんだ。惚けに近いよねえ。血糖値・・・うーん、それだけでいいのかなあ。

狭山台胃腸科外科へ

  血圧の検査ですね。このところ血圧の変動が激しい。薬を飲まなくてもいいかなという数値が出たり。150幾つという高い数値が出たりします。

気になる俳句

冷し酒世に躓きし膝撫ぜて 小林康治

  前にも紹介したような気がします。

ぼんくら俳句

   日の終わり冷酒に捨てる憂さもあり
   病院の梯子で過ごす夏の雨

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月22日 (火)

昭和記念公園

今日の絵

Img269
        神田川

少し古い絵

      Img270_2
    新聞の写真から 寺島しのぶ?

昭和記念公園

  思わぬことで昭和記念公園へ行った。
  今日は下肢の血栓を溶かすための、血液サラサラの薬をもらいにМクリニックに行くつもりだった。そのついでにA銀行からにお金をおろし、B銀行に入金することにした。マンションの管理費などはB銀行から引き落とされることになっているので、毎年5月に、1年分の管理費を入金している。
  さてB銀行に入金して、Мクリニックに向かおうと思いったら、石心会狭山病院のI先生からМ先生宛に書かれた手紙を忘れていることに気が付いた。
  しょうがない、Мクリニックは明日ということにして、今日はこのままどこかへ行っちゃえ、さしあたり新宿御苑にでも行くかと思って、狭山市駅へ。で最初に来た電車が国分寺行き。よし、行き先を変更しちゃえ、ということで昭和記念公園に行く事になりました。

Dscn8920

Dscn8930

Dscn8949
      泰山木の花?

Dscn8952

Dscn8963

気になる俳句

新潟の初夏はよろしや佐渡も見え 高浜虚子

ぼんくら俳句

   せせらぎに木の橋架かる初夏の風
   やまぼうし太陽に向け照り返す















     


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月21日 (月)

畑・矢来仕上げ

今日の絵

Img267
    江戸川橋遊歩道に接する坂道

少し古い絵

Img268
  場所は忘れたが奥武蔵の山へ行った帰り、日本昔話に出てくるような雰囲気のそば屋がありました。

畑あれこれ

  精傷者作業所「みちくさ」の畑へ。夏大根10数本収穫。2週間前に実がついたトマトが、まだ赤くならない。小さいのも含め、現在4つほど実をつけている。キュウリにも小さい実がついている。ナスはいくつか花をつけている。花と言えば、ジャガイモも花を咲かせている。急成長だ。枝豆も順調。
  今度はサツマイモを植えなくては…。

矢来の仕上げ 吊り看板作り

  午後、矢来の吊り金具を取り付ける。
  標語などを書いて吊り下げる、看板を2枚作る。

  これで七夕の矢来造り、木を使う部分は終わり。紙を貼ったり絵を描いたりは、また別の機会に。

気になる俳句

顔の上蚊の声過ぎし夜明けかな

ぼんくら俳句

   こん畜生シャツの上から蚊に刺され


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月20日 (日)

肥後細川庭園

今日の絵

Img265
  仕上がった後で、ポスターカラーの白で枯草の様なものを描いてみたのですが、わざとらしい絵になりました。

少し古い絵

Img266
  青梅線、御岳駅ホームからの風景

肥後細川庭園

Dscn8858

Dscn8861

Dscn8863

Dscn8897

  有楽町線、江戸川橋から肥後細川庭園へ行ってきました。初めてですが、池を中心にする美しい庭園で、私のお気に入りになりました。どうも私は水のある風景、特に池や湖、川のある風景が好きです。
  園内に永青文庫があり「心のふるさと良寛」展をやっている。5月21日までが壮年期(前期) 5月30日からが晩年(後期)の展示。書が中心ですね。入館料1.000円。高齢者800円。
  江戸川橋駅で下車し、肥後細川庭園までは15分だが、そのほとんどが神田川沿いの遊歩道。市街を通るのとは違って、心が和みます。

Dscn8894  肥後細川庭園の直前に胸突坂を挟んで関川芭蕉庵がある。中には古池やの句碑もあるが、彫が浅くて、写真ではただの石にしか見えないでしょう。
  胸突坂を登って目白通りに出て右に50メートル、講談社野間記念館がある。近代日本画壇の精鋭たちの展示が今日までで、大観や玉堂そのたの絵の展示を見る。
  5月26日から近代日本の洋画の展示があるようです。入館料500円。

気になる俳句

誰も来て仰ぐポプラぞ夏の雲 水原秋櫻子

ぼんくら俳句

   せせらぎや剣劇ごっこに若葉風










| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月19日 (土)

つばさ俳句会

今日の絵

Img263
   石神井公園

少し古い絵

Img264
    智光山公園 2012年

つばさ俳句会定例会

私の投句

 木漏日や母子そろいの夏帽子 0点
 柔らかに山のふくらむ若葉かな 2点
 改装の駅に早くも燕の巣    1点
 雨上がる若葉の奥の美術館  2点
 ふところに村社を抱いて山笑う 0点

私の選句

 耳うとく今囀りの真下かな  美智子
 春の昼玄関灯の点きしまま 弘樹
 戦跡の島を辿るや春疾風  生子
 竹林に透く市庁舎や夏に入る かつ代
 鼻上げて象の欠伸や青葉風 三郎
 新茶注ぐ資料の類い片寄せて かつ代
 機動隊つかみし腕よく洗ふ  洋子
 舟頭の仕事場はここ谷若葉 生子
 いまゆくと言ひ地縛りを抜きし指 京子
 機動隊くらい眼をして辺野古夏 洋子

高得点句

7点句

飯粒が箸先につく燕の子 かつ代

6点句

梅雨鯰父やわらかく帰り来し 美佐子
いまゆくと言ひ地縛りを抜きし指 京子

5点句

老人と莢豌豆の筋を取る 三郎
竹林に透く市庁舎や夏の入る かつよ
新茶注ぐ資料の類い片寄せて かつ代


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月18日 (金)

V連世話人会 古い矢来を解体

今日の絵

Img261
  ぼんやり、ほんわかの絵を描きたいのだけれど、まだ試行錯誤です。

少し古い絵

Img262
        2012年

  こういう絵から変化したいのです。別に悪いわけではないのだけれど、飽きたんですね。

V連世話人会

  ボランティア団体連絡会。終わって、全員で七夕の古い矢来を解体。

気になる俳句

放たれて犬は走獣姫女苑 岡田海市

ぼんくら俳句

   朝市に犬連れて来るヒメジョオン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月17日 (木)

暇人クラブ「日だまり」・野菜泥棒

今日の絵

Img258

少し古い絵

Img259
   新聞の折り込み広告から

暇人グラブ「日だまり」

  日だまりの食事会。少し前に行って、空き缶つぶし。私が貢献できるのは、どこでも肉体労働だけなのです。でも、年取ったからなあ。

野菜泥棒

  ニュースになることは少ないけれど、ちかごろ野菜泥棒が流行っているんだってね。許せないなあ。一年間育てた野菜を、ごっそり盗んでいくんだって。農家にしたら気が抜けちゃうよね。喉の渇きをいやすため1個とか2個とか盗んで食べるのであれば、もちろん悪い事ではあるが可愛げがある。正直に言えば、若い時、私もそのようなことをしたことがある。でもね、育てた野菜をごっそり盗むなんて、単に金銭を盗む泥棒よりも、ずうっと罪が重いと思う。

  私は琴作りの現役のころ。30坪ほど、家庭菜園を借りていた。そこでいろいろな野菜を育てたのだけれど、ある時ヒョウタンを育てた。中で1個、とても格好よく育ったヒョウタンがあって、収穫を楽しみにしていた。ところがその1個を盗ん奴がいるんだよねえ。腹が立ったなあ。たかだか1個でもそうなんだ。育てた野菜をごっそり持って行かれた農家の気持ちを考えると、なんともやるせない。労動の価値なんて、何も考えちゃいないんだろうなあ。お前ら、人間の屑だ。

気になる俳句

汗と涙こもごもこぼし合掌す 石橋秀野

ぼんくら俳句

   缶潰すに汗あり風の欲しき午後 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月16日 (水)

暇な1日

今日の絵

Img256
  ここまで手抜きをしてはね・・・でも、こういうの、自分では嫌いじゃないんだ。

少し古い絵

Img257
  日之出山なんだろうなあ。覚えていません。2012年。

暇な1日ではありますが

  昨日、七夕の矢来造り、明日は狭山台1丁目の老人クラブの「日だまり」。「溜まり」は暇人クラブだけれど、今日はそれにも拘束されない暇人です。
  暇な1日とはいっても、洗濯をして、トイレの掃除をして、というくらいはやっています。

秩父へ

  基本的には今日は暇なのです。洗濯、トイレの掃除のあと、本当の暇になります。で、その暇に絵の材料をを得たいのと、酒を呑みたいのとで、西武電車で秩父へ行く事にしました、
  飯能駅から西武秩父まで、ボックス席の電車が走ります。ボックス席に座り、沿線の風景を楽しみながら酒を呑むというのが私の楽しみ。

  というようなことで、西武電車で秩父へ行ったのですが、何の用事もないわけで、ただ行ってきたというだけのことです。

Dscn8844_2

  これは秩父ではなく稲荷山公園です。緑一色の風景画は描きにくいのですが、描いてみようかな。

気になる俳句

罌粟ひらく髪の先まで寂しきとき 橋本多佳子

ぼんくら俳句

   ぼんやりと若葉の向うの遠き山
   家ごとに橋ある5軒谷若葉
   ひなげしや種まく人のいるらしく
   牧水碑古着屋で買う夏帽子






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月15日 (火)

ふたたび七夕の矢来造り

今日の絵

Img253
   航空公園。この緑は初夏ではなく盛夏ですね。絵のスタイルを変えたいと思っています。今は試行錯誤。もっともっと省略したい。

少し古い絵

     Img254_2
        日之出山

  日之出山には20代のころ登った記憶があります。2012年に登ったなんてことは、思い出すこともできません。登ったらしいんですねえ。
  昔のことは憶えている。新しいことは忘れる…ああ。惚けだ。

七夕の矢来

  七夕の矢来造り、2日目。13日に本体はあらまし作ったのだが、電球をぶら下げるところとか上に吊る器具を取り付けるとか、細かな所がいろいろと残っていた。こういう細かな仕事の方が、時間がかかったりするんだよね。
  本体造りは一人だったが、今日はOさんが手伝ってくれる。今日は12時半から3時で終わり。それでも冷房の部屋で汗をかくし、疲れるよ。そして脚が痛くなるんだよなあ。とくに太ももの後ろ側だ。しゃがんだり、前傾姿勢で作業をするというのは、歩くこととは違う筋肉を使うのだね。

パレスチナの抗議デモ

  アメリカがエルサレムに大使館を移すことで、パレスチナ側の反発が激しい。イスラエルが実弾で攻撃し、多数の死者が出た。
  エルサレムにアメリカの大使館を移せば、血を見るような結果になることは明らかだった。トランプ氏だってそんなことは百も承知のはずだ。それでも強行した。彼にとって、自分のやりたいことのためには、人の命なんてどうでもいいんだね。イランとの問題、地球温暖化の問題、TPO、どれも自分勝手だ。北朝鮮問題については評価するけれど、それだってアメリカ第一主義の顕れ。世界を考えてのことではない。

安倍晋三

  トランプの盟友、安倍晋三。加計学園、森友学園、普通に考えたら黒だけどね。この人も勝手です。「丁寧に説明」というのは口癖のようだったけれど、加計問題でも森友問題でも、丁寧に説明なんかしていないよ。説明できないから逃げるんだね。

気になる俳句

岸若葉日当りて湖のはやてかな 高浜虚子

ぼんくら俳句

   老職人疲れて目をやる若葉かな

  老職人とは今日の私です。   



     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月14日 (月)

発育不良の大根

今日の絵

Img251
   伊藤博文金沢(横浜)別邸

少し古い絵

     Img252
          2012年

「みちくさ」の畑

  精傷者作業所「みちくさ」の畑の夏大根10数本を収穫しました。発育不良のヨレヨレ大根。畑にはあと10本くらい残っている。種を蒔いて、芽が出たばかりのころ、雨のない日が続いて、同じころ撒いたほかの野菜は全滅したが、大根だけは何とか生き延びた。そのせいかな。それとも、肥料が足りなかったのか?

所沢

  次女が所沢に住んでいるので、ときどき所沢へ行く。今日は次女とは関係なく、所沢へ行きました。さいきん、所沢駅は行くたびにようすが違う。駅と駅周辺、ずっと工事が続いている。
  次女の家は東口なのだが、今日は西口へ下車。西口の一番賑やかな通りのすぐ裏に、もと色街だったのではないかと思うような一郭があった。それを思い出し写真を撮りたいと思った。でも、そんなものはとうに無くなってしまったらしい。それはそうだなあ。所沢駅周辺の近頃の変わりようを見ればねえ。
  ほぼ毎朝絵を描くわけだが、絵の材料が不足しがちなんだ。風景画の場合、自分の撮った写真しか使わないからね。今日は、残念、空振り。

気になる俳句

トランプを投げしごと壺の薔薇くづれ 中村草田男

ぼんくら俳句

   薔薇の花来るたび変わる駅のそば
   ムクドリが歩いて逃げる夏芝生
   遊ぶ子の間をツバメ飛び抜ける
   公園のトランペットやエゴの花



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月13日 (日)

七夕の矢来造り

今日の絵

Img249
       彩の森公園

少し古い絵

Img250
    井の頭公園 2012年

矢来造り

  午後、社協の監修室で、七夕の矢来造り。今日は一人。この前失敗しているので、構想を代えて新しく作り出す。順調と言いたいところだけれど、材料が足りず、その分、失敗した材料を流用。やっぱり失敗した材料は使いにくく、苦労する。そ入れでも骨組みは終わった。
  疲れたなあ。
  ヤレヤレではあるけれど、この手の物、骨組みの終わった後の細かい作業、意外に時間がかかるんだよね。見通しはついたけれど、まだ大変なんだ。

気になる俳句

滂沱たる汗のうらなる独り言 中村草田男

ぼんくら俳句

   雨もよい日曜大工で汗ばめば

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月12日 (土)

充電式ドリル

今日の絵

Img247
       智光山公園

  まだ絵の具が乾かないうちに、グルージングをしたので、絵の具が流れてしまいました。

少し古い絵

Img248
  これは模写です。新聞か新聞の折り込み広告にあった鉛筆画を模写したもの。

ついでにもう1枚

Dscn8829
         横瀬町

  昨日水彩画の会で描いた絵。破り捨てたいと思ったのですが、手を加えて修正してみました。水彩画はねえ、一度色を塗ってしまったら、その色を完全に抜くということは出来ないんだ。まあこのくらいまで修正できれば、いいとしなくては。なんだか。いい絵のような気がしてきた。

充電式ドライバー

  ケーヨーDツーで充電式ドライバーを買う。1万5千円あまり。社協の七夕の矢来を作るためだ。矢来造りの後、我が家でも使えるのだから、完全に無駄と云う訳ではないが、痛い出血。
  職人というのも厄介なもので、81歳のこの歳になっても。できないなんて言いたくもない。精傷者作業所「みちくさ」で木工指導をすることになった時、私は2丁の充電式ドライバーを持ち込んだ。そのドライバーは経年劣化で使えなくなった。その後みちくさの費用でドライバーを買ったが、先日、道具を持ち出そうとして「みちくさ」の物置に行ってみると、ドライバーは失くなっていました。あんな所に置いておけば,錆て使えなくなるのだから、その前に持ちだしてくれたということだろう。
  ま、何はともあれ。明日作業をするのだから、ドライバーが無くてはかなわない、ということですね。

気になる俳句

見習いの稚き初夏のメス洗ふ 平畑静塔

ぼんくら俳句

   川越の利き酒どころ初夏の蔵



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月11日 (金)

絵の会

今日の絵

Img245
   秩父市内 描き上げてから、グルージングしています。この絵で使った絵の具を幾つかまぜて、ごく薄く画面全体に塗るのです。

少し古い絵

Img246

垂木を買う

  午前中、昨日と同じOさんの車で、材木を買いに行く。今日はタルキ。大工が建材で使うものだ。昨日買った材料は、釘など打つとすぐ割れて、失敗でした。垂木だと作る矢来が少し重くなるけれど。まあ、何とかなるでしょう。

水彩画の会

  午後、富士見公民館へ。水彩画の会。久しぶりに、破り捨てたい絵を描いてしまった。

気になる俳句

山羊の仔のおどろきやすく草茂る 西本一都

ぼんくら俳句

   耳鳴りに言葉は無くて草茂る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月10日 (木)

老いを知る

今日の絵

Img243
   吾野駅からの風景

少し古い絵

Img244
      仙川公園  2012年

七夕の矢来造り

  Oさんの車での木材を買いに行き、社協の研修室で、七夕の矢来づくり。上手くいきませんねえ。先ず木の選び方を間違えました。そして、私は釘も満足に打てなくなっていました。後日、やり直し。少ししくじったのもあるので、明日また木材を買いに行く事に。

気になる俳句

萍の鍋の中にも咲きにけり 一茶

   萍ーうきくさ

ぼんくら俳句

   釘打って老いの自覚や根無草

       根無草ーうきくさのことです




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 9日 (水)

刈り込みばさみを研ぐ

今日の絵はありません

少し古い絵

Img242
   新聞の写真から描いたと思います。人物は誰か分かりません。  2012年。

刈り込みばさみを研ぐ

  「みちくさ」の大家さんが、刈り込みばさみを研いでほしいというので、精傷者作業所「みちくさ」へ。大家さんは植木屋のセミプロです。しかしはさみを研ぐのは上手ではない。だいぶ傷んでいて、研ぐのに時間もかかり、苦労しました。刃の裏は平でなければならないのに丸くなっているし、これは完全には治らない。それでも前よりは切れるようになっていると思う。
  私のことの親方が言っていたなあ。素人のカンナは、「ちょいと研いでくれ」と言われたって、「ちょいとじゃ、ありゃあしない」。普段手入れをしていないか、手入れの仕方を間違っていたりするからね。

気になる俳句

十薬や石五つ積み湯女の墓 池内友次郎

      十薬ーどくだみ

ぼんくら俳句

   十薬や廃校だとは知らぬ気に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 8日 (火)

何はともあれ1万歩

今日の絵

Img240

少し古い絵

Img241
 これはトマトではありません 2012年

1万歩

  陽気さえよければ、歩るくのが好きである。1週間のうち、1万歩前後歩くのが2、3回くらい。1ヶ月のうち2万歩以上が2,3回。2か月に1回くらいは3万歩以上というのが現在のペース。
  ただね、いつも同じところを歩くのでは飽きてしまう。だからよくあちこちに出かける。出かけると交通費がかかるのが問題なんだけどね。
  今日は秩父へ行きました。秩父市内で1万歩。そのほか、今日の歩数は13.500歩くらい。

Dscn8819

  去年か一昨年「スーパー矢尾」の裏に、おとぎの国の家みたいのを作っている人がいて、思い出して行ってみたら露天の花屋がありました。作っていた家は左手にありますね。
  矢尾は、昔は造り酒屋だったらしく、その建物は残っています。その後「矢尾百貨店」になっていたのですが、今はスーパーです。
おとぎの家を作っていた人は、おそらくスーパーのオーナー。
  花屋をやっているのは、この写真の右に居る青い服の女性。

      Dscn8825_2

  西武戦沿線には山羊を飼っている駅があります。その山羊が今日は自分の家に入っていました。

気になる俳句

書庫暗し外は青葉の雨ながす 八幡城太郎

ぼんくら俳句

   疵武甲隠して激し夏の雨





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 7日 (月)

欠き菜は今日7で収穫終わり

今日の絵

Img237
       横瀬町の川

少し古い絵

Img238
    蚕糸の森公園 2012年

「みちくさ」の畑

  精傷者作業所「みちくさ」の畑。欠き菜は今日で収穫終わり。苗を抜き去りました。夏大根、キュウリ、ナス、トマト、枝豆は順調に育っています。

気になる俳句

夏大根かりりと噛んで浅酌す 栗生純夫

  私だったら深酌になっちゃうよ。

ぼんくら俳句

   夏大根土の乾きに首を出し 




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 6日 (日)

車椅子と仲間の会

今日の絵

Img235
        横瀬町の川

少し古い絵

Img236
     蚕糸の森公園 2012年

  環7と青梅街道の交差点にあります。昔、蚕糸試験場と呼ばれていたところで、その頃は中に入るなんてことは出来ませんでした。今では良い公園になっています。前の東京オリンピックのころ、私はこの近くに住んでいました。

車椅子と仲間の会

  午後、車いすと仲間の会に行く。
  午前中に図書館に行き、読み終えた本を返し(5冊)、新しく本を借りる(5冊)。車いすと仲間の会が終わった後、ヤマダ電機でパソコンのインクを買って、ベルクで削り節やだしの素を買う。ほかに書くことは無いなあ。

気になる俳句

鉄線のどの蔓がどの花の蔓 窪田鱒多路

ぼんくら俳句

    鉄線花舗道に落とす影しるき

  



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 5日 (土)

高麗の里散策

今日の絵

Img233
      称名寺(金沢文庫)

少し古い絵

Img234
     中津川渓谷 2012年

高麗の里

  高麗の里を散策しました。高麗川駅ー野々宮神社―出世橋―高麗神社―高麗家住宅―聖天院―巾着田ー高麗石器時代住居跡などです。

Dscn8764
      野々宮神社

Dscn8771
  高麗家住宅。高麗神社のすぐ裏にある。でも、来る人は少ない。

Dscn8772_2
  なんじゃもんじゃの木だそうです。今の季節に白い花が咲くのですね。高麗神社と高麗住宅の境目にあります。強いて言えば高麗家住宅の方かな。

Dscn8774
       聖天院遠望

  聖天院、何時もは外から見るだけ。今日は300円の拝観料を払って境内に入る。

Dscn8782
       聖天院本堂

Dscn8797

Dscn8802_2

  なに、これ。巾着田の河川敷きはこの状態。こんなに混んでいる所でバーベキューやったり、水遊びしたりするの?気違いじみているね。もう少しすいている所が他にもあるのに、なんで皆おんなじ所でやりたがるのだろう。
  コンビニで買ったおにぎりを、河川敷で食べるつもりだったが巾着田の樹陰で食べることに変更。

気になる俳句

初夏や蝶に眼やれば近き山 原石鼎

  暦の上では今日「立夏」。今年の場合は納得できる。でもね、8月7日が立秋だよ。まだ来ていないから断言は控えるけれど、涼しくなるとは思えない。

ぼんくら俳句

   初夏の雲ふんわり浮かべ日和田山
   大木のどの樹陰にも人休む

  私も大木の樹陰でおにぎりをお握りをたべました。















| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 4日 (金)

武甲温泉

今日の絵

Img231
   金沢八景の称名寺の絵を描こうとしたのですが、とても起床から朝食までの間では描けない。二日がかりになる。

少し古い絵

Img232

  2体の人形は、狭山市のボランティアグループが行う「みちくさバザー」で買ったもの。私がボランティアをしている、精傷者作業所「みちくさ」とは関係ありません。前の瓶は果実酒用の瓶で、この時漬けていたのはカリンだったと思います。 2012年。

武甲温泉

  西武戦横瀬駅では普段より降車する人が多い。芝桜を見るため羊山公園に行く人たちだ。今年は芝桜には少し遅いと思うよ。何とか間に合っているのかなあ。
  皆さんは左に行くのに、私は駅前の道をまっすぐ進み、武甲温泉に向かう。温泉に向かうのですが、私は横瀬あたりのみどり・・・青葉若葉の風景を写真に撮りたいというのが、本当の気持ち。それを絵にしたいというわけですね。
  武甲温泉のわきを流れる川、そのほんの少し上流に、横瀬町の子供が水遊びをする場所があるのです。まずそこへ行ってみました。で、何枚か写真を撮りましたが、どれも絵にしたいような気がします。ブログに載せる写真は1枚にしておきます。何枚かは絵を描いてブログに載せることにはるでしょう。

  日帰り温泉でも、入浴料がいつも同じところと、日曜祭日は高くするところがある。武甲の湯はそれが激しい。今日はゴールデンウィークの特別料金でした。予定外です。
  それでも混んでいました。温泉の前で鯉のぼり祭りをやっていたせいもあるのでしょう。

Dscn8735_2

Dscn8742
    緑の中に家があります

Dscn8749

気になる俳句

行者みちと杣みちは別著莪の花 塙義子

  杣(そま) きこり。著莪(しゃが)

ぼんくら俳句

   ローカル駅に3分停車シャガの花
   イベントに出されて庭の鯉のぼり
   だらだらと吊るされている鯉のぼり




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 3日 (木)

包丁研ぎ

今日の絵

Img229

少し古い絵

Img230_3
     河口湖周辺 2012年

包丁研ぎ

  暇人クラブ「日だまり」。今回から第一木曜日には、無料で包丁研ぎをすることにしました。包丁はバラバラに持ってくるので、まとめて何本と数えたわけでは無いけれど、10丁を超える包丁を研いだと思います。
  「包丁研ぐよ」と言ったのに、誰も持ってこなかたら、気が抜けちゃうからね。10丁前後ならちょうどいいや。マージャンや碁をやる余裕はありました。

気になる俳句

古盆の灰で手習ふ寒さ哉 一茶
もったいなや昼寝して聞く田うへ唄 一茶

  小林一茶の時代、貧乏人の子供は、盆に薄く灰を置いて指で「いろは」を書き、字を覚えたのですね。
  一茶は江戸にいたころ、長屋の貧乏俳諧師。正業にもつかず昼寝しながら田を植える人の唄を聞いている。その後ろめたさ。

ぼんくら俳句

   包丁研ぐ集会場にシャガの花


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 2日 (水)

書くことが無いよ

今日の絵

Img227
       彩の森公園

少し古い絵

Img228
  宮沢湖 2012年。今はムーミンの公園にするため工事中で、宮沢湖の周りには近づけない。

石神井公園

  暇なので石神井公園に出かけました。絵の材料になるような写真をいくつか撮りました。

Dscn8729

気になる俳句

夏帽や職場の友は職場きり 安住 敦

ぼんくら俳句

   夏帽子ゆっくり歩く遊歩道



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 1日 (火)

夏大根の間引き

今日の絵

Img225
     智光山公園

少し古い絵

    Img226
  おやおや、私の1番下の孫です。6年前はこんなだったのか。2012年。

みちくさの畑

  昨日行けなかったので、精傷者作業所みちくさの畑へ。欠き菜の収穫。ジャガイモの芽欠き。夏大根、最後の間引き。大きくなりすぎて間引き菜としては売れない。しかし葉っぱはまだ柔らかいし、細かく刻んで、少しの塩でもめば、生でも旨い。
  袋に小分けにして、スタッフやメンバーさんで、好きな人に持ち帰ってもらうことにする。

気になる俳句

桑の実や擦り傷絶えぬ膝小僧 上田語千石

ぼんくら俳句

   桑の実を一粒食って偲ぶこと



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »