« 金沢の旅(2) | トップページ | 一体何なんだ »

2018年2月17日 (土)

つばさ俳句会、2月定例会

今日の絵

Img016
 兼六園 雪道を整備する作務衣の人

少し古い絵

Img017
  小鹿野町両神地区 2012年9月

スケッチ練習帳

Img018
    摸写 平山郁夫 2009年

つばさ俳句会、二月定例例会

私の投句

 水涸れの川に木の橋水仙花 2点
   「水涸れの川に木の橋は良い。水仙花でぶち壊し」の声あり。
 橋げたの下から覗く雪の嶺  1点
 首振って鳩歩きおり雪の上  1点
 寄せられて雪は凍てたり道の端 0点
 五つ六つ校庭に名残の雪だるま 1点

   つまりさんざんな成績でdすな。このところいつも、こんなものです。

高得点句

7点

老いながら大根すぱすぱ輪切りにす 美智子

6点

青空の真ん中が濃し根白草  三郎
初雪や七味の残る椀の底  綾子

5点

名残の雪や網棚のテニスラケット 美佐子
トラックに電柱積まれ日脚伸ぶ 三郎
初日だってスロージョギングではないか 柳二
痩せたがる娘の笑う桃畑  美佐子
惜春や大きめのベビー服を選り  かつ代
蔵を出て埃を払う寒の明け  トリ

4点

梅便り才女の姉のトリ誤字二つ トリ

  ○

羽生と羽生

  オリンピックで羽生選手がフリースケートで2連覇。
  将棋で中学生の藤井5段が羽生永世7冠に勝つ。さらに決勝に進みその棋戦で優勝。6段になるんだって。オリンピックが無かったら、こっちの話題で大変なはずだよね。 
  




|

« 金沢の旅(2) | トップページ | 一体何なんだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: つばさ俳句会、2月定例会:

« 金沢の旅(2) | トップページ | 一体何なんだ »