« 季語について | トップページ | やっと真夏日 »

2017年8月21日 (月)

眼鏡を掛けずに眼鏡を描く

今日の絵

Img717_2
  現在愛用している眼鏡です。眼鏡を、眼鏡なしで描いてみようなんて、変なことを思いつき、描いてみました。
  ほかの眼鏡がないわけではないのに、無理して裸眼で描いたから、こんな絵だって苦労しました。老眼で、白内障も進んでいますからね。

「みちくさ」の畑

  精傷者作業所「ショップみちくさ」の畑へ。収穫はナスとオクラとインゲン。ほんの少しづつ。今年は雨の欲しい時に雨は降らず、日光が欲しい時には雨ばかり。畑にとってはさんざんだよ。

気になる俳句

凧きのふの空のありどころ 蕪村

  「凧」は「イカノボリ」と読んでね。「タコ」のことです。漢字の使い方、かなの使い方、違うかもしれません。あやふやな記憶で書いています。インターネットで調べればすぐ分かるのだろうけれども、改めて調べようなどと言う気はないのです。

  ネット上に流れる情報なんてものは、私程度の人間が、いい加減な気持ちで流している場合も多いのです。無暗に信じてはいけません。私の書くものもね・・・ハハ。

ぼんくら俳句

   噴水の昨日と同じ高さまで
     やっぱり蕪村の句の方がいいなあ。
   噴水へ母が手を引き近づける
   せせらぎへ子が手を引いて近づける
   ミンミンや母が仕掛けて子も走る



 

|

« 季語について | トップページ | やっと真夏日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 眼鏡を掛けずに眼鏡を描く:

« 季語について | トップページ | やっと真夏日 »