« 何事もない | トップページ | 季語について »

2017年8月19日 (土)

能登の絵

少し古い絵

Img714
  昨日に引き続き能登半島の海。2012年2月

  その日は埼玉から観光バスで行ったのですが、山脈を越えて横断したせいか、まことの変わりやすい天気でした。晴れ、曇り、雨、小雪、あられ、強風もあったしね。無かったのは雹くらい。その日こんな俳句を作りました。

   変わりやすき天気の果ての夜の月

囲碁の会

  今日やったことといえば、囲碁の会に行ったことくらいかな。午後は雷雨になるかもしれないというから、傘を持って出かけたが、帰りはカンカン照りで、雨傘を日傘にして帰りました。、その後、空模様は変わりましたがね。

気になる俳句

立葵咲き終りたる高さかな 高野素十

ぼんくら俳句

   碁を打ちに行けば高みに立葵

  我が家の近くに貸し農園がある。それは坂の途中にあって我が家からは登りになる。そのい道端に毎年たちあおいが植えられる。立葵の花は下から咲き出して、天辺まで上り詰めて終わるんですね。

|

« 何事もない | トップページ | 季語について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 能登の絵:

« 何事もない | トップページ | 季語について »