« 梅雨寒 | トップページ | 肉体労働 »

2017年6月14日 (水)

子守歌

今日の絵

Img631
  写真は私が撮ったものですが、3枚の写真を組み合わせて描きました。そのせいかなあ、臨場感ないね。

柳田国男採集の子守歌

  親のない児は入日を拝む
  親は入日のまん中に

  『デクノボーになりたい…私の宮沢賢治』山折哲雄・著のなかに、この子守歌があった。筑摩書房・現代日本文学全集の『柳田国男集』を本棚から引っ張り出し、探してみたが、そこからは見つからない。しかし、いい子守歌ですね。

気になる俳句

囀りをこぼさじと抱く大樹かな 星野立子

ぼんくら俳句

  新緑の下を自転車漕いでゆく
  鳥のさえずる樹ありその樹尊し
  緑陰や木刀持って歩く人
  緑陰にジョギングをする遠い影

    春の季語も夏の季語もあります。

|

« 梅雨寒 | トップページ | 肉体労働 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/70862796

この記事へのトラックバック一覧です: 子守歌:

« 梅雨寒 | トップページ | 肉体労働 »