« 春爛漫 | トップページ | 高麗を徘徊 »

2017年4月15日 (土)

ついばさ俳句会

今日の絵

Dscn5348

 天岑寺(狭山市)山門

つばさ俳句会定例会

高得点句

7点句

永き日や木椅子に足を組みかえて 白土令子

6点句

ビル街の小さな寺の桜かな  斉藤京子
あたたかや雀の歩く瓦屋根  桑原三郎

5点句

春夕焼車窓見る子の靴脱がせ 大川原弘樹
茎立や猫に風格出てきたる  前田美智子
踏み減りの石段に水散るさくら 桑原三郎

4点句

野いちごや耐水ペーパーにしずく 斉藤京子
鉛筆を挟むマップや鳥帰る   横山かつ代
卒業生遊ぶ約束しておりぬ   横山かつ代
豆の花余生は明るいあきらめも 小野綾子

私の投句

しゃぼん玉吹くこ走る子泣いてる子 2点
日本酒に目刺しを添えて春炬燵  0点
辛夷とは咲いてるときだけ見る樹です 1点
廃校ときまりし校舎卒業す     2点
花に鳥シャッターチャンスが掴めない 1点

 ま、さんざんですね。

私の選句

春夕焼ショアそう見る子の靴脱がせ 大川原弘樹
鉛筆を挟むまっぷや鳥帰る  横山かつ代
気がつけばまた倒れゐる髪の雛 長谷川浩子
光りつつくずれつつ行く花筏  桑原三郎
花冷えの夜の厨の怒声かな   大川原弘樹
鳴くまでは蝌蚪と言はれて過ごしけり 今坂柳二
あたたかや雀の歩く瓦屋根  桑原三郎
ビル街の小さな寺の桜かな  斉藤京子
豆の花余生は明るいあきらめも 小野綾子
茎立や猫は風格出てきたる  前田美智子


|

« 春爛漫 | トップページ | 高麗を徘徊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/70271103

この記事へのトラックバック一覧です: ついばさ俳句会:

« 春爛漫 | トップページ | 高麗を徘徊 »