« 長瀞 | トップページ | 知らぬが仏 »

2017年4月20日 (木)

静脈血栓症

今日の絵

Img567

 絵の場所は長瀞です

静脈血栓

狭山台胃腸科外科へ。血圧と、足のむくみを診てもらう。「足は何時から?」「一ヶ月くらい前からです」「静脈の血栓症です。もっと早く来なければ・・・」「そうですか・・・」「埼玉石心会病院に予約を取っておきますから、行ってください」「今日ですか?」「そう、もたもたしないで、すぐ行ってください」

慌てて自転車で石心会病院へ行きました。気分はまだのんびりしたものです。受付で手続きをして名前を呼ばれたら、車いすに乗せられました。「歩けます」「万一がありますから車いすに乗ってもらいます」。おやおや、大変なことになったなあ。

その後は検査検査の繰り返し。診療費明細書に書かれた検査項目、※のついているものだけで22.。CTとか、心電図、超音波検査等々。

それぞれの部屋にも、すべて車椅子の移動。そして終わりごろには、安静が必要と言う理由で車椅子ではなく、搬送車(違ういいかたがあると思うが、名前を知らない)で、寝たままの移動になった。

雰囲気は、即入院だね。病室に入れられて、担当の看護婦があいさつに来た。そして、連絡先など聞かれる。

ちょいと行って、すぐ帰るつもりで来たのに、まいったもんだねえ。おしっこが出たくなって、看護師コールで呼んだら尿瓶を渡されちゃった。尿瓶なんて使ったことはない。なかなか落ち着いてできなかったね。

そに後、脳外科か内科か、とにかく脳の先生が来て、血栓はもう動かない時期に入っているから、入院しなくてもいい。溶かす薬を飲んでくださいということで、ほっとしたなあ。

朝絵を描くときに、布団の上に胡坐をかいて、その上に枕を置き、枕の上にひろげた新聞紙と画板を置く。さらにスケッチブックを置いて描くわけだが、足がしびれたりすることはよくあった。それがいけないらしい。エコノミー症候群だね。

明日から朝の絵はどうするかなあ。

気になる俳句

永き日のにはとり柵を越えにけり 芝不器男

ぼんくら俳句

  病院の検査検査で日の永き

|

« 長瀞 | トップページ | 知らぬが仏 »

コメント

石心会へ通院する場合、送迎しますから、遠慮なく申し付けて
下さい。

投稿: みずたに | 2017年4月20日 (木) 21時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/70321776

この記事へのトラックバック一覧です: 静脈血栓症:

« 長瀞 | トップページ | 知らぬが仏 »