« また飛んじゃった | トップページ | 膝の水 »

2017年2月14日 (火)

井の頭公園

今日の絵

Img497_2
 秩父市内 入口みたいに見えるのはおそらく最近作られたもの。元の建物は、黄色味をおびた茶色の壁で、窓のいない、極めて長い建物。長い建物の切妻の屋根の下に、杉の葉のボールがぶら下がっている。つまり昔は造り酒屋だったということ。

  実はこのブログ、書くのが3回目です。書いている途中で、すべてがパッと消えちゃうんです。この3回目が消えなきゃいいんですけれどね。

井の頭公園

  ほぼ毎日絵を描いたりしていると、絵の材料がなくなってくるのです。その材料を求めて、というか、もともと出歩くことが好きだから、用がない時は、ひょいっと出かけたくなる。いつも同じところではつまらないので、今日は井の頭公園。
  井の頭公園は中学3年で東京へ出てきて、初めて友達と行った行楽地です。私にとっては郷愁の地ということかな。その後行ったのが昇仙峡で、この二つが中学3年の時に行った思い出の地ということになります。

Dscn4688

Dscn4702

Dscn4726

  どういうものか、私は水のある風景が好きです。川とか池とか湖とか、いくらか閉ざされた湿潤な風景に郷愁を感じるのです。
  水のある風景とは言っても、それは海ではないのです。私の性格の奥に、じめじめしたところがあるのかなあ。

朝食

  私は、栄養のバランスを考えて真面目にとる食事は朝食だけです。昼はあるもので適当にとるし、夜は飲むほうが主になります。ときどき朝食の写真を載せましたが、今日は失敗例を載せましょう。

Dscn4680

  ミックスベジタブルを焚き込んだ粥。切り干し大根(赤いのも)とカットわかめの酢の物。鰤の照り焼き。これが失敗ですね。電子レンジだけでおかずを作ることに凝っていますが、温めているときにぶりが爆発してしまいました。切り身に穴をあけておかなくてはならなかったのに、それをしなかったので鰤が破裂してしまいました。味は良かったよ。

気になる俳句

一放馬わけなく駆けり芽吹く 村田青麦

ぼんくら俳句

   木々芽吹くスワンボートののどかさに

  「芽吹く」は春の季語。「のどか」も春の季語。季重なりなんて言わないでね。この句の場合は「芽吹く」が季語です。

|

« また飛んじゃった | トップページ | 膝の水 »

コメント

お魚は、焼き魚でも食べる直前に温めるつもりが、
少し長時間レンジかけると爆発しますね。
私も良くやってます。
なぜでしょう?
主人は、いつもそのまま、後の掃除しないので
ばればれで、私の怒りを駆ってます。(^-^)

投稿: isoji | 2017年2月15日 (水) 11時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/69601670

この記事へのトラックバック一覧です: 井の頭公園:

« また飛んじゃった | トップページ | 膝の水 »