« つばさ俳句会、2月定例会 | トップページ | 嘆くことばかり »

2017年2月20日 (月)

ジャガイモを植える

今日の絵

Img503
 今日は、こんな絵で胡麻化しておきます。

ジャガイモを植える

 精傷者作業所「みちくさ」の畑に、ジャガイモを植える。近頃はジャガイモの種類も多いけれど、昔からある「男爵」を植える。私個人の好みとしても食べるなら、「男爵」が好きです。
 ジャガイモは馬鈴薯とも言いますが、私の田舎ではニドイモと言っていました。成長が早いので、1年に2度取ることができるという意味でした。サンドイモという土地もあるとは、叔父が教えてくれたこと。私の田舎は雪が深いから、3度は無理だったんですね。飢饉のときの救荒食品として、2度、3度という言い方をしたのではないかという気がします。
 そういえば田舎の方言で、エンドウ豆のことをヨサク豆といいました。これは、4度咲かせることができる、という意味でしょうね。つまり
4度収穫ができるということ。

気になる俳句

富む家にとりかこまれて住めり冬 林翔

ぼんくら俳句

   冬の風呂他家の電話のベルが鳴る




|

« つばさ俳句会、2月定例会 | トップページ | 嘆くことばかり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/69669661

この記事へのトラックバック一覧です: ジャガイモを植える:

« つばさ俳句会、2月定例会 | トップページ | 嘆くことばかり »