« 2017年1月 | トップページ

2017年2月19日 (日)

つばさ俳句会、2月定例会

今日の絵

Img502
  手抜きのひどい絵だけれどね、秩父市の「牧水の里」とかいう小さな公園です。

つばさ俳句会、2月、報告

6点句

縁側はこの世の果てか牡丹雪 桑原三郎
逃げてきたやうな足跡草青む 桑原三郎

5点句

気がかりな気象予報や葱を焼く 田中一進
包帯に指の先出て受験生   桑原三郎
菜の花に芥子の利きし誕生日 長谷川浩子
寒風を来てカキフライ頼みけり かえる

4点句

おのずから顔に手のゆく寒晒 斉藤京子
白息の未明の点呼始まれり 大川原弘樹
テーブルの角直角に寒波来る 長谷川浩子
魚は氷に榛名神社は崖を負う 小野綾子
ぎくしゃくとなびく国旗や余寒晴 横山かつ代

かえるの投句

5点句の「寒風を来て」以外には

  冬うららよたよた犬とお婆さん 3点
  離れ凧静かに落ちる夕日中  1点
  枯芝生主役は走る二人の子  0点
  雪嶺へ飛行機雲が伸びて行く 2点

かえるの選句

PCの勤怠管理隙間風  大川原弘樹
入院の所持品に名花こぶし 小野綾子
万両や祢宜の鼻緒の白くさえ 白土令子
白息の未明の点呼始まれり 大川原弘樹
連なって自転車走る冬の空 渋谷みつ子
テーブルの角直角に寒波来る 長谷川浩子
広き田に人影も無い冬休み 田中一進
菜の花に芥子の利きし誕生日 長谷川浩子
湯を差してカップラーメン春立ちぬ 前田美智子
逃げてきたやうな足跡草青む 桑原三郎

「つばさ」のこれから

  「つばさ」代表の今坂柳二の体調がすぐれず、解散したいという発言あり。「つばさ」には、桑原三郎という指導者もいて、桑原先生は来月以降も来てくれるという。桑原先生は「犀」の代表でもあって
「犀狭山支部」ということでどうかと思ったのだが、諸種の事情でそれも難しいという。
  現在の会員でこれからも続けたいという考えでは、皆一致している。桑原先生は引き続き指導に来てくれるということなので、これからの在り方、名称その他、次回に話し合いましょうということで散会。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月18日 (土)

自己責任

今日の絵

Img501
  井の頭公園です 

自己責任

  だいぶ前から自己責任と言う言葉が、よく使われるようになった。だが、この言葉の使い方、少しおかしいんじゃないの、という気が私はする。
  例えば、就職の最初に失敗して、不正規社員になって、いつまでたってもそこから抜け出せないなどという場合、自己責任だと言って、責められる。例えば、ちゃんとした会社に就職したのに、仕事が合わないか、失敗したか、体調を崩したとかで退職し、あとは不正規社員にしかなれないなんて言うのは、本当に自己責任として責められなければんばらないのだろうか。
  長い人生の中で、誰だって1回や2回は失敗するよ。若いうちは考えの足りないところもある(私なんか老人になっても、考えの足りないことばかりだけれどね)。その失敗を、取り返しのつかないものにするのは、社会の方が間違っているのじゃないのかな。
  なんでも自己責任だなっていうのは、社会や政治の側の、責任転嫁ではないのか。

午前、碁の会。

気になる俳句

胎中の胎児三寒四温越ゆ 清水基吉

ぼんくら俳句

   郵便夫三寒四温の風うねる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月17日 (金)

無理やり描いて、無理やり書くよ

今日の絵

Img500
   入間川です

  「今日の絵」は朝飯前に描くのが通例ですが、「今日」の絵は朝食後に描きました。どうしたことか、今朝目覚めたのが8時過ぎでした。春眠暁を覚えず、だなあ。春眠・・・そういえば、今日は春一番が吹きました。

  午後、V連(ボラんテイア団体連絡会)の役員会。

気になる俳句

春一番人犬鶏田に出でぬ 秋沢 猛

ぼんくら俳句

   4階のベランダまでも春一番

  例によって苦し紛れの俳句です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月16日 (木)

なんもないよ

今日の絵

Img499
  秩父市荒川の河川敷から見た風景です

  狭山台1丁目暇人クラブ、碁、将棋などやりました。

気になる俳句

咳もまたわがものなれや死ぬるまで 杉山岳陽

ぼんくら俳句

  咳一つ待合室の長廊下

 何か前に書いたような気がするけれど、まあ、今日はこんなものです。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうでも良いけれど絵も俳句もかく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月15日 (水)

膝の水

今日の絵

Img498
  西武線の車中 説明は要らないや

入間川病院

  膝を診てもらうため、入間川病院整形外科へ。膝の水を抜いたが、なぜか先生の判断でヒアルロンサンの注射は無し。まあいいか。

入間川の散歩

  病院から入間川河川敷に直行。近頃テレビで、各地の河津桜の映像が流される。それで、入間川の河川敷き、ごみの焼却場の裏にある河津桜はどうだろうかと気になったのである。結果はまだでした。

Dscn4741

Dscn4733

Dscn4745
  なんとタヌキの死骸を発見。

気になる俳句

のどかさに寝てしまひけり草の上 松根東洋城

ぼんくら俳句

 のどかさやホームレスの小屋に猫が寄る
 イヌフグリ狸の死骸載せている





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月14日 (火)

井の頭公園

今日の絵

Img497_2
 秩父市内 入口みたいに見えるのはおそらく最近作られたもの。元の建物は、黄色味をおびた茶色の壁で、窓のいない、極めて長い建物。長い建物の切妻の屋根の下に、杉の葉のボールがぶら下がっている。つまり昔は造り酒屋だったということ。

  実はこのブログ、書くのが3回目です。書いている途中で、すべてがパッと消えちゃうんです。この3回目が消えなきゃいいんですけれどね。

井の頭公園

  ほぼ毎日絵を描いたりしていると、絵の材料がなくなってくるのです。その材料を求めて、というか、もともと出歩くことが好きだから、用がない時は、ひょいっと出かけたくなる。いつも同じところではつまらないので、今日は井の頭公園。
  井の頭公園は中学3年で東京へ出てきて、初めて友達と行った行楽地です。私にとっては郷愁の地ということかな。その後行ったのが昇仙峡で、この二つが中学3年の時に行った思い出の地ということになります。

Dscn4688

Dscn4702

Dscn4726

  どういうものか、私は水のある風景が好きです。川とか池とか湖とか、いくらか閉ざされた湿潤な風景に郷愁を感じるのです。
  水のある風景とは言っても、それは海ではないのです。私の性格の奥に、じめじめしたところがあるのかなあ。

朝食

  私は、栄養のバランスを考えて真面目にとる食事は朝食だけです。昼はあるもので適当にとるし、夜は飲むほうが主になります。ときどき朝食の写真を載せましたが、今日は失敗例を載せましょう。

Dscn4680

  ミックスベジタブルを焚き込んだ粥。切り干し大根(赤いのも)とカットわかめの酢の物。鰤の照り焼き。これが失敗ですね。電子レンジだけでおかずを作ることに凝っていますが、温めているときにぶりが爆発してしまいました。切り身に穴をあけておかなくてはならなかったのに、それをしなかったので鰤が破裂してしまいました。味は良かったよ。

気になる俳句

一放馬わけなく駆けり芽吹く 村田青麦

ぼんくら俳句

   木々芽吹くスワンボートののどかさに

  「芽吹く」は春の季語。「のどか」も春の季語。季重なりなんて言わないでね。この句の場合は「芽吹く」が季語です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年2月13日 (月)

また飛んじゃった

Img496_3

 秩父市内 

  例によっていきなりブログが消えました。そればかりではなく、インターネットエクスプレスが開けなくなりました。このブログをかろうじて出すことができたけれど、字もご覧のように小さくなってしまいました。

  マウスは電池式のでやっていましたが、コードでつなぐマウスの方が飛んだりしないというアドバイスを受けて、コード付きのマウスを使っていました。で、いきなり飛んでしまった。そしてインターネットエクスプレスを開のコマンドが、どこかに消えてしまいました。

気になる俳句

くずれ終へし波のいのちや春の風 鈴木真砂女

ぼんくら俳句

   せせらぎにさざ波寄せる春の風

このブログを書いた後、インターネットを開くことができるようになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月12日 (日)

車椅子と仲間の会新年会

少し古い絵

Img495

 たまにはこんな絵も 2011年8月

車椅子と仲間の会、新年会

  今さら新年会という感じだが、とにかく新年会。会場は新狭山ホテル。会費3500円。会でいくらか負担しているんだよね。料理は結構なもので、年寄りには食いきれないくらいでした。 
  ここでもボラでは私が最高齢みたい。近頃そういうところが増えたなあ。この歳まで健康でボランティアなんて暢気なことをやっていられるなんて、感謝しなくちゃ。八百八病なんて言うけれど、数ある病気をかき分けて、ありがたいことに、まだ致命的な病気には遭ってないんだ。
  ここまできたら老衰がいいなあ。そう都合よくいけばだけれど。

気になる俳句

山火事と紛ふ煙れる杉花粉 小川知子

ぼんくら俳句

   杉花粉母校はとうに廃校に


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月11日 (土)

芦ヶ久保の氷柱、他

今日の絵

Img494
 入間川河川敷です

芦ヶ久保の氷柱

  秩父の街を散歩するつもりで出かけたけれど、ちょいと気が向いて、芦ヶ久保で途中下車。予定にはなかったが氷柱見物。人工的に作った氷柱で、大して面白みはないんだけどね。見るだけ見ましょうということ。入場料200円だけれど、甘酒のサービスがあるから、まあいいか。

Dscn4642

Dscn4649_2

Dscn4652
  秩父市のスーパー矢尾の裏。元酒蔵(左)があって、その周り、風情があるのです。右奥に脚立が見えるのですが、小さな建物の屋根をいじってる人がいました。なんとなく無駄話をして、最後には「また来なさい」なんて言われちゃった。

Dscn4655
  これは元機屋(織物)ですね

気になる俳句

巌つららぽつんと折れて柩通す 岩田稚魚

ぼんくら俳句

   茶色濃き花粉抱えて山の杉








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月10日 (金)

天下り

今日の絵

Dscn4632

 水彩画の会で描いた絵。昨日の絵は、入間川の河川敷きであけぼの公園(ムーミンの公園)から降りてきたところ、だった。今日の絵もその近くです。飯能の能仁寺の絵を描いた時、「私の娘の連れ合いは能仁寺の住職だ」といった人が、この絵の場所を「あぎ河原」だという。「小学校の時、遠足で行った」んだってさ。

天下り

 文部科学省の天下りが問題になっているけれど、我々庶民としては、文部省だけではないんでしょう? と思ってしまうんですね。
 いつか話を聞いたた人。高校から現役で東大に入り、東大から大蔵省に入り、最後は天下りして、何の仕事もない理事として7年間過ごしたそうだ。それを、自慢話としてするんですよね。
 その下に普通の仕事をする職員がいて、その職員と同じ仕事をしながら、何年いても、ボーナスなし、昇給なしの安い給料で働く不正規職員がいて・・・てなことに世の中はなっているのですよね。

気になる俳句

枝の間に宵の明星初ざくら 稲葉澄江

ぼんくら俳句

   満開の河津桜に雪の富士 




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 9日 (木)

とにかく何か書く

今日の絵

Img493
  入間川の河川敷きですが、この水は入間川ではなく 河川敷の沼の水。まあ、入間川に連なる水ではありますが・・・。近くの武蔵丘陵にムーミンの「あけぼの公園」(飯能市)があって、そこから入間川の方に降りてくると、こんな風景に出会います。

ほかは何にもいない

  あとは暇人クラブ(ひだまり…なんとなく集まって、なんとなく何かする会…)、でHさんと囲碁をしたくらいですかね。他の人はマージャンしてました。

  雨やみぞれが降っても、みなさん集まってくれる。私なんか何にもしていませんからね。集まってくれる人に感謝。だって、私は何にもしていないんだもの。

気になる俳句

霙るるや二度と逢わざる人ばかり 塚原麦生

ぼんくら俳句

   廃校の校歌の歌碑にみぞれ降る
   みぞるるや園児と母の赤い傘

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 8日 (水)

入間川を歩く

今日の絵

Img492

  清澄庭園  季節感がないことはこの絵の欠点かな。緑色ばかりで描いてしまったからなあ。

入間川を歩く

  このところ運動不足だから、今日は歩くと決めて、飯能へ。飯能駅の裏、入間川の上流から狭山市に向けて、入間川沿いを歩きだす。土手だけで歩き通せればいいのだが、それは無理で、時々川から離れたりしながらですが、とにかく「歩け、歩け」だ。
  オット、これは戦時中の国民歌謡でした。「アルケ、アルケ、アールケ、アルケ。ミチアルミチヲ、アールケアルケ。ミチナキミチヲ、アールケアルケ、エー」。今でも歌えるよ。
  歌えるけれど歌わずに、ときおり白鷺などを見ながら、青々と流れる入間川を右手に笹井ダムのあたりまで歩く。そして川のほとりの「入間の湯」で「途中下車」、じゃなくて「一休み」。風呂だけでは済まないよ。私のことだから当然「キューと一杯」いきますね。

Dscn4616
  入間川上流

Dscn4629
  笹井ダム

気になる俳句

その冬木誰もみつめては去りぬ 加藤楸邨

ぼんくら俳句

   咳一つ挨拶がわりに置いて行き
   木枯らしや歩道橋とはやっかいな
   裸木に下校の子らの触れてゆき




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 7日 (火)

迷子

今日の絵

Img491_2

  我が家のごく近くです。家から歩き出す方向によっては、すぐそばにこんなところがある…田舎だよなあ。

迷子

  私は方向音痴だし、おっちょこちょいでもあるから、子供のころからよく迷子になった。
  迷子というやつは、気が付いたらいつの間にか迷っていたというのが普通である。

 しかし私には、覚悟のうえで迷子になったことが1度だけある。
 貧乏人の私には数少ない海外旅行で、タイへ行った時のことだ。バンコックの休日、一人で街を散歩していたら、いい鴨を見つけたと思ったのかなあ、一人の男が、近づいてきて
 「私はホンダ(だったと思う、いずれにしても日本企業)で働いている。今日は休みだ。案内してやろう」
 という。
 もちろん英語で言ったんですよ。それを私は分かったんですよ。ぼんくら蛙を馬鹿にしてはいけない・・・ついでに言えば、何事でも私が自慢するのは、この程度のことであります。トホホ。
 で、まあ、その申し出を受けたのですが、それからが大変です。船に乗せるはタクシーに乗せるはで、珍しい寺などは見せてもらったりしたが、初めて来たバンコクで何がなんだか訳が分からなくなってしまった。
 そこで私は意を決した。この男と別れよう。このまま引き回されたら懐具合だってどうなるか分かりはしない。男に薄謝を渡し(渡したくはないが、それをしなければ、何かされそうで、怖かった)、
 「俺は一人で歩きたい。だからここで別れる」
 と言って男と別れた。
 別れたその時から、私は迷子なのです。まだ日は高いし、ホテルの地図と住所をを書いたカードを持っているので、何とかなると思ってましたね。
 ま、それからはブロウクン英語と身振り手振りで、バスなど乗り継ぎ、ホテルまで帰りました。そのとき私が使った英語は…やめときましょう。たった一つ「ホエアー、ウイアー、ナウ」というのは正しい映語だったそうです。

 何でこんな話を書く気になったかといえば、今朝迷子のなった夢を見たからです。近頃、道が分からなくなったり、旅館などで自分の部屋に帰れなくなったり、自分の教室が分からなくなったり・・・ア・・・これについても過去の。記憶があるしかしそれまで書くと長くなりすぎる。
 とにかくこの頃見る夢は、目的地が分からなくて道に迷うのではなく、帰る場所が分からなくて、迷うというのが多い。この先私が帰るところなんて土の中しかないんだけれどね。

気になる俳句

雪の峰静かに春ののぼりゆく 飯田龍太

ぼんくら俳句

   歩いてもまた迷い道春の夢




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 6日 (月)

しだれ梅

今日の絵

Img490

  秩父市羊山公園 やまと美術館というのは棟方志功の美術館。

しだれ梅

  精傷者作業所「ショップみちくさ」へ。この時期「みちくさ」のにしだれ梅の咲く旧家の庭があって、毎年それを見るのが楽しみだ。今年も、まだ満開ではないが咲いています。

Dscn4604

気になる俳句

崖急に梅ことごとく斜めなり 正岡子規

ぼんくら俳句

   疾走する車しだれし梅を吹き上げる
   園児らの声限りなし冬の空

  まだ風邪は治っていないけれど、元気になると、俳句もまともになるね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 5日 (日)

大切なのは体調維持

今日の絵

Img489

  もう少し丁寧に描いたらどうだ、と言われそうだけれどね。今は、俳句も絵も、そんなに神経使えない。健康第一だよ。
  絵の場所などはどうでも良いと思うけれど、入間川河川敷です。

気になる俳句

咳もまたわがものなれや死ぬるまで 杉山岳陽

ぼんくら俳句

  風邪ひいてなかなか取れぬものに咳

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 4日 (土)

体調が不安定

今日の絵

Img488

  新聞の折り込み広告にお写真から別のところに写っていた二人を組み合わせました。しかし感覚が悪かったね。左側の女性はもっと中央に寄せなくてはね。前に余白が少ないし、中央は空きすぎているしね。二人は触れんばかりの位置に立たせてもいいんだ。そんなことは絵が上手いとか下手だとかいう前の問題。

体調

  まだ風邪は治っていません。碁の会は休む。午後歯科医の予約があったのででかける。歩くスピードもいつもより遅いなあ。それと、時々寒気がしたりするんだよ。安定しないんだ。

気になる俳句

風邪十日世の速力を感じをり 油布五線

ぼんくら俳句

   風邪気味ののろのろ通う歯科医院

  


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 3日 (金)

寝てばかりもいられない

今日の絵        

Img487

  長瀞です。手抜きの絵ですね。

布団をあげました

  いろいろ用事もあるので、風邪だからといっても、寝てばかりもいられない。メヌエル氏病と風邪が連続してやってきたおかげで、この5日間で体重が4キロ落ちました。何しろのどの痛みで、水を飲むのも容易じゃないから、食欲なんかなかったものね。食わなきゃいけないと思って、無理に喰っていたんだもの量は進まないや。
  もっとも今の体重を維持出来たら理想の体重ということになるんだけれど、そう上手くは行くまいな。

気になる俳句

風邪の妻起きて厨に匙おとす 山口誓子

ぼんくら俳句

   風邪の神早く俺から離れてよ  

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年2月 2日 (木)

少し古い絵

Img486

 川越、銭洗い弁天。描いたのは2011年8月
 
  風邪は相変わらず、ぐずっています。おおかた布団の中で過ごしました。喉が痛くて、ものを飲み込むのが容易ではない。大して食欲もない。しかし、少しは食べなければと、無理に飲み込む。

  俳句はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 1日 (水)

一難去ってまた一難

  昨日までメヌエル氏病でグズグズした居たのに、なんと今日は風邪で一日寝ていました。冴えないなあ。

  今日はこれだけ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ