« かもめ? | トップページ | 特別なことなどありません »

2017年1月 4日 (水)

継母99歳

今日の絵

Img454
  昨日に引き続き小学1年生の孫。この年代の男の子、こんな無作法なことをしてみたいんですよね。

継母

  鷺宮に行きました。99歳になる継母が75歳の義妹と住んでいます。一日の大部分を寝て過ごし、耳が遠くなったので、テレビも楽しめないと言います。それでも私が行くと、ベットから降りて、きちんと膝をつき「明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします」というのです。全然ぼけていません。
  在宅介護で介護士が風呂に入れてくれるそうですが、本人は「本当は私一人でも入れるのに」と言います。もっとも、義妹によると「私が付いていなきゃ無理」だそうです。
  97歳の時体調を崩したといって、「車いす生活」になりました。98歳になって、「体調が治った」と言って家の中くらいは自分の足で歩けるようになりました。99さいのいまも、自分の足で歩きます。いずれにしても大したものです。
  戦後、私は祖母の家で育ち、中学3年の時に父が迎えに来ました。それで初めて継母に会ったのでした。中学を出てすぐ就職をしたので継母に育てられたという感じはしません。そのせいもあるかどうか、いわゆる、継母と継子といった感じではなく、お互いに遠慮がちに接していたように思います。継母は「よくできた人」という感じで、今は素直に尊敬しています。

気になる俳句

枯蓮のうごく時きてみなうごく 西東三鬼

ぼんくら俳句

   さざ波の波のカタカナ枯はちす


|

« かもめ? | トップページ | 特別なことなどありません »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/69115378

この記事へのトラックバック一覧です: 継母99歳:

« かもめ? | トップページ | 特別なことなどありません »