« 遅れの七五三 | トップページ | こぶし祭りの舞台 »

2016年11月17日 (木)

遅れの七五三・・・?

今日の絵

Img393_2
  入間川です

 ノートパソコンに代わってから、あるいはウインドーズ10に代わってから、何をやるにもトラブルが多い。今日も実は「今日の絵」をアップして、「入間川です」と書いたところで画面がフリーズしてしまった。パソコンなんか何の事だかわからずにやっているジジイですからね、もう、パニックですよ。でもまあ、15年くらいやってますからね、いくらかは知恵がついて、何とか解決できました。

Img394_2
  習作

遅れの七五三

  昨日書くつもりだったのですがね、なんやかや書いているうちに忘れてしまいました。今日は他にも書く事はあるのですが、まあいいでしょう。遅れの七五三を書きます。

  私が琴作りの職人として、大して腕はよくないけれど一応は一人前として仕事をしていたころの話です。私は大宮に住んでいて、仕事は東京の本郷の和楽器卸業の会社でしていました。私が独立して仕事場を持つほんの少し前のことです。
  本郷三丁目あたりから御徒町駅まで歩き、そこから京浜東北線で大宮の自宅に帰りました。その歩く途中で、湯島天神の境内を抜けるのが近道でした。ある日の帰り道、11月20日ごろだったと思います。湯島天神の境内を通ると、漆黒の闇というほどではないのですが、今よりはよほど暗い境内で、一組の父と娘が湯島天神にお参りをしていました。娘はおそらく七歳でしょう。和服を着ていました。父親は仕事の帰りらしく、疲れているのかネクタイの結び目を緩めています。
  こんな光景を見ると、いろいろ考えますよね。母親は亡くなったのか、病気なのか、死んだのか。父親は娘にせがまれて七五三に来たのか、七五三くらいはしてやらなくてはとl思っているのか。

  娘は今日の七五三を一生忘れないだろうと私は思いました。本当はどうなんでしぃうか。
気になる俳句

飴袋黒土擦って七五三 沢木欣一

ぼんく俳句

   おずおずと子は参拝す七五三


  


  

|

« 遅れの七五三 | トップページ | こぶし祭りの舞台 »

コメント

Really Appreciate this update, is there any way I can get an update sent in an email every time you publish a new post?
graypa

投稿: graypa | 2016年11月22日 (火) 03時07分

Congratulazioni, la tua idea brillantemente

投稿: fun online shooter game | 2016年12月 7日 (水) 01時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/68468784

この記事へのトラックバック一覧です: 遅れの七五三・・・?:

« 遅れの七五三 | トップページ | こぶし祭りの舞台 »