« こぶし福祉会 | トップページ | 遅れの七五三・・・? »

2016年11月16日 (水)

遅れの七五三

今日の絵

Img391
     長瀞です

Img392
   習作、人物の顔、正面  

  いろいろな硬さの鉛筆を使うほうがいいのですが、B2だけを使って描きました。

遅れの七五三

  私は琴作りの職人だったのですが、見習いを卒業したころ、東京の本郷で仕事をしていました。住まいは埼玉県の大宮でした。仕事をしている所から大宮に帰るには、御徒町駅から電車に乗るのが便利でした。それで、仕事場から御徒町駅に歩くいくわけですが、途中、湯島天神の境内を通っていくのが便利でした。

  そこで見た風景。11月の20日ごろだったかなあ。午後7時ごろ、漆黒というほどではないけれど、周りの家の明かりしか見えない程度の暗さの中で(現在とは、周りの明るさが違います)、ネクタイの結び目を緩めた男性と、おそらく7歳と思われる少女が着物を着て、湯島天神の本殿に七五三の祈りをささげていました。他に誰もいません。少女の家庭環境とか、遅れたとはいえ娘の七五三を祝う父親の気持ちとかを考えざるをえません。
  この光景を見たとき私は、少女は一生この七五三を忘れないだろうと思いました。でも本当はどうだったんでしょうね。私にとっては、忘れられない風景になりました。

気になる俳句

考へることやめし樹よ紅葉して 中尾寿美子

ぼんくら俳句

   河川敷縁台将棋に紅葉降る


|

« こぶし福祉会 | トップページ | 遅れの七五三・・・? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/68456350

この記事へのトラックバック一覧です: 遅れの七五三:

« こぶし福祉会 | トップページ | 遅れの七五三・・・? »