« 文化祭・絵の搬入 | トップページ | 奥武蔵にも冨士さんがある »

2016年11月 2日 (水)

呆けの心配

今日の絵

Img374
  彩の森公園

呆けの心配

  精傷者作業所「かすみ川食堂」の包丁研ぎのボランティア。このボラは、今年で終わりにする。
  近頃、いろいろなことから身を引こうと考えているのだが、引きすぎて刺激がなくなってしまうと、呆けるのではないかという心配もあるわけだ。これからの行動を考えるとき、呆けの心配もしなくてはならない。
  用心して行動したら呆けないというものでも無いだろうが、気にしないわけにはいかない、という年齢でもあるのだ。
  今は人生を楽しんでいるけれど、あと何年、人生を楽しんでいられるか。
  年賀状だけの付き合いになっている、知人の訃報が届く。

気になる俳句

里古りて柿の木持たぬ家もなし 芭蕉

  私の田舎もこんな感じだった。

ぼんくら俳句

  木守り柿夭折の訃報届きけり

|

« 文化祭・絵の搬入 | トップページ | 奥武蔵にも冨士さんがある »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/68225485

この記事へのトラックバック一覧です: 呆けの心配:

« 文化祭・絵の搬入 | トップページ | 奥武蔵にも冨士さんがある »