« 富士五合目・忍野八海 | トップページ | 膝のストレッチ »

2016年10月27日 (木)

昨日の続き

少し古い絵

Img361

  スケッチブック№1にあった絵です。たしか狭山市の広報に載っていた写真から描いています。2010年9月から2011年6月のあいだの絵。

昨日の続き

  私のブログは、その日のことはその日に書き、書き残したことがあっても、次の日にはそれを書かないというのが原則です。ただし原則なんて破るためにあるようなものだし、その日の気分で、どうにでも変化します。まして昨日は書いたことが半分消えてしまったからね。

忍野八海

  富士5合目もそうでしたけれど、忍野八海は中国人に占領されたような気分。大きな声で無遠慮に話すからねえ。耳にとび込む音声は中国語ばかり。忍野八海のメイン湧池、鏡池は中国人ですごい込みようです。
  その辺はチョット見ただけで逃げ出し、銚子池、お釜池を見に行く。池に大した魅力はないのだが、そこへ行くまでの小川ぞいの道に風情があって、なかなかいいコースだ。第一、ギャアギャアとうるさい中国人がいないしね。

北原ミュージアム

  帰路、河口湖畔の「北原ミュージアム」に寄る。館内のポスターなどは多少の興味があるが、ブリキのおもちゃなんて全然興味がないし、一回りザーと見て、私は一人館を出る。集合時間まで河口湖畔を散策する。
  湖を背にして富士を見る。中々景色のいいところがあって、熱心に写真を撮っている若い女性がいた。自転車で、一人で来ているようだ。私が近づくと、身振り手振りで富士を背景にして自分を撮って欲しいという。中国人らしい。彼女のスマホで写真を撮ってやると、あなたの写真も撮りましょうかと、ゼスチャーで云う。記念写真に興味はないので断ると、サンキューといって、自転車で去っていった。こういう中国人なら好感をもてます。

気になる俳句

黄にそみし梢を山のたたすまゐ 蕪村

ぼんくら俳句

   頂上はカラマツ黄葉のその上に

|

« 富士五合目・忍野八海 | トップページ | 膝のストレッチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/68140266

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日の続き:

« 富士五合目・忍野八海 | トップページ | 膝のストレッチ »