« 無題 | トップページ | パソコンはトラブルばかり »

2016年10月10日 (月)

山を復活

今日の絵はありません。

山歩き復活

  膝の調子がいいので、もう止めるつもりだった山に、行ってきました。行先はいつもの丸山。西武線芦ヶ久保駅からの山です。同行7人。

005

009
 登山道からの風景。いつもこの辺り美しいと思っているのです。

010

016

  下山途中の小さなリンゴ園。たまたま収穫期で、登山者にリンゴを売っていました。私も切れ端を試食したので、買わなければいけないような気分になって、1個だけ買いました。2キロ1000円、1キロ500円で、ばら売りは1個100円で傷があると断って売っていました。1000円と500円の籠は2つくらい。100円のリンゴは5-6個台の上に置いています。籠のリンゴもばら売りのリンゴも、売れるとその場で補給するのです。
  私
は5-6個のリンゴの中で、最も美しいと思ったものを買いました。それがこのリンゴ。一緒に写しているアンパンは昼食時に食べずに残したもの。リュックの中でちょっと潰れています。リンゴは家に帰ってから食べましたが、リンゴとしては普通の味でした。アンパンはまだ食べていないんだよ。これも当たり前の味でしょうなあ。

015
  車付きの山車

  下山は何度も車道を横切ります。リンゴ園もその車道沿いにありました。この山車は最後に横切る車道のすぐ下の菅原神社にあります。何十年も使われていないのでしょう。車道まで引き上げて使うというのも大変
だった筈。わざわざ引き上げるその情熱。戦後の入植者たちの集落でしょうから、そう長い間使われた山車とも思えません。この土地で生きていこうと思った人たちと、やむえず山を去った人たち。そのようは人たちの思いのこもった山車です。
  この山車のある下山道は、丸山のメイ
ンの登山道ではありません。あまり知られていないと思います。私はこの山車の絵を描きたいと思って何度か写真に撮ったりしてきましたが、上の方などは特に、複雑だったり何がなんだか訳がわからなかったりして、描けませんでした。それで今日は下の方だけ写真に撮ってみたのですが、果たして描けるかどうか。

気になる俳句

独房に林檎と寝たる誕生日 秋元不死男

ぼんくら俳句

   この山に生きてジジババ林檎売る













|

« 無題 | トップページ | パソコンはトラブルばかり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/67894180

この記事へのトラックバック一覧です: 山を復活:

« 無題 | トップページ | パソコンはトラブルばかり »