« 石神井公園 | トップページ | ”道程”について »

2016年10月19日 (水)

呆けたんです

寝坊しました。今日の絵はありません

呆けました

  たけのこ(私の属するボラグループ)の定例会の日と思って社協会館へ行ったのですが、明日の間違いでした。
  自分のことを呆けた呆けたと冗談のようにして云いますが、実は本当に気にしているのです。これは呆けの兆候ではないだろうか、なんてね。古いことは覚えているのに、さっきやったことを忘れるとか、どうも怪しいのです。

  実は高村光太郎とその詩『道程』について思うところを書いたつもりですが、いつも悩まされるように、いきなり消えてしまいました。どうにも原因が分かりません。書いている途中で消えるというのは、いったい何なんだろう?

気になる俳句

黄落や或る悲しみの受話器置く 平畑静塔

ぼんくら俳句

   黄落期ベンチは人を恋しがる
   スマッシュの無きバトミントン紅葉映ゆ
   シャッターチャンスまたも逃して黄落期

|

« 石神井公園 | トップページ | ”道程”について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/68027011

この記事へのトラックバック一覧です: 呆けたんです:

« 石神井公園 | トップページ | ”道程”について »