« やさしい詩 | トップページ | まいりました »

2016年9月20日 (火)

一人吟行

今日の絵

Img323
   入間川の土手

一人吟行

  掃除をして、買い物をして、あとはすることなし 。
  暇だから一人吟行ときめました。吟行と言ったってこの雨の中、歩くのは嫌だ。稲荷山公園駅から電車に乗って、西武秩父まで行き、そこで酒とおつまみを買って、また電車で帰るというもの。
  車窓風景ですね。発想の貧しさは分かるだろうけれど、とにかく俳句らしきものを書き連ねます。

ぼんくら俳句

   長雨に遠嶺は煙る曼珠沙華
   長雨に景あらたなる薄紅葉
   トンネルを抜けて雨降る曼珠沙華
   山あいのカーブがきつい曼珠沙華
   秋雨に屋根の向うの山かすむ
   車窓より武甲を隠す秋の雨
   沢沿いに点々と屋根秋の雨
   杉檜混栽樹林秋の雨
   死ぬときはトンネル抜けて曼珠沙華

 お口直しにまともな俳句

気になる俳句

訪ふとき病むとき秋の雨降れり 大野林火



|

« やさしい詩 | トップページ | まいりました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/67585930

この記事へのトラックバック一覧です: 一人吟行:

« やさしい詩 | トップページ | まいりました »