« 脚点 | トップページ | 川越句会の結果 »

2016年9月 2日 (金)

記事が消える

  

今日も、書いている途中で記事が消えました。11日、山の会の山行があるのですが、そのリーダーのYさんに誘われてNさんと3人で、下見に行ってきました。書いたのはその話です。
  もう、詳しく書く気は無くなりましたが、かいつまんで記します。要するに、二子山に登るために渡らなければならない沢の橋が、このところの豪雨で流されていました。沢の水量は増えています。三人で無理やり渡渉しようとすれば、可能だとは思いますが、会全員が渡渉するとなれば、事故が起きかねません。引き返すことにしました。

004

005

対岸に上流から流された橋があります。

009

方向転換して、日向山に向かいます。こののち、日向山に登って帰るのですが、以下省略だよ。

気になる俳句

彼も亦無名期ながし黍嵐 能村登四郎

  私なんか無名期だけですがね

ぼんくら俳句

   丸木橋沢に流して雨台風

  今日見たのは、丸木橋ではなかったけれど

   


|

« 脚点 | トップページ | 川越句会の結果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/67308136

この記事へのトラックバック一覧です: 記事が消える:

« 脚点 | トップページ | 川越句会の結果 »