« 敬老会 | トップページ | ショップみちくさ »

2016年9月11日 (日)

心して外に出なければ

今日の絵

Img314
  入間川。ここまで手抜きをするかと言うような絵ですね。

外に出よう

  今日は本来なら山の会の山行日。10日前まで山歩きができた私だが、今は無理だ。道を歩いていても膝が痛むようになった。
  山は無理でも、歩き回ることはしたいのだ。暑さには弱いから行動力は鈍るんだけれど心して出歩くようにしなければ、老人の引きこもりになっちゃうよ。そうなったら呆け街道まっしぐらだ。…誰だ、もう呆けていると言う奴は!・・・やっぱり、呆けているかなあ。

  外に出るといったって、行くところなんかないんだよ。日常の買い物くらいだね。野菜とか肉とか魚とかだ。

  無理に絵を描いたり、無理に俳句を作ったりするのと同じで、無理に出かける。

今日は石神井公園

002

013

  彼岸花がもう咲いていました

004

  私のような素人画家です。おや、描いているなと思って後姿をデジカメでパチリ。
  通り過ぎて三宝寺池のほとりのベンチに座り、昼食のおにぎりを食べて缶ビールを飲んで、目の前の池のラフスケッチをして、池を一回りして見戻ってくると、まだ描いている。近づいて覗いてみると、鉛筆の線描きである。へえー、2時間もたって、まだ鉛筆の線描きだ。
  「細密画ですねえ」「なんだかわからず描いています」「私にはその根気がないなあ」「描かれるんですか」「乱暴な絵をね」
  そんな会話を交わしました。

気になる俳句

生永し息長蝉が息をつぐ 森澄雄

ぼんくら俳句

   秋日傘ゆるやかにゆく遊歩道
   ミンミンの声を絞って鳴き止みぬ









|

« 敬老会 | トップページ | ショップみちくさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/67448429

この記事へのトラックバック一覧です: 心して外に出なければ:

« 敬老会 | トップページ | ショップみちくさ »