« 書く事がないようなあるような | トップページ | さわやかな目覚め »

2016年9月28日 (水)

めまい

メヌエル病

  またメヌエル病を発症。ただし程度は今までで1番軽い。他人の病気の話など、面白くもないだろうが、一応書きます。
  早朝3時半、尿意で目が覚める。体中びっしょりと汗をかいている。起き上がると目まいだ。取りあえず座る。本当にひどいときは座ることもできないから、軽いと言える。
  尿意があるのだから、とにかくトイレに行かなくてはしょうがない。1-2歩歩いたら、ダメだ、目まいで倒れてしまった。そのときテーブルで脇腹を打ち、これは今もそうとうに痛い。それでも、漏らすわけにはいかないから、あちこち掴まりながらトイレで用を足し、台所で水を飲み、布団に横になる。
  枕元の扇風機のスイッチを入れ、目をつむり、リモコンの手さぐりで、テレビのスイッチを入れる。今の時間、NHkは音楽を流しているはず。これも手探りで、30分のタイマーをセットする。目を開けると気持ちが悪くなるので、出来る限り手探りです。
  いつの間にか眠り、6時過ぎに目覚める。かなり良くなっているが、まだふらつくのです。トイレと水飲み以外では立つこともなく、布団で過ごし「とと姉ちゃん」を見る。
  普通ならここで起きるのだけれども、今日はそのまま布団で過ごす。朝食は食べる気がしない。
  昼には、ほぼ正常に戻ったので布団をあげる。大して食べたくもないが何か食べなければ…。で、作ったのがさんま味噌煮の缶詰を汁ごと器に入れ、大根おろしをこれも汁ごと器に入れて混ぜる。料理などととても言えないけれど、これが案外うまいということを先日発見した。
  まだ外に出る元気はない。少し退屈。そこで、何時もは朝食前に描くのだけれど、絵を描きました。今日は朝食をとっていないから、一日中朝飯前さ。

今日の絵

Img330

   水元公園です

気になる俳句

汗ばみて余命を量りゐたらずや 石田波郷

ぼんくら俳句

   汗に病み天井向いて目を閉じる

|

« 書く事がないようなあるような | トップページ | さわやかな目覚め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/67705406

この記事へのトラックバック一覧です: めまい:

« 書く事がないようなあるような | トップページ | さわやかな目覚め »