« 水彩画の会 | トップページ | 心して外に出なければ »

2016年9月10日 (土)

敬老会

今日の絵

Img313

  一昨日、修理に出していたプリンターが返ってきた。5.000円以上も取られちゃった。プリンターは安いから、買うほどかかったということだ。しかし、インクも無駄にしたくないからね。インク代が高いんだもの。
  いつも書いているけれど、私のプリンターはなぜか絵の余白を感知しない。この絵の場合背景を薄い単色で処理すれば、上は頭まで、右はお尻で左は手の先までしかスキャンしてくれない。そんなのは絵じゃないよね。右上や左下に不自然な色を置いている理由です。
  だから、余白を完全な余白にはできないのです。デジカメで撮ってパソコンに取り込めばいいのだけれど、2度手間だ。プリンターを修理に出していたときは、そうしていたんだけどね。
  絵は二階堂ふみ。私は知らないけれど、女優だってさ。新聞の折り込み広告から。

敬老会

  狭山台1丁目自治会の敬老会がありました。私はすっかり忘れてしまい、パジャマも着かえず寝転んで、手塚治虫の『ぼくはマンガ家』を読んでいました。すると、民生委員のSさんが敬老会が始まっていると知らせに来てくれました。恐縮。
  敬老会の中身は、改めて書くこともないでしょう。さほど変わったことはやりません。いや、多少変わっていたのは、1丁目自治会長のТさん、いつもお得意の漢字やことわざの解説」しました。遅れていった私をおちょくりながらね。とにかく芸人で、よく笑わせます。

気になる俳句

秋あつし鏡の奥にある素顔 桂信子

ぼんくら俳句

   敬老会へ残暑の道を急ぎけり


|

« 水彩画の会 | トップページ | 心して外に出なければ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/67433756

この記事へのトラックバック一覧です: 敬老会:

« 水彩画の会 | トップページ | 心して外に出なければ »