« 余白ぐらい理解しろよ | トップページ | 背景を知る »

2016年8月10日 (水)

山行 武川岳

山行 武川岳 

  山の会9月の下見山行です。同行は9月のリーダーHさんと、それに付き合うkさんとぼんくら蛙。
  この暑い時に里山登山なんて「フー」だよ。でも、山の上の方は思ったほどの暑さはなく、時折吹く風は、ことのほか涼しさを運んで
きます。
  ここで、少し脱線。私は自分の山行に「登山」という言葉は使いません。「山歩き」と言っています。また、○○山を征服した、なんてあほらしいことは言いません。「里山登山」こそ山歩きですが、里山と言ったのですから登山と言った代物ではない、というおもいがあります。
  私は3000メートル級の山を含めて征伏した山など一つもなくて、ただ、歩いた山があるだけです。
  余談はさておき、今日の山行はいろいろと間違いました。地図の読み違などあり、最後は予定外の正丸峠から正丸駅に降るコースになりました。そして、このコースがことのほか
荒れていることを思い知らされました。少し雨が降ったら、沢の中を歩くしかない場所が、何か所かありんす。雨のあとは、正丸駅から直接正丸峠に行く道は避けるほうが良いでしょ云う。
  何度か道を間違えたりしたので、正丸駅に着いたのは5時。遅いからそのまま帰ろうと思っていたのに、反省会をやろうという。もちろん賛成しました。

気になる俳句

赤蜻蛉分けて農夫の胸進む 西東三鬼

ぼんくら俳句

   喘ぎつつ尾根に涼しく風に吹く
   さわさわと山頂に湧く赤蜻蛉

|

« 余白ぐらい理解しろよ | トップページ | 背景を知る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/66922063

この記事へのトラックバック一覧です: 山行 武川岳:

« 余白ぐらい理解しろよ | トップページ | 背景を知る »