« 俳句夏季大会の準備 | トップページ | 名簿作り »

2016年6月22日 (水)

西武秩父へ

今日の絵

Img215

  以前、奥日光で撮った写真から

川越へ、そして西武秩父へ

  川越で画材を買う。スケッチブックと水彩絵の具をⅠ本。
  これで用は済んだのだから、帰ればいいのだけれど、なんとなくその気がしない。方向転換して西武秩父に行くことにした。我ながら、変な方向転換だなとは思ったけれどね。
  普通、川越から西武秩父に行くとすれば、西武線で所沢に行き、そこで乗り換えて目的地ということになる。しかし私はいったん狭山市で降りて、バスで稲荷山公園へ行き、そこから西武秩父に向かう。その方が少し安いということもあるし、時間も早いということもある。しかし1番の理由は他にある。
  稲荷山公園から秩父に行くには、飯能で西武秩父線に乗り換えることになる。西武秩父線は、4人掛けのボックス車両である。今日は天気が悪いし、ウイークデーだから、そんなに混むことはあるまい。4人掛けボックスに一人で座ることができるだろう。そこでのんびりと本を読んだり、車窓の風景を楽しんだりしながら、酒を飲むことができる・・・つまり、電車のなかっで酒が飲みたいんだよ。そのためには、1度電車を降りてコンビニで酒とおつまみを買う必要がある。だから狭山市で降りたのである。
  そこで問題の西武秩父線。私はゆったりと4人掛けのボックスを独り占めすることができた。と思ったんだけれどね、私の乗った車両に20人ばかりの爺婆の団体がにぎやかに乗り込んできた。私の前も後ろも横も、団体さんに占領された。私は4人分の料金を払っているわけではないから、そこに座ろうという人がいたら、「どうぞ」という以外にない。
  いやあ、賑やかでしたねえ。酒なんか飲んでる場合じゃないよ。皆さんはお弁当食べたりしてました。

  秩父の街を少し散歩して、帰りはもちろん酒を飲みましたけれどね。

気になる俳句

 梅の木の心しづかに青葉かな 一茶

ぼんくら俳句

   谷沿いの家々山に上りゆく

   

|

« 俳句夏季大会の準備 | トップページ | 名簿作り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/66156843

この記事へのトラックバック一覧です: 西武秩父へ:

« 俳句夏季大会の準備 | トップページ | 名簿作り »