« 公園は子供だらけ | トップページ | とにかく背が高いのだ »

2016年5月 5日 (木)

書くことなんて何にもない

今日の絵 真夏日の少女

Img164_2

  立夏で真夏日、子供の日。大きな鯉のぼりは、たまに農家の庭で見るだけ。ミニ鯉のぼりはマンションのベランダにチョロリ。

  4月から集会所を老人のたまり場として、木曜日には何はともあれ集まっている。賭けないマージャンをする。勝ち負けには無関心だから点数も数えなかった。
  中座して近くのコンビニでアルコールを買って帰る。一緒に飲んだのはТさんだけ。一人でなくてよかった。
  かくして一日は終わる。ブログに書くことなんて何もない。このブログは「酒飲み日記}とでもしておけばよかった。そうすれば、500ミリリットルの缶ビール1本、コップ酒3杯とかね、書ける。もっとも、書いた後でまた飲むのが問題だけれどね。

気になる俳句

 さざなみの絹吹くごとく夏来る 山口青邨

ぼんくら俳句

    立夏していきなり真夏日鯉のぼり

  季語が3つも入って絶対に注意される句。



1

|

« 公園は子供だらけ | トップページ | とにかく背が高いのだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/65330717

この記事へのトラックバック一覧です: 書くことなんて何にもない:

« 公園は子供だらけ | トップページ | とにかく背が高いのだ »