« 予防接種 | トップページ | 麻雀とお喋り »

2016年5月18日 (水)

みちくさの畑

今日に絵

Img177_2

  絵としては失敗していると思います。失敗してもしなくても載せるのがこのブログです。

みちくさの畑

  いつもこのブログを読んでくれる人は「みちくさ」が何を意味するかは分かってくれると思います。しかし、初めて読む人には、何のことか分かりません。ブログを書くときは、初めて読む人のことも多少は意識しますから、精障者(精神障碍者)小規模作業所「ショップみちくさ」と書いたりする。
  で、その「みちくさ」ですが、現在は毎週月曜日にボランティアに行っています。ボランティアと言っても、以前は1週何日も行ったり、様々なことをしていたのですが、今は畑の面倒を見るだけです。
  16日の月曜日はイベントがあって「みちくさ」は休みでした。ジャガイモの土寄せや、サツマイモの植え付けをしたいと思っていたので、今日「みちきさ」へ行きました。
  サツマイモの苗10本を植える。
  今「みちくさ」の畑は、ミニトマト6株、ナス6株、キュウリ2株、ジャガイモが…うーん、数えてない30株くらいかな、が植えられています。今日そこにサツマイモ10株、ピーマン2株を植えました。収穫はお天気次第。

智光山公園のバラ

007

010

011

気になる俳句

 悲と魂で行くきさんじや夏の原
 人魂で行く気散じや夏野原

     葛飾北斎の辞世の句だそうです。普通には「人魂で行く」のほうで知られているのだと
か。多田道太郎が「悲と魂で」として紹介しているそうだ。多田道太郎と言えば私には「思想の科学」でおなじみだ。何冊か本も読んだことがある。それにしても「悲」と「魂」とはねえ。
    今日の出典はブログ「清水哲男『増殖する俳句歳時記』筆者・八木忠栄」より

ぼんくら俳句

    ときどきは小石を払う草刈機
    夏帽子木陰のベンチに置いて座す
    緑陰や嬰児一人を抱き交わす
    緑陰にシート広げて人眠る










|

« 予防接種 | トップページ | 麻雀とお喋り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/65554978

この記事へのトラックバック一覧です: みちくさの畑:

« 予防接種 | トップページ | 麻雀とお喋り »