« 気が乗らない | トップページ | また書いている途中のブログが消えました »

2016年3月22日 (火)

八王子城址・坂戸の安行桜

Img120

 八王子城址、御主殿下の滝。御主殿に至る路は、今はこの滝の上に通じているが、もともとはこの滝の下に通じていたらしい。メイン道路から八王子城址に向う道は、今は崖の上にあり、民家も崖の上にあるが、昔は崖下の川沿いに道があったというのが、竹伐りの翁?(私のブログを読んでくれている人にはわかる)の話である。狭い川だけれど、道は川沿いにあった。それはそうでしょうなあ。
 八王子城址の本丸跡は城山山頂にあり、それを守るための曲輪、金子丸だとか何とか丸とかがあり、武将、金子何某とかなんだとかが守っていたという。本丸のほかに二ノ丸跡なんて言うのもある。
 でもねえ、ちょっとピンとこないんですよ。普通本丸と言えば城の中心だと思うのですが、城山の頂上は狭くて、こんなところに建造物を建てても、せいぜい数人の武将が籠れるかどうかだ。物見やぐら程度のものしか建てられやしない。
 いざ戦いになれば、守るべきは城主や奥方などの住んでいたと思われる御主殿のはず。これは城山の隣の丘の上にある。御主殿を守るためのそれなりの工夫はされている。だから、いざ戦というときになって、物見やぐらに過ぎないものを、いくつか曲輪などを設けて、そんなに必死に守る必要があったのだろうか、という疑問が残る。

坂戸 安行桜

 坂戸市北浅羽桜堤公園に行ってきました。早咲きの安行桜が満開です。

005

012

027

早咲きと、田園風景の中というのが取り柄ですかね。

032_2

039
 
 本年の桜狂い初日です 。

気になる俳句

 一弁のはらりと解けし辛夷かな 富安風性

ぼんくら俳句

   どこまでも桜の続く川辺かな
   花見客餠草さがす人もいて
   街路樹の辛夷に薄日紅きざす




















|

« 気が乗らない | トップページ | また書いている途中のブログが消えました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/64590483

この記事へのトラックバック一覧です: 八王子城址・坂戸の安行桜:

« 気が乗らない | トップページ | また書いている途中のブログが消えました »