« 園山俊二 | トップページ | つばさ俳句会 »

2016年2月19日 (金)

ストレスについて

Img088
 どうでもいいようなものだけれど場所は航空公園です。

V連(狭山市ボランティア連絡会世話人会)

 2月、定例会。1月の定例会は新年会でもあったのですが、例のメヌエル病を発症してしまい、欠席しています。

高血圧

 高血圧で月に一度、狭山台胃腸科外科に通っている。なぜか、今日は血圧が高い。胃腸科外科で計ったら158、え~だよ。家に帰ってから計ったら、170を超えていた。今、酒を飲みながら計ったら140-77だけどさ。これからも酒を飲みますから、血圧はもう少し下がりますね。

ストレス

 今は様々なことがストレスに結び付けられます。病気もそうっです。何でもかんでもストレスだ。
 帯状疱疹、ストレスですね。メヌエル氏病、ストレスです。下痢、ははあストレスですなあ。便秘、そいりゃあストレスですよ。眠れない、集中できない、いらいらする、ストレス、ストレス、ストレス、なんでもストレス。
 フロイトが無意識の意識をということを発見して(発見者はフロイトなのかどう、ちょっと自信ありません)意識に上るのは氷山の一角に過ぎないこと、水面下にもっと多きな塊があることなどは、今では常識と言っていいでしょう

 そこで私は疑問に思ってしまげのだ。医者は原因のわからないことをなんでもストレスに結び付けてしまうのではないか。ストレスと言われれば大概の人は納得する。本人はストレスと感じていなくても、体はストレスを感じているのです、などと言われたら、なるほいどと納得する。
 本当にストレスによる病気もあるでしょう。否定はしません。だけどね、原因が分からないためにストレスのせいにさfれている病気もあるのではないでしょうか。
 私のメヌエル氏病などはストレスのせいではないと、自分では思っています。三半規管がおかしくなるためでしょうが、なぜそうなるのかの原因はわかりませんけれど、ストレスのせいにするのは安易だと思います。

気になる俳句

 しゃぼん玉吹いてみずからふりかぶる

                  橋本多佳子

ぼんくら俳句

    何であれストレスのない春はなし


|

« 園山俊二 | トップページ | つばさ俳句会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/64043000

この記事へのトラックバック一覧です: ストレスについて:

« 園山俊二 | トップページ | つばさ俳句会 »