« 物見山 | トップページ | 忖度の論理 »

2016年2月13日 (土)

山行そのほか

Img082

物見山

 本当は昨日のうちに書く山行記録なのだけれど、諸種の事情が
あって、今日になりました。

 12日は水彩画の会だったのですが、山仲間の誘いがあったので、そちらに乗りました。同行は、リーダー澤田さん。K女さん、H女さん、Oさん夫妻にぼんくら蛙の6名。

 最初に目指すピークは物見山。西武線武蔵横手駅で下車して物見山に向かう。
 奥武蔵の山に詳しいSさんは、標識も何もない、けもの道のような道から山に入る。そういえばこの道、以前Sさんと来たとき通ったことがあるという記憶はありました。とにかくそこから山に入って、半分藪漕ぎみたいな道を進んでいくと、木の幹に4-5センチのテープが貼ってあって、「黒尾根」と書いてあるところに出る。いくらかは道が良くなったのかなあ。やはり獣道みたいな感じがあって、時には道を間違えて引き返したりしながら1時間半、啓明荘から日和田山に向かう山道に出る。まるで村道からⅠ級国道に出たような気分だ。
 そこから物見山に向かう。ここ何年か物見山に上登る気がせず、巻き道を通っていたのだが、昨日はまっすぐ物見山に向かう。昔は見晴らしの良い山だったのだろうけれど、今は樹木が大きくなって見晴らしはきかない。
 ここからⅠ級国道の山道を歩いて日和田山に向かう。ここも山頂に登るのは避けて巻き道を歩くのがいつものコースなのだが、Sさんは遠慮なく頂上に向かう。物見山も日和田山も、久しぶりの頂上です。
 日和田山から巾着田に向かい、普通ならばそれで帰るのですが、さらに宮沢湖に向かう。

008

 宮沢湖からバスに乗るなどということはせず、飯能駅まで加治神社経由で歩きます。
 舗道も含めてですが歩いた時間は正味6時間以上。私は自宅から稲荷山公園駅まで朝晩歩いていますので、7時間30分くらいは歩いています。よく歩いた1日でした。

富士見公民館に絵の展示

 実は昨日、水彩画の会でした。でも、山のほうに行ってしまいまったのだなあ。公民館の階段の壁に我々の会の絵を展示する日だったのです。今朝、
宝登山蝋梅園の絵を公民館に持っていき飾ってきました。しかし、皆さん絵が上手いなあ。私なんかかすんじゃうよ。

 明日の山行中止の連絡あり。昨日行って良かった。

気になる俳句

 凧ひとつ浮かぶ小さき村の上 飯田龍太

ぼんくら俳句

   連凧の機影行くとき乱れけり

 「連凧を少し乱して機影行く」
という句を過去に作りましたが、その改訂版。こっちの方がいいと思うけどね、








|

« 物見山 | トップページ | 忖度の論理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/63932741

この記事へのトラックバック一覧です: 山行そのほか:

« 物見山 | トップページ | 忖度の論理 »