« ストレスについて | トップページ | 眼鏡 »

2016年2月20日 (土)

つばさ俳句会

Img090
         石神井公園

つばさ俳句会

 私の投句

 降る雪や湯気の立つもの皆うれし 2点
 雪踏めば膝に重たし登山靴    0点
 連凧を少し乱して機影ゆく     1点
 寒風や飛び飛びにあるマンホール 3点
 ただよって薄氷に箸休みおり   0点

私の選句

 江戸古地図展げひとりの春炬燵 宮井洋子
 茶畑のひろがりひろぐ凧(イカノボリ) 白土令子
 うしろ手に冬菜をおうなひと握り  白土令子
 目を病めば優しきものに冬苺  長谷川弘子
 売り声に葛西訛や年の市    伊達天

 本日、様々な理由で主出席者は6名しか居ませんでした。

Img089

 つばさ代表、今坂柳二が今回出版した本。郷土の民話昔話など、2-3年に1度出版している。高麗郡創設1300年協賛出版ということです。
 岡野印刷有限会社 042-998-2001













  

|

« ストレスについて | トップページ | 眼鏡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/64058847

この記事へのトラックバック一覧です: つばさ俳句会:

« ストレスについて | トップページ | 眼鏡 »