« 紅葉がまだ間に合う・石神井公園 | トップページ | 水彩画の会の忘年会 »

2015年12月17日 (木)

夫婦は同姓

Img180

 絵の説明はなくてもいいでしょう。

 夫婦同姓は憲法違反かという裁判で、最高裁の判決は「違反ではない」ということでした。憲法がどうだかは知らないけれど、私などは他のことでも、なるべく個人の意思を尊重すべきだと思っているので、本人が旧姓でいたいというのなら、それはそれでいいじゃないかと思います。私のように考えるのは、70歳以上ではごく少数派らしいですね。
 近頃話題になったものに、同性婚があります。私自身は男の能力がなくなった今でも女性が好きですが、同性しか好きになれないというのであれば、その人たちの自由にすれば良いと思います。私に言い寄られたら逃げるけれど(経験あり)、そういう人たちがいるということは認めます。そういう人はそういう人で、どうぞご自由に、ということですね。
 自分と違う考えや性癖の人がいても、社会に迷惑をかけるのでない限り認めていくべきではないでしょうかねえ。
 私は多くの事柄について「どっちでもいいよ」と考えてしまうほうです。今日の昼食は何にするかということから、思想や宗教まで、絶対のこうでなければいけないなどとは思いません。
 ただし、絶対に許せないことがあります。正義のために人を殺してもいいという思想です。正義というものはおおかたは相対的なものなのだと思います。本人は絶対だと思っても、他人の目から見るとそうでもなかったりするのです。反対意見にもそれなりの理由があるのです。寛容な精神というのは何でも許すこと。しかし、不寛容だけは許さない精神です。

 狭山台胃腸科外科へ。血圧は薬を飲みながらの正常です。

 狭山ケアセンターへ。以前は毎週行っていたのですが、去年あたりから、月1回になりました。それでも、待っていてくれる人がいます。

気になる俳句

  蝋梅のつばらに空の凍てにけり  石原舟月

ぼんくら俳句

     蝋梅も待合室の無言かな


|

« 紅葉がまだ間に合う・石神井公園 | トップページ | 水彩画の会の忘年会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/63016768

この記事へのトラックバック一覧です: 夫婦は同姓:

« 紅葉がまだ間に合う・石神井公園 | トップページ | 水彩画の会の忘年会 »