« 眼鏡を忘れる | トップページ | 山行中止 »

2015年12月12日 (土)

指の話

Img169
      天覧山登山口の近く

指の話

 私は本を読むスピードが遅くなりました。もとは読む本は買い、調べるのは図書館と思っていましたが、今は読む本もおおかた図書館から借ります。2週間で3冊も借りていればいいところですね。本を借りると、返すまでに読まなくてはと思うので借りた本が優先し、買ってきた本を読むのは、その合間ということになります。
 で今、その合間に読んでいるのが『脳には妙なクセがある』池谷裕二著・扶桑社新書です。その本を今日トイレの中で読んでいたら(なにしろ合間合間に読んでいるのです)、人差し指の短い人は株で儲ける才能があるんだってさ。占いの本ではない。れっきとした脳科学者の書いた本である。
 ケンブリッジ大学のコーツ博士の調査データだそうである。そしてなんとこれが科学的に納得できるんだそうです。
 指の長さは胎児のときに受けるテストステロン(男性ホルモンの一種)の量の影響を受けるのだそうです。この量が多くなると人でも動物でも、人差し指が短くなるのだそうです。その長さは薬指と比べてどうかというこのようです。
  え!だよ。私なんか人差し指がかなり短いよ。株なんかやったことはないけれど、やっていれば今頃は大富豪かな。

Img172 これが同書の挿絵。人差し指と薬指は同じくらいなのかな。女性に比べて男性のほうが人差し指は短めだとか。

Img171 これが私の掌の輪郭線。明らかに薬指が長い。株に手を出さなかったのは失敗だったか。
 ところで人差し指が短い人は他にどんな特徴があるか?
 数学が得意、あれ?違うぞ。さっかーやらくびーなど、スポーツ競技はおしなべて得意。違うなあ。迅速な判断力と行動力がある…なあんだ、みんな違うじゃないか。
 ここで、はたと気が付いたことがある。私の場合は人差し指が短いのではなく、薬指と小指が長いだけなんだ。こんな指の持ち主いつか写真で見たピカソの指がそうだった。
それなのに、なんで私にピカソの才能がないんだろう・・・haha。

野坂昭如

  野坂昭如がなくなりましたね。『火垂るの墓』は傑作でした。読みにくい文体で書かれているのに、読み始めたらやめられず、一気に読んでしまいました。
 水木しげるが亡くなり、野坂昭如が亡くなり、戦争の悲惨さを発信する人たちがどんどん消えてゆきます。この先の日本が心配です。山田洋二監督長生きしてくださいね。

気になる俳句

  凧ひとつ浮かぶ小さな村の上  飯田竜太

ぼんくら俳句

     茶畑の起伏の上の奴凧
     蕗の葉を裏返して飲む山の水

 両方とも冬ではないね。蕗の葉を裏返しにして軸のところで丸くして器のようにして、よく水を飲みました。少しざらざらするのですが、手ですくって飲むよりは、飲んだ気になりました。子供のころの話です。




|

« 眼鏡を忘れる | トップページ | 山行中止 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/62935115

この記事へのトラックバック一覧です: 指の話:

« 眼鏡を忘れる | トップページ | 山行中止 »