« 黄斑円孔? | トップページ | 選句など »

2015年10月 6日 (火)

芙蓉

Img122

 今ならばどなたのも分かっていただけるでしょう。ノーベル賞受賞された方です。よく描けているみたいでもたとえば左右の耳の位置を見てください。たとえば鼻の右と左、ちょっとおかしいですね。鉛筆やペンの勢いで描いてしまうので、こんなことが年中起きるのです。

芙蓉

 こぶし福祉会、かすみ川食堂の包丁研ぎボラ。帰りは入間川の遊歩道を歩くのが習慣。河川敷のコスモスと芙蓉が見ごろです。

007_2

011

014

気になる俳句

 佇つときのいつも風ある芙蓉かな 加倉井秋を
 哀歓の常に酒あり酔芙蓉      福田蓼汀

ぼんくら俳句

     アカトンボ飛ぶアカトンボアカトンボ
     天高し自転車が行く土手の上
     秋蝶に猫たわむれて転びけり
     秋蝶や一度ちぢんで猫が跳ぶ
     秋蝶の出会ってもつれ別れ飛ぶ
     ジョギングや芙蓉は風に揺れている




|

« 黄斑円孔? | トップページ | 選句など »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/61930371

この記事へのトラックバック一覧です: 芙蓉:

« 黄斑円孔? | トップページ | 選句など »