« いわさきちひろ美術館から石神井公園へ | トップページ | スケッチブック »

2015年9月30日 (水)

ビューポイント

    Img116

 新聞の折り込み広告の写真から。朝の短い時間で描くものだから、こんな絵ができてしまうこともあります。胴長、手長ですよねえ。吹石一恵さん、ごめんなさい。せめて顔ぐらい似ていればいいのに、名前を書いたって、エーっ? て言われそうです。最近誰かさんと結婚するとかで名前が出たんですね。それまで、どんな人か知りませんでした・・・今でも知らないけどさ。

ビューポイント

 普段、カタカナ語を目の敵にしているのに、自分ではこんな言葉を使ったりする。適当な言葉が見つからなかったからです。正しい言葉の意味とあるいは違うかもしれませんが、景色を見るための最適な場所、という意味で、私は使っています。
 入間川河川敷を散歩していて、一つのビューポイントを見つけました。川岸の、ある木の陰です。
 川上に向かっては
003
 この景色、 川下に向かっては
011
 こんな感じ。そして土手のほうを見れば
010
 こうなります。
 なかんずく、川上を見たときの景色が好きです。
Img117_2
 こころ覚えのために、なぐり描きのスケッチ。

気になる俳句

  捨猫を見しまでは野の秋うらら  林 翔

 なるほどねえ。捨て猫を見てしまったら、秋うららなんて言ってられないもんね。

ぼんくら俳句

     秋麗や研ぎすまされて富士の影
     連なって自転車行くや秋うらら
     秋日傘ならんで土手を登りけり
     山遠しコスモスの咲く河川敷

 
















|

« いわさきちひろ美術館から石神井公園へ | トップページ | スケッチブック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/61841464

この記事へのトラックバック一覧です: ビューポイント:

« いわさきちひろ美術館から石神井公園へ | トップページ | スケッチブック »