« 今日からブログを再開します | トップページ | 歩いて引越し »

2015年8月13日 (木)

平和ボケって何だ

Img011

 絵は新聞の写真から。絵の左右と上下のバランスが崩れているんだよね。左右が広く、上下が短い。これ、どこで直すんだろうなあ。私はそんなことも分からないブロガーです。

平和ボケ

 戦後70年、日本は平和に過ごしてきました。日本の兵隊(自衛隊)は、この70年間、戦闘で人を殺していません。戦闘で殺されてもいません。そういう社会で育ってきた人たちが、戦争はいやだ、戦争に行きたくないというわけです。それに対して、威勢のよい人たちは「平和ボケだ」、「国のために戦いたくないなどというのは、自分勝手なわがままだ」などというわけです。
 でも、本当にそうかな。
 特別な人を除いては、死にたくない、人を殺したくない、殺されたくない、と言うのは、ごく当たり前の感情だと思います。日本が、国のために死ぬことを美化するような社会になって欲しくありません。
 某国会議員が、「戦争に行くのは嫌だ」というような人間が育ったのは、「戦後の教育の誤り」みたいなことを言ってますね。
 私に言わせれば、場合によっては戦争もやむなしみたいな考えの人を育ててしまったことが、戦後教育の誤りだと思っています。戦後教育は、戦争にきっちり向き合った教育をしてきませんでした。それが、あんな馬鹿な政治家を生むことになったのです。
 これこそ、平和ボケの妄言です。
敗戦時、日本人は百人が百人戦争はこりごりだと思いました。戦争は絶対悪です。正義のための戦争なんて無いんです。そのことを忘れてはいけません。

お盆

 例年通り、亡妻の霊を弔うため、お坊さんに来てもらう。

気になる俳句

  妻がゐて子がゐて孤独いわし雲  安住 敦

 まあ、孤独というのはそんなものです。一人でいても、大勢でいても、孤独は孤独。

ぼんくら俳句

     深酒に今宵も過ぎぬ秋しんしん


|

« 今日からブログを再開します | トップページ | 歩いて引越し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/61161809

この記事へのトラックバック一覧です: 平和ボケって何だ:

« 今日からブログを再開します | トップページ | 歩いて引越し »