« 水彩画の会・画集の絵 | トップページ | 水彩画集作り »

2015年8月30日 (日)

中山道板橋の宿

Img057
       冬の智光山公園

 29日 狭山市民会館で「災害ボランティア立ち上げ訓練」に参加。私は困ったことを相談に行くという役割でした。その役割の人は4人。相談の内容は、各人が三つくらい考えていくことになっていました。
 地震でドーベルマンが逃げ出しちゃったなんていう相談を持ち込んだ人がいて、よくそんなことを思いつくもんだと感心しちゃった。私は一人暮らしの痴呆症の役をやることにして、困っているのだが困っている内容を上手く説明できない、という立場で、相談者にその内容を探り当ててもらう、という相談をしました。困っている内容はもちろん、あらかじめ想定はしておきます。

 午後、板橋の長女の家へ行く。まだ家の在り処を覚えきっていないから地下鉄板橋本町の改札口を出たところで、迎えに来てもらいました。「立ち上げ訓練」でボケ役をやったけれど、なあに、本当にボケているんだ、私は。

 30日。旧中山道、板橋の宿を歩く。

017


019
 この橋が「板橋」の名前の起こり

017_2
 旧中山道歩きだけではつまらないので、「板橋」から川沿いの遊歩道を歩いて「加賀公園」へ。風情はあるが、路は長い。

018
 加賀前田家の下屋敷があったという石碑。それ以外は小高くなって木があってというだけの公園。
 ここからまた旧中山道に戻る。滝野川、庚申塚をこえて巣鴨地蔵通り商店街へ。雨が振ったり止んだりしておりました。
 後は帰るだけ。

画集に入れる絵

Img058

Img059

Img060

気になる俳句

  鈴虫や早寝の老に飼はれつつ 後藤夜半

ぼんくら俳句

     秋雨の新聞受けに朝夕刊
     俳人は言葉の綾で生きる虫























|

« 水彩画の会・画集の絵 | トップページ | 水彩画集作り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/61393983

この記事へのトラックバック一覧です: 中山道板橋の宿:

« 水彩画の会・画集の絵 | トップページ | 水彩画集作り »