« 中山道板橋の宿 | トップページ | エンブレム »

2015年8月31日 (月)

水彩画集作り

Img065
 中山道、史跡「板橋」から川沿いの遊歩道がある。絵はその遊歩道です。その川沿いにある「加賀公園」(前田家下屋敷跡)まで、2キロか3キロくらい。昨日はこれを歩きましたが、距離ははっきりしません。桜の時期にはいいだろうなと思う遊歩道です。
 日本はどこへ行っても桜の名所だらけだ。戦後70年。ソメイヨシノは樹齢50年から70年くらいが多いような気がする。それが今見ごろだ。戦前に植えられたソメイヨシノは、当然大木で貫禄がある。でも、そういう桜の盛りは、少し過ぎ気味だなあと思います。というのは、狭山市の稲荷山公園の桜、樹齢は80年くらいですが、10年前よりは勢いがないような気がするからです。間違っているかなあ。ここのソメイヨシノは今が盛りのような気がします。

水彩画集

  20部は自己流で製本 (と言うほどでもないが) しました。あと30部くらい作りたいのです。しかし、インク代が高いので参っています。「カメラのきたむら」なら、もっと見栄えよく安くできるよと言う話を聞いたので、行ってみたのですが、やはり自分でやるほうが安いみたい。
 で、自分でやり始めたら、インク切れ。買っておいたと思ったけれど、その色はなかった。仕方なくヤマダ電機に一走り。あっちへ行ったりこっちへ行ったりで、ジジイも忙しいや。

水彩画集の取り入れた絵の紹介。今日も3点。

Img062

Img064

Img063


気になる俳句

  かなかなを遠近にきき母と住む 原子公平

雨上がるころころと蝉落ちており

 こんな句では駄目なことはわかってるんだけれど、出来ないものはしょうがないや。
 
 


|

« 中山道板橋の宿 | トップページ | エンブレム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/61408507

この記事へのトラックバック一覧です: 水彩画集作り:

« 中山道板橋の宿 | トップページ | エンブレム »