« 無題 | トップページ | 水彩画の会 »

2015年7月 9日 (木)

よく降りますなあ

001

 絵は彩の森公園

 朝のうち「みちくさ」の畑へ。みちくさは月曜日なのだけれども、ナスやキュウリの収穫期には1週間も放っておけない、途中で1回行くことになる。雨が降っていなければ、残りのジャガイモも全部収穫したいところだが、雨なのでそれは先延ばし。

 「みちくさ」に行った以外はほとんど家にいました。家にいれば、パソコンに取り込んだ絵の整理など、それなりにやることはある。でも、あちこち散歩したいのだ。よく降る雨だねえ。
 だけど、本当を言うと、暑いのも苦手なんだ。雨が止んだら真夏日が押しかけるんだろうな。それではやはり、散歩もしにくくなる。

気になる俳句

   やはらかに金魚は網にさからひぬ  中村汀女

ぼんくら俳句

     夏祭あまった弁当持たされる
     百合の香や目覚めるたびに水音
     強がりを言うに疲れて昼寝かな
     炎天やあの世の知己も多くなり
     夏草や物憂げに流れる川の水
     三滝の一つは繁る草の奥
     夏の航怖さを知らず舵切られ
     下山後に雷鳴を聞く安けさよ

 今日は過去の経験などを思い出しながら、卓上の俳句です。 


|

« 無題 | トップページ | 水彩画の会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/60679916

この記事へのトラックバック一覧です: よく降りますなあ:

« 無題 | トップページ | 水彩画の会 »