« 車椅子の会ソバ打ちの実演・孫 | トップページ | 木の枝時計 »

2015年7月 6日 (月)

ついに来た振り込め詐欺

001

 孫の宙返り。跳び上がって父親のお腹に足をつけて宙返りするのと、足をつけずに宙返りするのと、二種類の宙返りを見せてくれました。

ショップみちくさへ

 先ず、畑。キュウリ、ナス、トマトの収穫期なので、雨が降ったからと言って休むわけにはいかない。先日草をむしったけれど、いい加減にむしったから、まだむしらなければいけないね。この時期、畑は雑草とのたたかいだ。
 あとは、先日作った小屋の内部の作業。おきたいものが沢山あって、いまのままでは、精障者の相談室にもならないよ。椅子とテーブルくらいは置けるスペースを作らなくてはね。

気になる俳句

   浜までは海女も蓑着る時雨かな
   蔵売って日当たりのよき牡丹かな  滝 瓢水

 滝瓢水は江戸中期の人だそうです。俳句の本から得た知識ではありません。外山慈比古の『50代から始める知的生活術』(大和書房)からです。なお「浜」はこの字ではなく旧字です。

ぼんくら俳句

     ついに来た振り込めメール梅雨深し

 昨日、誰からのメールか分からないような形で、メールアドレスが変わった、というメールが来ました。わたしは、「あなたはどなた?」という返信をしました。今日、「私は○○だけど×××」というメールが来ました。○○は次女の名前。×××は、まあ、くだらない内容。
 一応次女に確かめる。やはり、私にメールなどしていないという。
 私にメールをくれた人がこのブログを読んでいるとすれば、もう、接触はないでしょう。しかしそうでなければ、また何かいってくるかもしれません。ウヒヒヒ。楽しみだな。

 

|

« 車椅子の会ソバ打ちの実演・孫 | トップページ | 木の枝時計 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118203/60642842

この記事へのトラックバック一覧です: ついに来た振り込め詐欺:

« 車椅子の会ソバ打ちの実演・孫 | トップページ | 木の枝時計 »